洞院実雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
洞院実雄
時代 鎌倉時代前期 - 中期
生誕 承久元年(1219年
死没 文永10年8月16日1273年9月28日))
別名 山階左大臣、浄覚(法号)
官位 従一位左大臣
主君 四条天皇後嵯峨天皇後深草天皇亀山天皇
氏族 藤原北家閑院流西園寺家洞院家
父母 父:西園寺公経、母:平親宗の娘
兄弟 西園寺実氏一条実有実雄道融室町実藤西園寺実材
正室:栄子法印公審の娘)
継室:一条頼氏の娘
継室:蔵子藤原隆房の娘)
継室:後嵯峨院但馬局賀茂能直の娘)
継室:主殿司瑠璃の娘
公宗佶子愔子公守小倉公雄公尹季子
テンプレートを表示

洞院 実雄(とういん さねお)は、鎌倉時代前期から中期の公卿洞院家の祖。従一位左大臣山階左大臣と号す。

娘3人がそれぞれ3人の天皇(亀山天皇後深草天皇伏見天皇)の妃となって権勢を誇った。娘たちはいずれも皇子を産み、それぞれ即位したことから、3人の天皇(後宇多天皇、伏見天皇、花園天皇)の外祖父となった。

経歴[編集]

以下、『公卿補任』と『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

嘉禄3年(1227年)2月1日、叙爵。同年3月4日、侍従に任ぜられる。安貞3年(1229年)1月30日、従五位上に昇叙。同年4月18日、左少将に任ぜられる。寛喜2年(1230年)1月24日、備後介を兼ねる。寛喜3年(1231年)1月5日、正五位下に昇叙。文暦元年(1234年)12月21日、左中弁に任ぜられる。左少将は元の如し。文暦2年(1235年)1月23日、加賀権介を兼ねる。同月28日、従四位上に昇叙。同年2月6日には禁色を許され、閏6月11日には左宮城使に補される。

嘉禎2年(1236年)2月30日、左中弁を止め左中将に任ぜられ蔵人頭となる。同年5月6日、正四位下に昇叙。同年12月18日、従三位に叙される。中将は元の如し。

嘉禎3年(1237年)1月24日、土佐権守を兼ねる。同年12月25日、参議に任ぜられる。嘉禎4年(1238年)3月7日、右衛門督検非違使別当を兼ねる。同月29日、正三位に昇叙。同年7月20日、権中納言に昇進し、8月28日には右衛門督と検非違使別当を辞した。暦仁2年(1239年)1月24日、皇后宮権大夫を兼ねるが、11月12日に皇后利子内親王が女院(式乾門院)となったために権大夫を止める。仁治元年(1240年)10月24日、従二位に昇叙。仁治3年(1242年)3月7日、権大納言に昇進。仁治4年(1243年)2月2日、正二位に昇叙。寛元2年(1244年)8月29日、父公経が薨去したために喪に服す。同年11月25日に復任。

正嘉元年(1257年)11月26日、内大臣に任ぜられる。正嘉2年(1258年)11月1日、右大臣に転任し春宮傅を兼ねる。弘長元年(1261年)3月27日、左大臣に転任。弘長2年(1262年)1月5日、従一位に昇叙。弘長3年(1263年)3月20日、上表して左大臣を辞した。文永10年(1273年)8月4日、所労危急のため出家し、同月16日に薨去。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

参考文献[編集]

先代:
  -  
洞院家当主
初代
次代:
洞院公守