正親町家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
正親町家
家紋
三つ藤巴
本姓 藤原北家閑院流洞院庶流
家祖 正親町実明
種別 公家羽林家
華族伯爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
著名な人物 徽安門院一条
正親町町子
正親町公明
支流、分家 裏辻家羽林家
凡例 / Category:日本の氏族

正親町家(おおぎまちけ)は羽林家の家格を有する公家藤原北家閑院流[1]洞院家支流。本家である洞院家は室町期に断絶したが、清華クラスの家柄であった。江戸時代の家禄は355石。明治維新後、伯爵

太政大臣西園寺公経の孫で、太政大臣洞院公守の二男正親町実明から始まる。

家名の由来は、正親町東洞院南西角に屋敷にあったことに由来しているが、その屋敷が土御門東洞院殿の裏築地に面していたことから、裏築地(うらついじ)もしくはそれが変じた裏辻(うらつじ)とも称した。後に分家した一流が「裏辻」と称したのはこれに由来している[2]

江戸時代元禄時代の正親町町子は、実豊の女で柳沢吉保側室である。「松蔭日記(東源氏)」を著わした才媛として知られる。寛政年間の公明は、尊号一件中山愛親とともに処分された。

明治維新後の1884年明治17年)7月8日実正伯爵の位を授けられた。実正は、埼玉県知事、侍従長賞勲局総裁を歴任した。



歴代当主[編集]

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
洞院公守
 
 
 
正親町実明1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公蔭2 守子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠季3 実文
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実綱4 洞院実信 公仲
 
 
 
公仲5
 
 
 
実秀6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
持季7 小倉実右 公澄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公兼8 小倉季種 実澄
 
 
 
実胤9
 
 
 
公叙10
 
 
 
季秀11[※ 1]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
季康 季俊12 裏辻季福 持明院基久
 
 
 
実豊13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公通14 公綱 公廉 中山篤親 町子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公成 公梁 裏辻実本[※ 2] 四条隆叙 野宮定俊 実連15[※ 3] 兼親
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
裏辻公理 公明16 正親町実連?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実光17 藪実嗣 裏辻実孚 中山愛親?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公道18 実徳19 新待賢門院 忠尹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公董 実正 忠頼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実正20 [男爵家]
季董
忠能
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公和21 実慶 正親町公董
  1. ^ 庭田重保の2男。
  2. ^ 公梁の子とも。
  3. ^ 中山兼親の3男とも。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 太田亮 1934, p. 1124.
  2. ^ 桃崎有一郎『中世京都の空間構造と礼節体系』思文閣出版2010年 P474・486 - 487

参考文献[編集]