久世家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
久世家
家紋
笹竜胆ささりんどう
本姓 村上源氏
家祖 久世通式
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国平安京
主な根拠地 山城国平安京
岡山県御津郡
著名な人物 久世通煕
久世通章
支流、分家 東久世家(羽林家・子爵)
凡例 / Category:日本の氏族

久世家(くぜけ)は、村上源氏久我家庶流公家華族の家。公家としての家格羽林家、華族としての家格は子爵[1]

家の歴史[編集]

久我家19代当主の久我敦通権大納言)の次男通式右少将)に発する[2][3]。通式が一家を立てて久世と号するようになった[3]。公家としての家格は羽林家新家外様[2]江戸時代家禄は200[2][注釈 1]。家業は有職故実[4]

代々近衛府の役に任じられ、5代・通夏以後はいずれも権大納言に昇進した[4]。幕末の通煕公武合体派として活動して議奏を務めた[4]

明治維新後の明治2年(1869年)6月17日の行政官達で公家と大名家が統合されて華族制度が誕生する久世家も旧公家として華族に列した[5][6]。明治17年(1884年)7月7日の華族令の施行で華族が五爵制になると、同月8日に大納言直任の例がない旧堂上家[注釈 2]として通煕の子・通章子爵位が授けられる[8]

通章は貴族院の子爵議員に2回当選して務め、日露戦争の功で勲四等に叙せられた。また内匠寮殿掌を務めた[3]。その息子で爵位を継いだ章業は神官だった[3]

久世子爵家の邸宅は昭和前期に岡山県御津郡一宮村にあった[3]

系譜[編集]

※ 縦実線は実子、縦点線は養子。

久我敦通
 
 
 
久世通式
 
 
 
通俊
 
 
 
通音
 
 
 
経式
 
 
 
 通夏[9]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通晃  中院通枝
 
 
 
 栄通[10]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通根  中院通古
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
孝通通理  六条有言
 
 
 
通煕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通章   琴陵光煕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通志章業

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』によると、幕末期の久世家領は山城国乙訓郡中久世村のうち200石であった。
  2. ^ 中納言からそのまま大納言になることを直任といい、中納言を一度辞してから大納言になるより格上の扱いと見なされていた。叙爵内規はこの大納言直任の例があるかどうかで平堂上家を伯爵家か子爵家かに分けていた[7]

出典[編集]

  1. ^ 小田部雄次 2006, p. 331.
  2. ^ a b c 太田 1934, p. 2065.
  3. ^ a b c d e 華族大鑑刊行会 1990, p. 359.
  4. ^ a b c 倉本 2019, pp. 248.
  5. ^ 浅見雅男 1994, p. 24.
  6. ^ 小田部雄次 2006, p. 13-14.
  7. ^ 浅見雅男 1994, p. 118.
  8. ^ 小田部雄次 2006, p. 325.
  9. ^ 中院通茂の次男
  10. ^ 広橋兼廉の次男

参考文献[編集]

  • オープンアクセス太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 久我 コガ クガ」 『姓氏家系大辞典』 第2、上田萬年三上参次監修、姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2065頁。 NCID BN05000207OCLC 673726070全国書誌番号:47004572https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/126 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
  • 華族大鑑刊行会 『華族大鑑』日本図書センター〈日本人物誌叢書7〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4820540342 
  • 倉本一宏 『公家源氏―王権を支えた名族』中央公論新社中公新書2573〉、2019年12月。ISBN 978-4121025739