難波家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
難波家
No image available.svg
本姓 藤原北家花山院家
家祖 藤原忠教
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国平安京
主な根拠地 山城国平安京
東京市大森区
著名な人物 難波頼輔
難波頼経
難波宗長
支流、分家 飛鳥井家(公家・伯爵)
凡例 / Category:日本の氏族

難波家(なんばけ)は、藤原北家花山院流公家華族だった家[1][2]。公家としての家格は羽林家、華族としての家格は子爵[3]支流飛鳥井家がある[4]

歴史[編集]

平安時代後期の摂政太政大臣藤原師実の五男の権大納言藤原忠教を祖とする[1][2]。その子である頼輔蹴鞠に秀でており「本朝蹴鞠一道長」と称された[1]。その子頼経源義経の同盟者として伊豆に流された[1]。その子宗長は蹴鞠の難波流の祖となり、弟雅経飛鳥井流の祖となった[1]。以降鎌倉時代を通じて蹴鞠の名手を出して難波流を伝承する家となった。特に宗緒はわずか14歳で天皇の師範を務めたことで知られた[1]

南北朝時代宗富の死去で中絶[1]。15世紀に入ると蹴鞠の難波流も衰え、飛鳥井流が主流となった[5]江戸時代初期に飛鳥井雅庸の次男宗勝によって再興された[1][2]

公家としての家格は羽林家[3]旧家内々[2]。家業は蹴鞠[2]。江戸時代の家禄ははじめ300石、方領100石、中期に180石、後に300石、明治初期に307石だった[2][注釈 1]

明治維新後の明治2年(1869年)に公家と大名家が統合されて華族制度が誕生すると難波家も旧公家として華族に列し、明治17年(1884年)7月7日の華族令施行で華族が五爵制になると、大納言直任の例がない旧堂上家[注釈 2]として宗美子爵位を授けられた[3]

初代子爵宗美は陸軍軍人となり、輜重兵大尉まで昇進した[7]。2代子爵宗治満州電気水道会社大連支社長、京都市主事などを務めた[7]

難波子爵家の邸宅は昭和前期に東京市大森区山王にあった[7]

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
藤原師実
 
 
 
忠教1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠兼師教忠基親忠有教教長難波頼輔2基教教良
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
教宗家通基家忠仲頼経3教範
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基保忠行宗長4頼教経長輔長飛鳥井雅経
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠泰範保忠長宗基宗教5忠長輔長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
範綱光保宗有宗広教継6教俊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
保世茂保宗賀宗継7宗継
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠成宗緒8宗有宗夏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗清9宗秀宗久宗富宗国
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗仲10宗音宗康宗世
 
 
 
 
 
 
 
宗相11宗藤宗敦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗興12宗富宗名
 
 
 
宗富13
 
 
 
(再興)
宗勝14[8]
 
 
 
宗種15[9]
 
 
 
宗量16[10]
 
 
 
宗尚17[11]
 
 
 
宗建18
 
 
 
宗城19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗董21宗功宗正
 
 
 
宗功22
 
 
 
宗職23
 
 
 
宗弘24
 
 
 
宗礼25
 
 
 
宗美26

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の難波家領は、山城国愛宕郡一乗寺村のうち101石余、山城国紀伊郡石原村のうち80石、山城国久世郡観音堂村のうち120石である(合計3村・都合301石余)。
  2. ^ 中納言からそのまま大納言になることを直任といい、中納言を一度辞してから大納言になるより格上の扱いと見なされていた。叙爵内規は歴代当主の中にこの大納言直任の例があるか否かで平堂上家を伯爵家か子爵家かに分けていた[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h ブリタニカ国際大百科事典小項目事典世界大百科事典 第2版. “難波家”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年11月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 太田亮 1934, p. 4336.
  3. ^ a b c 小田部雄次 2006, p. 334.
  4. ^ ブリタニカ国際大百科事典小項目事典、百科事典マイペディア、世界大百科事典 第2版. “飛鳥井家”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年11月16日閲覧。
  5. ^ 世界大百科事典. “難波流”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年11月23日閲覧。
  6. ^ 浅見雅男 1994, p. 118.
  7. ^ a b c 華族大鑑刊行会 1990, p. 312.
  8. ^ 分家・飛鳥井雅庸の子。
  9. ^ 飛鳥井雅胤の子。宗勝の甥。
  10. ^ 飛鳥井雅章の子。宗種の従兄弟。
  11. ^ 飛鳥井雅章の子。宗量の実弟。

参考文献[編集]

  • 浅見雅男 『華族誕生 名誉と体面の明治』リブロポート、1994年(平成6年)。 
  • オープンアクセス太田亮 著「国立国会図書館デジタルコレクション 難波 ナニハ」、上田, 萬年三上, 参次 監修 編 『姓氏家系大辞典』 第1巻、姓氏家系大辞典刊行会、1934年、4336頁。 NCID BN05000207OCLC 673726070全国書誌番号:47004572https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1123910/480 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
  • 華族大鑑刊行会 『華族大鑑』日本図書センター〈日本人物誌叢書7〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4820540342 

系譜参考[編集]