逼塞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

逼塞(ひっそく)は、江戸時代武士または僧侶に科せられた刑罰。門を閉ざし、昼間の出入りを許さないもの。閉門より軽く、50日間と30日間の2種類があった。

普通名詞としては、世間から隠れてひっそりと暮らすことを意味する。

注釈・出典[編集]

関連項目[編集]