東園家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東園家
家紋
杏葉
本姓 藤原北家中御門流持明院庶流
家祖 東園基教
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
凡例 / Category:日本の氏族

東園家(ひがしそのけ)は園基任の次男東園基教従四位上左近衛権中将)を祖とする堂上家である。

家格は羽林家極官は基教の養子東園基賢以降、権大納言極官とする。

家業は神楽道。基賢は議奏を務めた。江戸時代の家禄は180石。明治時代東園基愛子爵を賜った。

当主[編集]

  1. 東園基教(初代) 従四位上左近衛権中将まで昇る。
  2. 東園基賢 正二位権大納言
  3. 東園基量 正二位権大納言
  4. 東園基雅 正二位権大納言
  5. 東園基豊 
  6. 東園基楨
  7. 東園基辰
  8. 東園基治
  9. 東園基仲
  10. 東園基貞
  11. 東園基敬
  12. 東園基愛子爵

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
園基任
 
 
 
東園基教1
 
 
 
基賢2[1]
 
 
 
基量3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基雅4 波多益通
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基豊 基楨5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基澄 基辰6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基治 基仲7
 
 
 
基貞8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基敬9 植松雅言
 
 
 
基愛10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基光11 伊木忠愛[2]
 
 
 
基文12[3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基政13[4] 基宏 基治
  1. ^ 園基音の子。
  2. ^ 母は久邇宮朝彦親王の第二王女栄子女王岡山藩筆頭家老伊木家養子、のち男爵。
  3. ^ 旧陸奥仙台藩主伊達伯爵家伊達邦宗の子。
  4. ^ 学校法人学習院常務理事。

系譜参考[編集]