加茂正五

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加茂 正五 Football pictogram.svg
名前
カタカナ カモ ショウゴ
ラテン文字 KAMO Shogo
基本情報
生年月日 1916年12月12日
大日本帝国の旗 大日本帝国静岡県浜松市
没年月日 (1977-09-14) 1977年9月14日(60歳没)[1]
日本の旗 日本, 東京都新宿区
身長 172cm[2]
体重 62.5kg[2]
選手情報
ポジション FW
ユース
静岡県立浜松第一中学校
早稲田大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
早稲田大学WMW
代表歴
1936 日本の旗 日本 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

加茂 正五(かも しょうご、1916年12月12日 - 1977年9月14日)は、静岡県浜松市出身のサッカー選手。ポジションはFW(左ウイング)。

経歴[編集]

静岡県立浜松第一中学校(現・静岡県立浜松北高等学校)の在学中より実兄の加茂健とともにサッカーを初め、早稲田大学に入学後はア式蹴球部に所属。在学中の1936年ベルリンオリンピックサッカー日本代表に選出され[2]、1回戦のスウェーデン代表戦に出場。0-2の状況から、49分に川本泰三、62分には右近徳太郎の得点をアシストして試合を振り出しに戻し、チームの逆転勝利に貢献した[3]

また、在学中の1938年6月に開催された全日本蹴球選手権大會(第18回天皇杯全日本サッカー選手権大会)でチームの優勝に貢献した。早稲田大学理工学部を卒業後は三菱重工業に入り、三菱重工業相模原製作所所長などを歴任した[1]

1977年9月14日国立霞ヶ丘陸上競技場で開催予定の試合前のウォーミングアップ中に倒れ慶應義塾大学病院に運ばれたものの、同日心筋梗塞により死去した[1]。享年60。

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 0得点


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1936 2 0 4 2 6 2
1937 0 0 0 0 0 0
1938 0 0 1 2 1 2
通算 2 0 5 4 7 4

出典[編集]

  1. ^ a b c 「「ペレ前座試合」出場前に急死_加茂正五さん死去」朝日新聞、1977年9月15日、2014年8月21日閲覧
  2. ^ a b c 「オリムピックへ十六選手決定す」朝日新聞 (1936年4月23日) 2016年9月11日閲覧
  3. ^ ベルリンオリンピック”. 日本サッカー協会. 2016年9月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]