副島道正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
副島道正

副島 道正(そえじま みちまさ、1871年11月26日明治4年10月14日〉 - 1948年昭和23年〉10月13日)は、明治、大正、昭和の華族実業家IOC委員。伯爵

経歴[編集]

伯爵副島種臣の三男として東京に生まれる。イギリスケンブリッジ大学卒業。

宮内省に入り東宮侍従式部官を務めた。実業家としては京城日報社長、日英水電早川電力役員等を務めた。

1918年(大正7年)7月から1925年(大正14年)7月まで貴族院議員[1]

1940年(昭和15年)に東京オリンピックを開催招致すべく、1934年(昭和9年)5月のIOC総会(アテネ)でIOC委員に選出。1935年(昭和10年)に杉村陽太郎とともにローマムッソリーニと会見し(インフルエンザ肺炎発症のため、予定より遅れて会談)、ライバル都市であったローマの立候補撤回を交渉し、翌1936年(昭和11年)の招致決定に功績を挙げた。だがその2年後、戦時体制の強化による1938年(昭和13年)7月15日、1940年東京オリンピック・札幌オリンピックの大会中止の閣議決定の中心的存在ともなってしまった。

1936年(昭和11年)8月から1947年(昭和22年)5月の貴族院廃止まで再び貴族院議員を務めた[1]

親族[編集]

副島道正の娘の順子(のぶこ)は小説家志賀直哉の弟である志賀直三と結婚した[2][3]

副島道正の姉の貞子(ていこ)は諸岡正順に嫁して諸岡幸麿を産んだ[4]

栄典[編集]

演じた人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』27頁。
  2. ^ 『志賀直哉全集』第16巻、岩波書店、2001年、124頁。
  3. ^ 志賀直三『阿呆伝』新制社、1958年、232頁。
  4. ^ 諸岡幸麿『復刻版 アラス戰線へ』えにし書房、2018年、大橋尚泰「解説」28-31頁。
  5. ^ 『官報』第5733号「叙任及辞令」1946年2月25日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
日本の爵位
先代:
副島種臣
伯爵
副島(種臣)家第2代
1905年 - 1947年
次代:
(華族制度廃止)