斎藤才三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
斎藤 才三 Football pictogram.svg
名前
カタカナ サイトウ サイゾウ
ラテン文字 SAITO Saizo
基本情報
生年月日 1908年9月24日[1]
出身地 大阪府
没年月日 2004年
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
19xx-1929 関西学院大学
代表歴2
1930 日本の旗 日本 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2015年12月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

斎藤 才三(さいとう さいぞう、 1908年9月24日 - 2004年)は大阪府出身の経営者、サッカー選手

人物[編集]

父親は貿易商であり大阪府で生まれた[2]

帝塚山学院小学校桃山中学校を経て[2]関西学院高等商業学部(現在の関西学院大学商学部)に入学[1]。在学中はサッカー部に所属し1年次よりスタメンGKに定着[2]。同級生に後藤靱雄がおり、1929年10月に開催された明治神宮大会兼ア式蹴球全國優勝競技會(第9回天皇杯全日本サッカー選手権大会)に優勝するなどの成績を残した[3]

1930年3月に卒業[1]。同年5月に開催された第9回極東選手権競技大会サッカー日本代表に選出され、フィリピン代表戦など2試合に出場し、大会優勝に貢献した[4]

なお、卒業後はイングランドブリストル大学に留学、イングランドサッカーに関する知識を得て、帰国後の1933年4月に大阪毎日新聞社に入社。全国中等学校蹴球選手権大会の運営、報道に関わり、1940年秋頃に退職した[3]

その後、日野ルノー販売(日野自動車販売を経て、現在の日野自動車)に入社[1]。1957年6月に同社取締役、同年11月に同社常務取締役、1963年5月に同社専務取締役、1966年9月に近畿日野モーター(現在の大阪日野自動車)の取締役社長、1967年11月に日野自動車販売の取締役を夫々歴任[1]

1968年5月に日野車体工業の代表取締役社長に就任[1]。1976年5月から1980年まで朝日車両工業(大阪府)の監査役も兼任した。1980年6月に社長職を退任して同社の代表取締役会長に就任。1987年6月に日野車体工業の社長を退任して同社の取締役相談役に就任[5]。1989年3月期を以て取締役を退任した[1]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 0得点(1930)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1930 2 0
通算 2 0

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 日野車体工業株式会社 有価証券報告書(1988年3月期)、2015年12月1日閲覧
  2. ^ a b c 田辺五兵衛とともに桃山中学をトップに、ゴットンとともに関学を関西ナンバーワンに。昭和初期の日本一のGK 斎藤才三(中)”. 賀川サッカーライブラリー (2009年6月). 2015年12月1日閲覧。
  3. ^ a b 関学を日本一に、極東大会で日本をアジア一に、大会主催社の記者として珠玉の批評を残した 斎藤才三(下)”. 賀川サッカーライブラリー (2009年7月). 2015年12月1日閲覧。
  4. ^ 第9回極東選手権大会”. 日本サッカー協会. 2015年12月1日閲覧。
  5. ^ 「日野車体工業社長に山内一郎氏」朝日新聞 1987年05月29日、2016年3月5日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]