梅園家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
梅園家
家紋
ふじともえ
藤巴
本姓 藤原北家閑院流
西園寺庶流橋本家分家
家祖 梅園実清
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
凡例 / Category:日本の氏族

梅園家(うめぞのけ)は、羽林家家格を有する公家。家禄は150



概要[編集]

江戸時代初期に橋本季景の次男実清が分家して創立した。極位極官正二位中納言であるが、寛文3年(1663年)に2代当主の季保が武家昵近衆に命じられると、文久3年(1863年)に廃止されるまで代々の当主が務めた。明治維新後、8代当主の実紀子爵を授けられた。

歴代当主[編集]

  1. 梅園実清1609年 - 1662年
  2. 梅園季保1646年 - 1691年
  3. 梅園実邦1670年 - 1745年
  4. 梅園久季1689年 - 1749年
  5. 梅園実縄1727年 - 1794年
  6. 梅園実兄1765年 - 1836年
  7. 梅園実好1798年 - 1871年
  8. 梅園実紀1827年 - 1907年)
  9. 梅園実師1861年 - 1917年
  10. 梅園篤彦1889年 - 1978年
  11. 梅園勝彦1931年 - 1986年
  12. 梅園晴一1963年 - )

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
橋本実勝
 
 
 
梅園実清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
友清 季保
 
 
 
実邦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久季 高丘敬季 邦子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公熙 実縄 池尻栄房
 
 
 
成季
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実兄 季規
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実矩 実好
 
 
 
実好
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実紀 実静 中園実受
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実静 実師
 
 
 
実師
 
 
 
篤彦[1]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の梅園家領は以下の通り。(2村・150石5升3合9勺)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 梶野行篤の7男。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]