島田秀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
島田 秀夫 Football pictogram.svg
名前
カタカナ シマダ ヒデオ
ラテン文字 SHIMADA Hideo
基本情報
生年月日 1915年6月27日[1]
大日本帝国の旗 大日本帝国, 岡山県[2]
没年月日 (2005-11-03) 2005年11月3日(90歳没)
日本の旗 日本, 東京都品川区[2]
選手情報
ポジション HB
ユース
1933-1936 水戸高校
1936-1940 東北帝国大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1950-19xx 中日本重工業
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

島田 秀夫(しまだ ひでお、1915年6月27日 - 2005年11月3日)は、岡山県出身出身の会社役員、サッカー選手、第7代日本サッカー協会会長。

経歴[編集]

1928年東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)、1933年に同附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。附属中の同級生には、石川馨東京大学名誉教授)、中村光夫(文芸評論家)、小川平四郎(初代駐中国大使)などがいる。

旧制水戸高校(現・茨城大学)を経て、1936年に東北帝国大学法文学部に入学。1940年3月に大学を卒業して三菱重工業に入社した[1]。1941年に太平洋戦争の召集を受けて従軍、1945年にシベリア抑留に遭い、1947年に帰国。1948年に三菱重工業に復職した。

1950年に中日本重工業サッカー部(三菱重工業サッカー部の前身)を設立し岡野良定らと共に選手としてプレー、引退後は同サッカー部部長を務める傍ら、日本サッカーリーグ評議会議長等を務めた。

1973年5月に三菱重工業の取締役人事部長、同年11月に取締役大阪営業所長、1975年6月に取締役勤労部長、1976年8月に常務取締役補佐、1977年6月に常務取締役を歴任。1981年6月に三菱重工業の取締役副社長に就任した。また、同時期に三菱自動車工業の取締役も兼任した[1]

1980年から1992年まで日本サッカー協会(JFA)副会長、1992年から1994年までJFA第7代会長に就任。1993年日本プロサッカーリーグ開幕、2002 FIFAワールドカップ開催地立候補等に携わった。また、日本体育協会評議員や日本オリンピック委員会評議員などを歴任。2005年には第1回日本サッカー殿堂入りを果たした。

2005年11月3日、東京都品川区において心不全で死去した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 三菱重工業 有価証券報告書 (1982年3月期)、2016年10月8日閲覧
  2. ^ a b c 島田秀夫氏死去/日本サッカー協会最高顧問”. 四国新聞 (2005年11月4日). 2016年10月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]