人間万歳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

人間万歳は、武者小路実篤による戯曲1922年9月1日発行の『中央公論』に掲載された。1925年3月に帝劇文芸座により初演。

あらすじ[編集]

ある宇宙の神様は、自分の味噌のの入った命の水を垂らして地球に生物を誕生させた。その脳味噌の垢により、人間が生まれる。地球を管理している天使は、時に災害に見舞われ、時に争いを起こす人間を心配し、逐一神様に伝えに来るが、神様は人間にそれほどの興味を示してはくれない。しかし、あるとき訪ねてきた隣の宇宙の神様に、調和を実現し見上げるような死を遂げた人間の話を聞き、天界の神や天使たちは「人間万歳」と人間を讃美するのだった。

主な登場人物[編集]

  • 神様
    物語が繰り広げられている宇宙の神様。好色な面を持ち「馬鹿」と暴言を吐く等、人間的な部分が目立つ。
  • 天使
    神様に地球を任せられ、地球の成長を逐一神様に報告しに来る。人間に同情し、一喜一憂する。
  • 滑稽天使
    神様の側近のような役割の天使。尻尾を持っていて、嬉しいときそれを動かす。滑稽な口ぶりで神様や天使を導く。
  • 女の天使
    七人つ星の兄妹天使のうち一番若い女の天使。美しく、神様に気に入られている。
  • 道徳天使
    天界の道徳を管理する天使
  • 生命天使
    神様に「俺の道徳天使」と呼ばれている。
  • 隣の神様
    神様がいる宇宙の隣の宇宙の神様。
  • 覆面の神
    九幕、神様の夢に隣の宇宙から来た神様として登場する。暴力で天界を奪おうとする。
    備考
    冒頭に「倉田百三兄に捧ぐ」とあるが、倉田百三とは大正、昭和初期に活躍した小説家、劇作家であり、大正7年の肋骨カリエスの手術のため、福岡を滞在した事を契機に当時武者小路実篤が行なっていた「新しき村」運動に協力。約半年という短い期間ながら、「新しき村」福岡支部に尽力した。

外部リンク[編集]