今出川季持

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
今出川季持
時代 安土桃山時代
生誕 天正3年(1575年
死没 文禄5年2月9日1596年3月7日
官位 従二位権中納言
主君 後陽成天皇
氏族 今出川家
父母 父:今出川晴季、母:不詳
兄弟 季持日桓長円一の台
中山親綱の娘
経季
テンプレートを表示

今出川 季持(いまでがわ すえもち)は、安土桃山時代公卿。主に後陽成天皇(第106代)の代に仕えたが、早世したため、清華家でありながら従二位権中納言止まりだった。父は右大臣今出川晴季。子に今出川経季がいる。

経歴[編集]

天正4年(1576年叙爵。以降、侍従左近衛中将などを経て、天正13年(1585年従三位に達し公卿となる。その後は権中納言となるも、文禄5年(1596年)に22歳で薨去した。

系譜[編集]

関連項目[編集]