竹屋家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
竹屋家
家紋
むかいつる
対い鶴
本姓 藤原北家日野流広橋氏流
家祖 竹屋兼俊
種別 公家名家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
著名な人物 竹屋津根子
竹屋春光
凡例 / Category:日本の氏族

竹屋家(たけやけ)は、藤原北家日野氏流広橋氏流公家である。家格名家室町時代権大納言広橋仲光の子・右衛門督兼俊を祖とする。兼俊の後、冬俊(初名冬光)、治光光継と続くが光継が出家後、中絶する。江戸時代になり、権大納言広橋総光の次男・権中納言光長によって中興された。 家業は儒道挿花江戸時代石高は180石[1]明治維新後は、光昭子爵に叙せられた。光昭の女・津根子志計子は女官として宮中に仕えた。特に津根子は、御用掛として英照皇太后に仕え、大正天皇貞明皇后典侍として仕えた[2]春光は、松平茂昭の四男。夫人は山県有朋の養嗣子・山県伊三郎の三女・寿美子。寺内正毅内閣総理大臣秘書官貴族院議員を務めた[3]


系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
広橋仲光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広橋家
兼宣
竹屋兼俊1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資光広橋資光冬俊2
 
 
 
治光3
 
 
 
光継4
 
 
 
〔中絶〕
 
 
 
光長5[4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光通6光久光郷
 
 
 
光久7
 
 
 
光忠8[5]
 
 
 
光兼9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光予10外山光時
 
 
 
勝孟11
 
 
 
光棣12[6]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
俊康13[7]光有
 
 
 
光有14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光昭15野宮定允野宮定穀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光富南光利津根子西大路吉光志計子
 
 
 
威光16
 
 
 
春光17[8]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
康光18忠光

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』によると、幕末期の竹屋家領は山城国葛野郡川島村のうち180石であった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公卿類別譜(公家の歴史)竹屋 (日本語)
  2. ^ 竹屋津根子 (日本語)
  3. ^ 竹屋春光 (日本語)
  4. ^ 広橋総光の3男。
  5. ^ 広橋兼賢の子。
  6. ^ 広橋伊光の2男。
  7. ^ 広橋伊光の4男。
  8. ^ 松平茂昭の4男。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]