鈴木重義 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 重義 Football pictogram.svg
名前
カタカナ スズキ シゲヨシ
ラテン文字 SUZUKI Shigeyoshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1902年10月13日
出身地 福島県
没年月日 (1971-12-20) 1971年12月20日(69歳没)
選手情報
ポジション FW
ユース
1921-1923 早稲田高等学院
1924-1926 早稲田大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
早稲田大学WMW
代表歴
1927[1] 日本の旗 日本 2 (1)
監督歴
1930, 1936 日本の旗 日本
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

鈴木 重義(すずき しげよし、1902年10月13日 - 1971年12月20日)は、福島県出身のサッカー選手、サッカー指導者。1936年のベルリンオリンピックサッカー日本代表監督を務めた。

経歴[編集]

豊島師範附属小学校東京高等師範学校附属中学校から1920年早稲田高等学院に入学。同校でサッカー部(ア式蹴球部)を設立した。在学中、ビルマ人留学生チョウ・ディンからショートパス等のサッカーの指導を受けて実力を伸ばした。

1923年早稲田大学に入学、1924年ア式蹴球部を創設した。在学中、野津謙らと全国高等学校ア式蹴球大会を開催した。

1927年上海で開催された第8回極東大会サッカー日本代表に選出され、主将としてフィリピン代表戦では先制ゴールを決めるなど、日本代表として最初の国際大会勝利に貢献した。

その後は早稲田大学の監督を務めるとともに、1930年東京で開催された第9回極東大会では日本代表監督を務め、中華民国代表と同位ながら国際大会で初優勝を実現した。なお、翌年の1931年の1年間、鈴木の自宅が大日本蹴球協會(現日本サッカー協会)となっている(大日本蹴球協會3回目の引っ越し)。

1936年ベルリンオリンピックで日本代表監督に就任。本大会前の練習試合で、当時ヨーロッパで広まりつつあった3バック(WMシステム)を目の当たりにし、急遽代表チームにこのシステムを導入した。その結果、スウェーデン代表に勝利した(ベルリンの奇跡)。

鈴木は大日本蹴球協会で常務理事、主事を歴任し、日本体育協会の専務理事も務めた。また、早大ア式蹴球部では終身OB会長を務めていた。

戦後は同和火災の社員として勤務、後に共栄火災の取締役も務めた。

1971年12月20日、死去。69歳没。2007年、第1回日本サッカー殿堂表彰を受けた[2]

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 1得点(1927)[1]


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1927 2 1 3 0 5 1
通算 2 1 3 0 5 1

著書[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b “鈴木 重義”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db.com/players_sa/shigeyoshi_suzuki.html 
  2. ^ 日本サッカー殿堂に鎌田氏ら”. ゲキサカ (2007年8月10日). 2012年12月29日閲覧。

外部リンク[編集]