錦織家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
錦織家
家紋
丸に三つ柏まるにみつかしわ
本姓 卜部氏吉田庶流
萩原庶流
家祖 錦織従久
種別 公家半家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
著名な人物 錦織久隆
凡例 / Category:日本の氏族

錦織家(にしごりけ)は、卜部氏の流れを汲む堂上家正三位萩原員従1645年1710年)の次男従二位弾正大弼錦織従久1697年1755年)を祖とする。

家格半家正三位非参議極位極官とする。6代久隆1820年1882年)は廷臣八十八卿列参事件に関わった公家の一人。

江戸時代家禄は30明治維新後は7代教久子爵に叙せられた。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
萩原員従
 
 
 
 錦織従久
 
 
 
  従房[1]
 
 
 
従縄
 
 
 
従平
 
 
 
  久雄[2]
 
 
 
久隆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
教久土御門晴榮
 
 
 
栄久
 
 
 
保親

補注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 萩原兼武の末男
  2. ^ 萩原従言の次男

参考文献[編集]