岩崎久弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
男爵
岩崎 久彌
いわさき ひさや
Hisaya Iwasaki.jpg
Mitsubishi logo.svg 第3代 三菱財閥総帥
任期
1893年(明治26年) – 1916年(大正5年)
前任者 岩崎弥之助
後任者 岩崎小弥太
個人情報
生誕 1865年10月14日
死没 (1955-12-02) 1955年12月2日(満90歳没)
国籍 日本の旗 日本
子供 彦弥太
隆弥
恒弥
美喜沢田廉三夫人)
澄子(甘露寺方房夫人)
綾子(福澤堅次夫人)
出身校 慶應義塾
職業 実業家


岩崎 久弥(いわさき ひさや、1865年10月14日慶応元年8月25日〉 - 1955年12月2日)は、日本実業家三菱財閥3代目総帥。1893年男爵を授けられた。

生涯[編集]

久弥は岩崎弥太郎喜勢夫妻の長男として土佐国、安芸郡井ノ口村に生まれた。父・弥太郎は三菱財閥の創設者。明治8年に福澤諭吉慶應義塾に幼稚舎から入塾。3年後に父が開設した三菱商業学校(明治義塾)に転じ、英語簿記法律経済を学んだ。慶應義塾普通部を卒業後、明治19年に米国留学し、1888年(明治21年)にアメリカペンシルベニア大学ウォートン・スクールに入学。

1891年(明治24年)に帰国後、副社長として三菱社に入り、1894年(明治27年)、三菱社の合資会社転換と共に、叔父・岩崎弥之助に代わって社長に就任。以後、1916年(大正5年)にいとこの岩崎小弥太に社長を譲るまで、三菱財閥三代目として長崎造船所の近代化や東京・丸の内地区の開発など事業の拡充を図り、麒麟麦酒、農政事業、製紙業などの創業にも関わった。特に農政事業に関しては岩手の小岩井農場、千葉の末廣農場のほか、朝鮮半島、スマトラ島、ブラジルといった海外にまで経営の手を広げた。また、現在でいう事業部制を三菱合資会社に導入し、グループの活性化をもたらした。

太平洋戦争後の1947年財閥解体政策により、3人の息子と共に財閥家族に指定され、三菱傘下企業の全役職を辞任。千葉県富里にあった末廣農場の別邸にて引退生活を送った。

久弥は、1924年アジア学研究のための図書館・東洋文庫東京都文京区本駒込)を設立するなど、さまざまな社会貢献をした。東京都江東区清澄の清澄庭園、文京区本駒込の六義園(りくぎえん)は、それぞれ1924年と1938年に久弥が東京市に寄付したものである。

東京市下谷区茅町にあった岩崎家本宅は、1896年に久弥が建てたものである。現在、洋館、撞球室(ビリヤード場)、和館の一部が残り、宅地とともに重要文化財に指定されている。洋館と撞球室はジョサイア・コンドルの設計である。岩崎久弥邸は、第二次世界大戦後は最高裁判所司法研修所などとして使用されていたが、2001年より東京都の管理で「旧岩崎邸庭園」として一般公開されている。

栄典[編集]

家族[編集]

寧子(しずこ)夫人(旧上総国飯野藩第10代藩主・保科正益子爵の長女)との間に3男3女がいる。長男・彦弥太は三菱本社副社長、三菱地所取締役を歴任。次男・隆弥三菱製紙元会長。三男・恒弥は東京海上火災保険元常務。恒弥の妻は海軍軍人・清河純一の長女[4]。長女・美喜は、外交官の沢田廉三に嫁ぎ、戦後はエリザベス・サンダースホームを開設、関連著書をいくつか出版した。

なお久弥の義父・保科正益は、楠田咸次郎の父であり、また沢田鋓義の義父でもあるが(故に楠田咸次郎と沢田鋓義は久弥の義兄弟に当たる)、楠田咸次郎は元三菱銀行頭取・田実渉の義父であり、沢田鋓義も元三菱重工業社長・牧田與一郎の義父であるため、戦後の三菱系企業の経営者である田実・牧田も三菱の創業者一族・岩崎家と姻戚関係で結ばれているといえる。

三菱銀行取締役・東山農事社長等を歴任した岩崎寛弥は孫、建築家国広ジョージ(国広ジョージ健彦)は曾孫。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第1278号「叙任及辞令」1887年9月30日。
  2. ^ 『官報』第1278号「彙報 - 褒章」1887年9月30日。
  3. ^ 『官報』第6135号「叙任及辞令」1903年12月12日。
  4. ^ 佐藤朝泰『門閥 旧華族階層の復権岩崎家(262-263、272-273頁)立風書房 1987年4月10日第1刷発行、ISBN 4-651-70032-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]