武者小路実篤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武者小路 実篤
(むしゃのこうじ さねあつ)
Saneatsu Mushanokoji 1 cropped.jpg
1956年
誕生 1885年5月12日
日本の旗 日本 東京府東京市麹町区
(現・東京都千代田区
死没 (1976-04-09) 1976年4月9日(90歳没)
日本の旗 日本 東京都狛江市
墓地 中央霊園(東京都八王子市)
職業 小説家詩人劇作家画家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京帝国大学社会学中退
ジャンル 小説戯曲
主題 理想主義
文学活動 白樺派
代表作 お目出たき人』(1911年)
『幸福者』(1919年)
友情』(1920年)
『愛と死』(1939年)
真理先生』(1951年)
主な受賞歴 文化勲章(1951年)
親族 勘解由小路資生(祖父)
武者小路実世(父)
武者小路公共(兄)
武者小路実光(甥)
武者小路公秀(甥)
武者小路穣(娘婿)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

武者小路 実篤(むしゃのこうじ さねあつ、1885年明治18年)5月12日 - 1976年昭和51年)4月9日)は、日本小説家詩人劇作家画家貴族院勅選議員

姓の武者小路は本来「むしゃのこうじ」と読むが、のちに「むしゃこうじ」に読み方を変更した[1]。しかし、一般には「むしゃのこうじ」で普及しており、本人も誤りだと糺すことはなかったという。

仲間からは「武者」(ムシャ)の愛称で呼ばれた。文化勲章受章。名誉都民日本芸術院会員。贈従三位(没時叙位)。

来歴[編集]

東京府東京市麹町区(現在の東京都千代田区)に、藤原北家の支流・閑院流の末裔で江戸時代以来の公卿の家系である武者小路家の武者小路実世(さねよ)子爵勘解由小路家(かでのこうじけ)出身の秋子(なるこ)夫妻の第8子として生まれた。上の5人は夭折しており、姉の伊嘉子、兄の公共 と育った。2歳の時に父が結核で死去。

1891年(明治24年)、学習院初等科に入学。得意科目は朗読と数学で体操と作文が苦手だった。同中等学科6年の時、留年していた2歳年上の志賀直哉と親しくなる。同高等学科時代は、トルストイに傾倒、聖書や仏典なども読んでいた。1906年(明治39年)に東京帝国大学哲学科社会学専修に入学。1907年(明治40年)、学習院の時代から同級生だった志賀直哉や木下利玄らとつくった「十四日会」で創作活動をする。同年、東大を中退。翌年には処女作品集『荒野』を自費出版した。1910年(明治43年)には志賀直哉、有島武郎有島生馬らと文学雑誌『白樺』を創刊。彼らはこれに因んで白樺派と呼ばれた。実篤は白樺派の思想的な支柱となる。1913年(大正2年)、竹尾房子と結婚し、1916年大正5年)には、柳宗悦志賀直哉が移り住んでいた現在の千葉県我孫子市に移住した。

理想的な調和社会、階級闘争の無い世界という理想郷の実現を目指して、1918年(大正7年)に宮崎県児湯郡木城村に「新しき村」を建設した。実篤は農作業をしながら文筆活動を続け、大阪毎日新聞に『友情』を連載。しかし同村はダム建設により大半が水没することになったため、1939年(昭和14年)には埼玉県入間郡毛呂山町に新たに「新しき村」を建設した。但し実篤は1924年(大正13年)に離村し、村に居住せずに会費のみを納める村外会員となったため、実際に村民だったのはわずか6年である。

この両村は今日でも現存する[2]。同村のウェブサイトでは、実篤が村外会員になって文筆活動に専念した事を好意的に受け止めている。実際に実篤が村民だったころの活動は離村後の彼の執筆に多大な影響を及ぼしたといわれており、また同村にとっても実篤が事実上その象徴的役割を果たしたことは否めず、両者は今日に至るまで言わば持ちつ持たれつの関係にあると見ることもできる。

1922年(大正11年)、房子と離婚し、飯河(いごう)安子と再婚。翌年の関東大震災で生家が焼失。『白樺』も終刊となった。この頃からスケッチや淡彩画を描くようになる。また油絵も描き、1929年(昭和4年)には日本橋・丸善で個展も開いた。執筆依頼がほとんどない「失業時代」で、トルストイ二宮尊徳井原西鶴大石良雄一休釈迦などの伝記小説を多く執筆。

1936年(昭和11年)、4月27日からヨーロッパ旅行に出発。12月12日帰国。旅行中に体験した黄色人種としての屈辱によって、実篤は戦争支持者となってゆく[3]1937年(昭和12年)、帝国芸術院に新設された文芸部門の会員に選出される。1941年(昭和16年)の太平洋戦争開戦後、実篤はトルストイの思想に対する共感から発する個人主義や反戦思想をかなぐり捨て、日露戦争の時期とは態度を180度変えて戦争賛成の立場に転向し、戦争協力を行った[4]

1946年(昭和21年)には貴族院議員に勅選されるが(同年8月7日に辞職[5])、同年9月には太平洋戦争中の戦争協力が原因で公職追放された[6]1948年(昭和23年)には主幹として『』を創刊、『真理先生』を連載。1951年(昭和26年)、追放解除となり[7]。同年に文化勲章を受章した。晩年には盛んに野菜の絵に「仲良きことは美しき哉」「君は君  我は我なり  されど仲良き」などの文を添えた色紙揮毫したことでも有名だった。 1955年(昭和30年)、70歳で調布市仙川に移住、亡くなるまでこの地で過ごした。

1976年(昭和51年)4月9日、東京都狛江市にある東京慈恵会医科大学付属第三病院で尿毒症により死去。満90歳だった。晩年の20年間居住した調布市の自宅敷地および建物が、没後に「実篤公園」[8]「調布市武者小路実篤記念館」[9]として公開されている。

評価[編集]

実篤は白樺派の思想代名詞的存在で、理想郷の建設に代表される理想主義的・空想社会主義的行動には現実離れしているという批判もつきまとった。また、気紛れで始めたことを簡単に投げ出すという無責任とも取れる言動を批判されることもあった。

ただしその作品は必ずしも彼の思想的背景に依るものではなく、それゆえ現代に至るまで広く一般に読まれている。これが一般には『友情』『愛と死』などの代表作を生んだ、近代日本を代表する作家の一人としての知名度の方が遥かに高い所以である。

全集小学館より全18巻が出版されている。

家族・親族[編集]

家族[編集]

父・武者小路実世 (さねよ)
1851年(嘉永4年)12月21日生 - 1887年(明治20年)10月27日没。
武者小路家8代当主・実建 (1810-1863) の次男。童名は多嘉丸。1868年(明治元年)18歳で秋子と結婚。1870年(明治3年)上京、翌年1871年(明治4年)11月に岩倉使節団の留学生としてドイツに2年半滞在し1874年(明治7年)7月帰朝。9代当主となった22歳年上の兄・公香 (1828-1876) が亡くなり、公香の子も夭折していたため、26歳で10代当主となる。華族会館司計局長、麹町区議会議員、熊谷裁判所判事を務め、参事院では憲法発布の準備に関わったという。1884年(明治17年)7月に子爵となるも1887年(明治20年)10月27日、37歳で結核により死去[10][11]
母・秋子 (なるこ)
1853年(嘉永6年)9月13日生 - 1928年(昭和3年)11月1日没。
勘解由小路資生の娘。16歳で実世に嫁ぎ、8人の子を産んだが第1子は死産、長男・和丸、長女、次女・且、次男・公城と夭折している。35歳で未亡人となり、三女・伊嘉子、三男・公共、四男・実篤の3子を育てた。1928年(昭和3年)11月1日、76歳で死去[11]
姉・伊嘉子
1879年(明治12年)11月5日生 - 1899年(明治32年)12月12日没。
秋子が伊香保温泉で養生して生まれたことから伊嘉子と名付けられた。20歳で結婚したが、まもなく結核を発病、母にひきとられ、1899年(明治32年)12月12日、21歳の若さで死去[11]
兄・公共
1882年(明治15年)8月29日生 - 1962年(昭和37年)4月21日没。
父の実世亡き後、6歳で家督を相続。少年時代は 従兄の甘露寺受長と皇太子時代の大正天皇の遊び相手を務めている。学習院ではとびぬけた秀才として有名だった。20歳で従五位に叙せられる。東京大学法学部独法科卒。在学中に外交官試験に合格、外務省に入省、各国の公使を務める。ドイツ大使となった時は日独防共協定に調印した[11]

妻子[編集]

妻・房子(旧姓・竹尾)
1892年(明治25年)3月10日生 - 1990年(平成2年)没。
実篤最初の妻。福井県出身、日本女子大学付属女学校中退。実篤のもとを訪ね、翌年の1913年(大正2年)2月、22歳で実篤と結婚(届け出は翌年3月21日)するが、「新しき村」の青年と同棲をはじめ、1929年(昭和4年)12月9日離婚[11]
妻・安子(旧姓・飯河)
1899年 (明治32年)9月6日生 - 1976年(昭和51年)2月6日没。
実篤の再婚相手。静岡県出身、共立女子職業学校卒。1921年(大正10年)11月、22歳で「新しき村」に入村し、実篤の身の回りの世話をしていた。1923年(大正12年)12月長女出産。昭和4年12月18日入籍。新子、妙子、辰子の3人の娘を産む。1976年(昭和51年)2月6日、77歳で夫より2か月前に亡くなった[11]
長女・新子
1923年(大正12年)12月1日生 - 1986年(昭和61年)12月8日没。
次女・妙子
1925年(大正14年)2月25日生 -
三女・辰子
1928年(昭和3年)11月4日生 -
養女・喜久子
1909年(明治42年)11月9日生 - 1943年(昭和18年)8月9日没。
従妹の勘解由小路康子の娘。康子が夫と死別し、志賀直哉と再婚したため、実篤に引き取られた。2度の離婚を経て志賀家の戸籍に入り、再々婚したが、2年後の1943年(昭和18年)8月9日、35歳で死去[11]

親族[編集]


 
 
 
 
毛利元徳
 
万子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武者小路実光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武者小路公共
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武者小路公秀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
不二子
 
木村龍蔵
 
 
木村雅世
 
 
 
 
 
 
武者小路実世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
新子
 
 
錦子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秋子
 
 
 
 
 
 
 
武者小路侃三郎
 
 
武者小路篤信
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武者小路信和
 
 
 
 
 
 
 
 
 
烏丸光亨
 
 
武者小路実篤
 
 
妙子
 
 
小絵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武者小路穣
 
 
武者小路知行
 
 
 
 
 
 
 
操子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
四代目中村梅玉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
辰子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
甘露寺義長
 
 
甘露寺受長
 
績子
 
 
有紀子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
勘解由小路資生
 
 
立子
 
 
甘露寺方房
 
近藤荒樹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
近藤荒一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎久弥
 
 
澄子
 
伊久子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎彦弥太
 
 
 
 
 
 
直子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寧子
 
 
岩崎隆弥
 
 
 
 
 
 
池田行彦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎恒弥
 
池田勇人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
紀子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
満枝
 
 
石橋慶一
 
 
 
 
 
勘解由小路資承
 
柳宗悦
 
柳宗玄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
康子
 
 
 
 
 
 
 
祥子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
豊子
 
 
 
 
 
 
 
万亀子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
志賀直吉
 
 
 
 
 
副島種臣
 
 
 
 
 
 
 
志賀直哉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
志賀直道
 
 
志賀直温
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
志賀直三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
副島道正
 
順子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

作品[編集]

代表作[編集]

  • 『荒野』 1908年
  • お目出たき人』 1911年
  • 『罪なき罪』 1912年
  • わしも知らない』 1914年
  • 『世間知らず』 
  • 『その妹』 1915年
  • 『不幸な男』 1917年
  • 『幸福者』 1919年
  • 友情』 1919–1920年
  • 人間万歳』 1922年
  • 『或る男』 1921–1923年
  • 愛慾』 1926年
  • 『母と子』 1927年
  • 『棘まで美し』 1930年 
  • 愛と死』 1939年
  • 『大東亜戦争私観』 1942年 
  • 真理先生』 1949–1951年
  • 『馬鹿一』

著作集[編集]

  • 武者小路実篤全集 全12巻、芸術社、1923–1928年
  • 武者小路実篤著作集 全7巻、調和社、1950–1951年
  • 武者小路実篤作品集 全6巻、創元社、1952年
  • 武者小路実篤全集 全25巻、新潮社、1954–1957年
  • 定本武者小路実篤選集 全12巻、日本書房、1961–1962年
  • 武者小路実篤選集 全12巻、青銅社、1964–1965年
  • 武者小路実篤作品集 全6巻、芳賀書店、1965–1966年
  • 武者小路実篤選集 全8巻、筑摩書房、1967年
  • 武者小路実篤全集 全18巻、小学館、1988–1991年

関連人物[編集]

博士論文書誌データベースより[編集]

  • 1 寺澤浩樹  武者小路実篤の研究 : : 美と宗教の様式
  • 2 楊琇媚  武者小路実篤研究 : その思想と作品の関連性を中心に
  • 3 楊英華  武者小路実篤と魯迅の比較研究 : 文学姿勢とその人間像
  • 4 王泰雄  武者小路実篤研究 : 実篤の初期文学と「新しき村」
  • 5 董炳月  新しき村から「大東亜戦争」へ : 周作人と武者小路実篤との比較研究

注釈[編集]

  1. ^ 調布市武者小路実篤記念館 よくある質問とその答え
  2. ^ 村民になるには原則40歳以下の年齢制限がある。
  3. ^ 董炳月『新しき村から「大東亜戦争」へ −周作人と武者小路実篤との比較研究−』
  4. ^ 「太平洋戦争期においても、武者小路の天皇に対する愛と尊敬は一度も変わったことがなかった。戦争中、武者小路は転向し、戦争に賛成し、協力したのである。これは小さい時から彼の心に滲みこんだ愛国思想と強い国家意識にかかわる」(夏艷文『武者小路實篤自我思想的形成』)[リンク切れ]
  5. ^ 『官報』第5871号、昭和21年8月9日。
  6. ^ 『朝日新聞』1946年9月27日一面。
  7. ^ 『朝日新聞』1951年8月7日二面。
  8. ^ 実篤公園 - 調布市
  9. ^ 武者小路実篤記念館 - 調布市
  10. ^ 〈裸体をもつてほこる〉詩人 : 武者小路実篤こおける〈詩〉の成立亀井志乃、北海道教育大学 国語論集 11, 19-54, 2014-03
  11. ^ a b c d e f g 大津山国夫 (1989年). “武者小路実篤の系族(下) (PDF)”. 千葉大学. 2017年2月25日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 河野通勢 - 親交のあった画家
  • あかつき』-『暁』『幸福な家族』『愛と死』『友情』『その妹』などを原作とする
  • 千葉工業大学 - 前身の興亜工業大学設立に携わった。

外部リンク[編集]