若林竹雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
若林 竹雄 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ワカバヤシ タケオ
ラテン文字 WAKABAYASHI Takeo
基本情報
生年月日 1907年8月29日[1]
大日本帝国の旗 大日本帝国兵庫県
没年月日 (1937-08-07) 1937年8月7日(満29歳没)[2]
大日本帝国の旗 大日本帝国兵庫県武庫郡
選手情報
ポジション FW
ユース
19xx-1924 兵庫県立第一神戸中学校
東京帝国大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1927 神戸一中クラブ
代表歴
1930 日本の旗 日本 2 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

若林 竹雄(わかばやし たけお、1907年8月29日 - 1937年8月7日)は、兵庫県出身のサッカー選手。ポジションはFW(ウイング)。1930年日本代表初のハットトリック達成選手となった。

人物[編集]

兵庫県立第一神戸中学校(神戸一中、現:兵庫県立神戸高等学校)ではサッカー部に所属して、日本フットボール優勝大会にも出場した。1924年に神戸一中を卒業して旧制松山高校に入学。在学中の1927年10月に開催された第4回明治神宮競技大会兼ア式蹴球全國優勝競技會(第7回天皇杯全日本サッカー選手権大会)に神戸一中の先輩に当たる高山忠雄らと共に神戸一中クラブのメンバーとして出場し優勝に貢献した。

東京帝国大学に入学後はア式蹴球部に所属。上述の高山らと共にショートパスを多用するサッカースタイルを作り上げ、黄金期を支えた。なお、東京帝大では主将を務めた。

在学中の1930年5月に開催された第9回極東選手権競技大会サッカー日本代表に選出され、2試合に出場。代表デビュー戦となった5月25日のフィリピン代表戦で4得点を挙げてハットトリックを達成し、7-2で勝利した[3]。5月29日の中華民国代表戦は3-3で引き分けたが、日本代表初の国際タイトル獲得(中華民国と両チーム優勝)に貢献した。

第9回極東選手権大会の前に胸部を手術して、大会後より闘病生活に入っていたが、1937年8月7日兵庫県武庫郡御影町の実家で死去した[2]。死因は肺病と伝わっている[4]

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 4得点(1930)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1930 2 4 0 0 2 4
通算 2 4 0 0 2 4

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1 1930年5月25日 日本東京  フィリピン 7-2 第9回極東選手権競技大会
2
3
4

参考文献[編集]

  1. ^ 『日本代表公式記録集2008』 日本サッカー協会、2008年、627頁。
  2. ^ a b 「若林竹雄君が死去」 朝日新聞、1937年8月9日、2015年1月5日閲覧
  3. ^ 第9回極東選手権大会 (1930.5.25)”. 日本サッカー協会. 2014年9月30日閲覧。
  4. ^ 東大サッカー部誌創刊号 (PDF) 」p.24、1963年、2014年9月28日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]