高野家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高野家
家紋
杏葉ぎょうよう
本姓 藤原北家中御門流持明院庶流
家祖 高野保春
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京
著名な人物 高野隆古
凡例 / Category:日本の氏族

高野家(たかのけ)は、藤原北家中御門流持明院家庶流にあたる公家華族の家。公家としての家格は羽林家。華族としての家格は子爵家。

歴史[編集]

持明院基定の三男高野保春を祖とする[1]。家格は羽林家新家[1]。家禄ははじめ蔵米、後に150石[注釈 1]家紋は杏葉(持明院家と同じ)。家業は神楽

明治維新後の明治2年(1869年)6月17日の行政官達で公家と大名家が統合されて華族制度が誕生する高野家も旧公家として華族に列した[2][3]。明治17年(1884年)7月7日の華族令の施行で華族が五爵制になると、同月8日に大納言直任の例がない旧堂上家[注釈 2]として保建子爵位を授けられた[5]

しかし高野子爵家は負債を多く抱え[6]大正元年(1912年)12月16日に宗順が爵位を返上した[7][8][注釈 3]

歴代当主[編集]

  1. 高野保春
  2. 高野保光
  3. 高野保房
  4. 高野隆古
  5. 高野保香
  6. 高野保忠
  7. 高野保右
  8. 高野保美
  9. 高野保建
  10. 高野保誠
  11. 高野宗順

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
持明院基定
 
 
 
高野保春1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
保光2四辻実長保房
 
 
 
保房3
 
 
 
隆古4[10]
 
 
 
保香5[11]
 
 
 
保忠6
 
 
 
保右7[12]
 
 
 
保美8[13]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
保建9松吉定丸伊藤愛丸[14]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
保訓8保誠10
 
 
 
宗順11[15]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』によれば幕末期の高野家領は、山城国葛野郡越畑村のうち55石余、山城国葛野郡小北山村のうち18石余、山城国乙訓郡沓掛村のうち75石余、合計3村・150石。
  2. ^ 中納言からそのまま大納言になることを直任といい、中納言を一度辞してから大納言になるより格上の扱いと見なされていた。叙爵内規はこの大納言直任の例があるかどうかで平堂上家を伯爵家か子爵家かに分けていた[4]
  3. ^ 華族としての体面や格式を維持できない経済状態になった場合は、その地位を与えた皇室を汚さぬよう爵位は返上するのが一般的だった[9]

出典[編集]

  1. ^ a b 太田 1934, p. 3308.
  2. ^ 浅見雅男 1994, p. 24.
  3. ^ 小田部雄次 2006, p. 13-14.
  4. ^ 浅見雅男 1994, p. 118.
  5. ^ 小田部雄次 2006, p. 325.
  6. ^ 小田部雄次 2006, p. 70.
  7. ^ 小田部雄次 2006, p. 332.
  8. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、24頁では爵位を返上。
  9. ^ 小田部雄次 2006, p. 71.
  10. ^ 八条隆英の次男。
  11. ^ 園基衡の次男。
  12. ^ 持明院基敦の子。
  13. ^ 持明院基延の子。
  14. ^ 信濃国諏訪神司伊藤守礼の養嗣子。
  15. ^ 松木宗有の次男。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館1996年
  • 浅見雅男 『華族誕生 名誉と体面の明治』リブロポート、1994年(平成6年)。 
  • オープンアクセス太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 高野 タカノ」 『姓氏家系大辞典』 第2、上田萬年三上参次監修、姓氏家系大辞典刊行会、1934年、3308頁。 NCID BN05000207OCLC 673726070全国書誌番号:47004572https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1123864/521 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
  • 華族大鑑刊行会 『華族大鑑』日本図書センター〈日本人物誌叢書7〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4820540342 

外部リンク[編集]