高野家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高野家
家紋
ぎょうよう
杏葉
本姓 藤原北家中御門流持明院庶流
家祖 高野保春
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
著名な人物 高野隆古
凡例 / Category:日本の氏族

高野家(たかのけ)は、日本氏族公家)。藤原北家中御門流持明院家庶流新家。家格は羽林家家紋は杏葉(持明院家と同じ)。家業は神楽

明治維新後は保建子爵に叙せられた。大正元年(1912年)12月16日に失爵となった[1]



歴代当主[編集]

  1. 高野保春
  2. 高野保光
  3. 高野保房
  4. 高野隆古
  5. 高野保香
  6. 高野保忠
  7. 高野保右
  8. 高野保美
  9. 高野保建

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
持明院基定
 
 
 
高野保春1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
保光2 四辻実長 保房
 
 
 
保房3
 
 
 
隆古4[2]
 
 
 
保香5[3]
 
 
 
保忠6
 
 
 
保右7[4]
 
 
 
保美8[5]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
保建9 松吉定丸 伊藤愛丸[6]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
保訓8 保誠10
 
 
 
宗順11[7]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の高野家領は以下の通り。(3村・150石)

  • 山城国葛野郡越畑村のうち - 55石余
  • 山城国葛野郡小北山村のうち - 18石余
  • 山城国乙訓郡沓掛村のうち - 75石余

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 官報』第125号、大正元年12月28日。『平成新修旧華族家系大成』下巻、24頁では爵位を返上。
  2. ^ 八条隆英の次男。
  3. ^ 園基衡の次男。
  4. ^ 持明院基敦の子。
  5. ^ 持明院基延の子。
  6. ^ 信濃国諏訪神司伊藤守礼の養嗣子。
  7. ^ 松木宗有の次男。

参考文献[編集]

系譜参考[編集]