久世家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
久世家
家紋
竜胆
本姓 村上源氏
家祖 久世通式
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 久世通煕
久世通章
支流、分家 東久世家(羽林家)
凡例 / Category:日本の氏族

久世家(くぜけ)は、村上源氏系の堂上公家の一つ。家格羽林家新家外様江戸時代家禄は200石。

久我家19代久我敦通の次男・通式元和5年(1619年)に久我家領であった京都郊外の下久世村に所領を分与されて成立する。この家祖・通式から通俊-通音-と家系を伝え、22代を数える。代々近衛府の役に任じられ、5代・通夏以後はいずれも権大納言に昇進した。

8代・通煕幕末公武合体派の一人として活躍し、万延元年(1860年)8月から文久2年(1862年)9月までと、文久3年12月(1864年)から慶応3年(1867年)4月までの2回にわたって議奏を務めた。

明治17年(1884年)に通煕の子・通章子爵に叙せられる。通章は明治に衰退した蹴鞠の保護に尽力したことでも知られている。

久我家から分岐した公家諸家には、この久世家の他にも中院家六条家岩倉家千種家東久世家梅渓家愛宕家植松家の8家がある。

系譜[編集]

縦実線は実子、縦点線は養子。

久我敦通
 
 
 
久世通式
 
 
 
通俊
 
 
 
通音
 
 
 
経式
 
 
 
 通夏[1]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通晃   中院通枝
 
 
 
 栄通[2]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通根   中院通古
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
孝通 通理   六条有言
 
 
 
通煕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通章    琴陵光煕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通志 章業

補注[編集]

  1. ^ 中院通茂の次男
  2. ^ 広橋兼廉の次男

参考文献[編集]