諸橋晋六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
諸橋 晋六 Football pictogram.svg
名前
カタカナ モロハシ シンロク
ラテン文字 MOROHASHI Shinroku
基本情報
生年月日 1922年7月13日[1]
大日本帝国の旗 大日本帝国東京府北豊島郡[2]
没年月日 (2013-06-23) 2013年6月23日(満90歳没)
日本の旗 日本東京都
選手情報
ポジション FW
ユース
1937-1939 東京高等師範学校附属中学校
1942-1947 上智大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
三菱商事
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

諸橋 晋六(もろはし しんろく、1922年7月13日 - 2013年6月23日)は、東京府北豊島郡出身の実業家、サッカー選手。

来歴[編集]

東京府北豊島郡高田町で五人兄弟の三男(兄2人、姉1人、妹1人)として生まれた[2]。父は後に大漢和辞典の編者となる諸橋轍次、母・キンは小千谷縮の商家の出身であり、詩人の西脇順三郎は母の従兄弟であった[3]。自宅の近くに菊池寛の居宅があり、幼少期は菊池の息子の英樹とよく遊んでいた[4]

東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校、1935年卒業)では鶴見俊輔中井英夫などが同級生であった[5]。東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)の3年生よりサッカーを始め、4年生でレギュラーとなり、5年生で主将を務め[6]1940年に中学を卒業した。

中学卒業後は旧制高等学校を受験したが、1940年および1941年と2年連続で受験に失敗して浪人生活を送った。浪人時代の友人に上掲の中井がいた[7]。1942年も旧制高等学校の受験に失敗したものの、上智大学経済学部経済学科に合格して同大学に進学した[1][8]。なお、後に文部大臣を務めた永井道雄が同学年に当たる[9]。大学時代はサッカー部に所属し、東京都大学サッカーリーグでプレーした[10]

1943年11月、太平洋戦争に伴って兵役に就き、同年12月より福島県、宮城県で訓練を受けた[11]。1944年12月に見習士官となり、1945年8月の終戦を兵庫県加古川で迎え、同年10月に東京の自宅へ戻った[12]。終戦後は上智大学に復学して1947年に卒業した[13]が、同期入学120名の内で卒業したのは28名であった[12]

大学卒業後の1947年に三菱商事へ入社したが、後に諸橋は父の口添えがあったのではないかと語っている[14]。入社後は同社サッカー部に所属し、1947年には加茂健らと共に開催された関東実業団サッカー大会の優勝メンバーに名を連ねた[13][15]

1958年にマニラに赴任。一度東京に戻った後、1964年よりロンドンに赴任した。なお、ロンドン駐在時に元日本代表三菱化成社長(当時)であった篠島秀雄の協力を得て『三菱ダイヤモンド・サッカー』(テレビ東京)の番組開始に尽力した[16]

その後はマニラ支店長およびロンドン支店長、欧州三菱商事の副社長を務めた。1980年6月に三菱商事の取締役兼ロンドン支店長[1]、1983年6月に常務取締役[1]、1985年6月に副社長を歴任[1]

1986年11月、社長(当時)の近藤健男が就任後5か月で死去したのに伴い、社長に就任した[1][13]1992年6月に社長を退任して、取締役会長に就任[1]1998年より相談役、2004年より特別顧問をそれぞれ務めた。また、2001年には勲一等瑞宝章を受章し、同年中に日本サッカー協会4級審判のライセンスを取得した。

2013年6月23日心不全のため死去[17]2014年8月、日本サッカー殿堂に特別選考により選出された[18]

役職[編集]

受章歴[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 三菱商事 有価証券報告書(1997年3月期)、2014年8月11日閲覧
  2. ^ a b 履歴書 p.327
  3. ^ 履歴書 p.328
  4. ^ 履歴書 p.328
  5. ^ 「哲学者の鶴見俊輔さん(ことば抄)」 朝日新聞、1996年12月28日、2014年8月5日閲覧
  6. ^ 履歴書 p.334
  7. ^ 履歴書 p.335-336
  8. ^ 履歴書 p.336
  9. ^ 履歴書 p.337
  10. ^ 履歴書 p.339
  11. ^ 履歴書 p.341
  12. ^ a b 履歴書 p.342
  13. ^ a b c 「諸橋晋六さん 三菱商事社長に就任(ひと)」 朝日新聞、1986年11月26日、2014年8月5日閲覧
  14. ^ 履歴書 p.346
  15. ^ 履歴書 p.390
  16. ^ 履歴書 p.391
  17. ^ 諸橋晋六氏が死去 三菱商事元社長”. 日本経済新聞 (2013年6月27日). 2014年8月4日閲覧。
  18. ^ “第11回日本サッカー殿堂 掲額者発表” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2014年8月4日), http://www.jfa.jp/news/00001603/ 2014年8月4日閲覧。 

関連項目[編集]