刑部芳則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

刑部 芳則(おさかべ よしのり、1977年 - )は、日本史学者、日本大学准教授。

人物[編集]

東京都生まれ。2010年中央大学大学院文学研究科博士課程修了、「明治国家の服制と華族」で博士(史学)。日本大学商学部准教授。2003年日本風俗史学会研究奨励賞[1]

著書[編集]

編著[編集]

  • 『明治をつくった人びと 宮内庁三の丸尚蔵館所蔵写真』吉川弘文館、2017年

論文[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『京都に残った公家たち』著者紹介