鷲尾家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鷲尾家
No image available.svg
むかいわし
対い鷲
本姓 藤原北家四条流
家祖 鷲尾隆良
種別 公家羽林家
華族伯爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
東京都
著名な人物 鷲尾隆聚
支流、分家 鷲尾家分家(男爵
凡例 / Category:日本の氏族

鷲尾家(わしのおけ/わしおけ)は、藤原北家四条流公家家格羽林家



概要[編集]

鎌倉時代公卿四条隆親の三男・隆良を祖とする。戦国時代末期に8代当主・隆頼の後、中絶していたが、江戸時代初期の慶長6年(1601年)に四辻公遠の子・季満が隆尚に改名し再興された。家学は、華道神楽膳羞。江戸時代の石高は180石[1]

幕末期の19代当主・隆聚戊辰戦争で大総督府参謀等を務めて功績が賞せられ永世録200石を授けられた。明治維新後は、隆聚は陸軍少将、五条県、若松県知事、愛知県知事、元老院議官を歴任し、伯爵に叙せられた[2]

系図[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の鷲尾家領は以下の通り。(3村・180石)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公卿類別譜(公家の歴史)鷲尾 (日本語)
  2. ^ 官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日
  3. ^ 四辻季経の次男。
  4. ^ 四辻公遠の子。
  5. ^ 広橋兼勝の六男。
  6. ^ 大炊御門経音の次男。
  7. ^ 油小路隆前の末男。
  8. ^ 三室戸和光の二男。

出典[編集]

外部リンク[編集]