菊亭家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
菊亭家
(今出川家)
家紋
三つ紅葉
本姓 藤原北家閑院流西園寺庶流
家祖 菊亭兼季
種別 公家清華家
華族侯爵
出身地 山城国平安京
主な根拠地 山城国平安京
京都市左京区永観堂町
著名な人物 菊亭晴季
菊亭修季
凡例 / Category:日本の氏族

菊亭家(きくていけ)は、藤原北家閑院流西園寺家庶流にあたる公家華族。公家としての家格清華家、華族としての家格は侯爵家。近代前には今出川家(いまでがわけ)の家名も併用されたが、明治以降の戸籍制度のもとで菊亭を名字に定めた。家紋は三つ紅葉。

歴史[編集]

封建時代[編集]

鎌倉時代末期、太政大臣西園寺実兼の四男右大臣菊亭兼季によって創設された。号の「今出川」は兼季の邸宅・今出川殿からとったもの、また「菊亭」はこの今出川殿に兼季が愛好したが数多く植えられていたことからとった名称で、兼季はこの双方を用いている[1]江戸時代中期に篠崎東海が表した有職故実解説書『故実拾要』によると、大納言までは「菊亭」を称し、大臣にのぼると「今出川」を称したのだという。 明治維新以降に戸籍認定の際、の「菊亭」を正式な名字として採用、統一化した。

安土桃山時代の当主で右大臣まで登った菊亭晴季は、豊臣秀吉と親交が深く、よくその相談に預かった[1]。秀吉に関白職を斡旋したのも彼だった。豊臣秀次事件に関与して一時越後に流罪となったが、後に赦免されて右大臣に復帰した[2]

江戸時代の家禄は1355石、正保2年(1645年)に300石加増され1655石[注釈 1]となり、摂家鷹司家の1500石を上回ることになった。清華家で1000石以上を有していたものは他にない[3]。菊亭は同格の公家と比べても財政的に恵まれていた事から、他の清華家から負担を求められた場があり「おめり申し上ぐべし」と言われていた[3]。たとえば他家が二年目に官位を申請するならば、菊亭家は同じ官位を三年目に申請したという具合である。

明治以降[編集]

明治2年(1869年)に華族に列し、明治17年(1884年)7月7日に華族令施行で華族が五爵制になると旧清華家として侯爵家に列せられた[4]

初代侯爵菊亭脩季は、貴族院成立後侯爵として無選挙で議員となり、立憲政友会の幹事長を務めた[1]。また明治22年(1889年)には伯父三条実美らとともに北海道雨竜原野に5万ヘクタールの土地貸し下げを受けて、雨竜華族農場を組織したが、明治24年(1891年)に解散・分割となり、明治26年(1893年)に深川村に5756ヘクタールの菊亭農場を開設、明治32年(1899年)に全耕地を小作人に分譲するまで経営を続けた[5]

昭和前期に菊亭侯爵家の邸宅は京都市左京区永観堂町にあった[1]

系譜[編集]

※ 実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。

西園寺実兼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
菊亭兼季1公衡公顕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実尹2妙菊
 
佐々木高貞
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公直3実直日陣法華宗陣門流祖)
 
 
 
実直4
 
 
 
公行5
 
 
 
実富6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
教季8[6]公富7
 
 
 
公興9
 
 
 
季孝10
 
 
 
公彦11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
晴季12[7]空慶(興福寺大僧正
 
 
 
季持13
 
 
 
経季14
 
 
 
公規15[8]
 
 
 
伊季16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公詮18公香17(官位を返上)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
誠季20[9]実興19(夭折)
 
 
 
公言21
 
 
 
実種22[10]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尚季23益季
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公久24小倉随季
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実順25一条美賀子
 
徳川慶喜
 
 
 
 
脩季26[11]
 
 
 
公長27
 
 
 
実賢28
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直子29[12]賢子

菊亭文庫[編集]

家に伝わる文書は京都大学専修大学に「菊亭文庫」として所蔵されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』によると、幕末期の菊亭家領は山城国乙訓郡大藪村のうち27石、山城国乙訓郡下植野村のうち277石3斗5升、山城国乙訓郡井之内村のうち111石8斗5升5合、山城国紀伊郡下鳥羽村のうち785石4斗7升1合1勺、山城国紀伊郡吉祥院村のうち3石3斗、近江国蒲生郡長田村のうち300石であり、合計6村・1504石9斗7升6合1勺だった。また、同データベースでは記載から漏れているが、このほか国立国会図書館デジタルコレクションの『大阪府全志』に河内国茨田郡門真一番上村のうち300石が今出川家領と記載されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 華族大鑑刊行会 1990, p. 41.
  2. ^ 朝日日本歴史人物事典. “今出川晴季” (日本語). コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年11月8日閲覧。
  3. ^ a b 羽倉敬尚『幕末の宮廷』(平凡社1979年4月)p.255
  4. ^ 小田部雄次 2006, p. 323.
  5. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus. “菊亭脩季” (日本語). コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年11月8日閲覧。
  6. ^ 「教」の字は室町幕府第6代将軍足利義教から偏諱を賜ったものである。
  7. ^ 「晴」の字は室町幕府第12代将軍足利義晴から偏諱を賜ったものである。
  8. ^ 内大臣徳大寺公信の子。
  9. ^ 左大臣西園寺致季の子。
  10. ^ 内大臣・西園寺公晃の子。先代・公言の従兄弟にあたる。
  11. ^ 関白・鷹司輔熙の子。高祖父の鷹司輔平閑院宮直仁親王の第四王子であり、皇室の男系子孫である。
  12. ^ 賢子の実子、菊亭実賢の実孫かつ養子

参考文献[編集]

  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
  • 華族大鑑刊行会 『華族大鑑』日本図書センター〈日本人物誌叢書7〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4820540342 

文献[編集]

外部リンク[編集]

  • 菊亭文庫:京都大学貴重資料デジタルアーカイブ