花園天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
花園天皇
花園天皇像(藤原豪信筆、長福寺蔵、国宝)暦応3年(1338年

元号 延慶
応長
正和
文保
先代 後二条天皇
次代 後醍醐天皇

誕生 永仁5年7月25日1297年8月14日
崩御 正平3年/貞和4年11月11日1348年12月2日))
萩原殿
陵所 十楽院上陵
別称 遍行(法名)・富小路天皇・萩原法皇
父親 伏見天皇
母親 洞院季子
子女 寿子内親王
直仁親王
ほか(后妃・皇子女節参照)
テンプレートを表示

花園天皇(はなぞのてんのう、永仁5年7月25日1297年8月14日) - 正平3年11月11日1348年12月2日))は鎌倉時代の第95代天皇(在位:延慶元年11月16日1308年12月28日)- 文保2年2月26日1318年3月29日))。富仁(とみひと)。

伏見天皇の第四皇子。母は、左大臣洞院実雄の娘、顕親門院・洞院季子。鎌倉時代の2つの皇統のうち持明院統に属する。

略歴[編集]

延慶元年(1308年)11月、大覚寺統後二条天皇の急死にともない12歳で即位。在位の前半は父の伏見上皇が、後半は兄の後伏見上皇院政を布いた。文保2年(1318年)2月、大覚寺統の尊治親王(後醍醐天皇)に譲位。

譲位後は、皇太子となった甥の量仁親王(光厳天皇)の養育にあたったが、その一環として、元徳2年(1330年)2月、親王を訓戒するために記した『誡太子書』(宮内庁書陵部蔵)は、やがて訪れる動乱の時代を言い当てた文章として名高い。

禅宗の信仰に傾倒し、建武2年(1335年)11月、円観について出家、法名を遍行と称した。宗峰妙超関山慧玄を師とし、興国3年(1342年)1月には仁和寺の花園御所を寺に改めて妙心寺を開基している。

正平3年(1348年)11月、花園萩原殿で死去。享年52。

人物[編集]

歌道・学問・書道に優れ、特に和歌では京極派の主要人物の一人で『風雅和歌集』の監修を行っている。日記『花園天皇宸記』は宸筆の原本が今日に残る(宮内庁書陵部蔵)。読経念仏を欠かさない信心深い人物であったという。

『誡太子書』と同時期に量仁親王のために著したとみられる『学道之御記』(宮内庁書陵部蔵)では、その冒頭部で「学問の目的はただ文字を識り、博学になるためのものではなく、本性に達し、道義をおさめ、礼義を知り、状況の変化をわきまえ、過去を知り未来に活用するためのものである」という意味の一文を掲げているが、そこからも彼の持っていた学問に対する考え方がよく見て取れる。逆に、博学だけを吹聴したり、風月文章をもって旨とすることを「学者之弊」として戒める記述が『花園天皇日記』には散見する。

諡号・追号・異名[編集]

仙洞御所である洛西花園の萩原殿にちなみ、生前は「萩原法皇」と称された。追号である花園院は遺詔による。

系譜[編集]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
88 後嵯峨天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗尊親王
鎌倉将軍6)
 
持明院統
89 後深草天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大覚寺統
90 亀山天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
惟康親王
(鎌倉将軍7)
 
92 伏見天皇
 
 
 
 
 
久明親王
(鎌倉将軍8)
 
91 後宇多天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
93 後伏見天皇
 
95 花園天皇
 
守邦親王
(鎌倉将軍9)
 
94 後二条天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直仁親王
 
 
 
 
 
邦良親王
 
96 後醍醐天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光厳天皇 北1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
康仁親王
木寺宮家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


后妃・皇子女[編集]

在位中の元号[編集]

主な書作品[編集]

全て重要文化財

陵・霊廟[編集]

花園天皇御陵(十楽院上陵)

は、京都府京都市東山区粟田口三条坊町にある十樂院上陵(十楽院上陵、じゅうらくいんのうえのみささぎ)に治定されている。公式形式は円丘。埋葬は死去の2日後である。

参考文献[編集]

  • 八代国治「長講堂領の研究」(『国史叢説』、吉川弘文館、1925年)
  • 鷲尾順敬 編『玉鳳煥采』(『藍山全集』第1巻 日本禅宗史の研究、教典出版、1945年)
  • 澤口泰憲 編『花園天皇の御芳躅』(妙心寺開基花園天皇六百年御聖諱記念大法会局、1945年)
  • 岩橋小弥太『花園天皇』(人物叢書、吉川弘文館 1962年、新装版1990年) ISBN 4642051872
  • 網野善彦「花園天皇」(永原慶二編『人物 日本の歴史』第4巻 鎌倉と京都、読売新聞社、1966年)
  • 岩佐美代子『京極派歌人の研究』(笠間書院、1974年)
  • 岩佐美代子『京極派和歌の研究』(笠間叢書212、笠間書院、1987年)
  • 村田正志 編『花園天皇遺芳』(楊岐寺、1995年) ISBN 4990104633
  • 橋本義彦「誠太子書の皇統観」(『平安の宮廷と貴族』、吉川弘文館、1996年) ISBN 4642074988
  • 岩佐美代子「『花園院宸記』」(『宮廷に生きる』、古典ライブラリー8、笠間書院、1997年) ISBN 4305600382
  • 坂口太郎・芳澤元「花園天皇関係史料・研究文献目録稿」(『花園大学国際禅学研究所論叢』第2号、2007年) 
  • 『[特別展覧会] 宸翰 天皇の書 --御手が織りなす至高の美--』(京都国立博物館編集・制作・発行、2012年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]