八条家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
八条家
家紋
でんじそう
田字草
本姓 藤原北家四条流
家祖 八条隆英
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
凡例 / Category:日本の氏族

八条家(八條家、はちじょうけ)は、藤原北家四条流公家である。江戸時代中期の内大臣櫛笥隆賀の二男・八条隆英を祖とする。家格羽林家江戸時代石高は150石[1]

明治維新後は、華族令施行により隆吉子爵に叙せられた。隆邦は、小倉輔季の九男・陸軍歩兵中尉隆正は、油小路隆董の三男。貴族院議員を務めた[2][3]


系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
櫛笥隆賀
 
 
 
八条隆英1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
櫛笥隆周隆輔2高野隆古
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
隆世隆礼3
 
 
 
隆祐4
 
 
 
隆声5
 
 
 
隆吉6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
隆緝7[4]隆邦
 
 
 
隆邦8[5]
 
 
 
隆正9[6]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』によると、幕末期の八条家領は山城国綴喜郡市辺村のうち176石余であった。

補注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公卿類別譜(公家の歴史)八条 (日本語)
  2. ^ 八条家(羽林家) (日本語)
  3. ^ 八條隆正 (日本語)
  4. ^ 鷲尾隆聚の三男。
  5. ^ 小倉輔季の八男。
  6. ^ 油小路隆董の三男。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]