明治神宮競技大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第7回明治神宮体育大会

明治神宮競技大会(めいじじんぐうきょうぎたいかい)は、日本1924年大正13年)から1943年昭和18年)にかけ14回にわたって行われた総合競技大会。現在の国民体育大会を創設するにあたって影響を与えた。主催者は大日本体育協会(現・日本体育協会)。

概説[編集]

今日の国民体育大会・秋季競技会(旧・夏季競技会も含む)に当る部は神宮外苑競技場など首都圏各地、また冬季競技会に当る部は寒冷地(北海道東北北関東北信越地方が主)で行われた。
また、一年間の大会は4月始まりの会計年度制(夏季(6-7月ごろ)→秋季→冬季(翌年1-2月ごろ)の順)で施行された。

大会の歴史[編集]

正式名称 主催
1924年(大正13年) 第1回 明治神宮競技大会 内務省
1925年(大正14年) 第2回 明治神宮競技大会 内務省
1926年(大正15年) 第3回 明治神宮体育大会 明治神宮体育会
1927年(昭和2年) 第4回 明治神宮体育大会 明治神宮体育会
1929年(昭和4年) 第5回 明治神宮体育大会 明治神宮体育会
1931年(昭和6年) 第6回 明治神宮体育大会 明治神宮体育会
1933年(昭和8年) 第7回 明治神宮体育大会 明治神宮体育会
1935年(昭和10年) 第8回 明治神宮体育大会 明治神宮体育会
1937年(昭和12年) 第9回 明治神宮体育大会 明治神宮体育会
1939年(昭和14年) 第10回 明治神宮国民体育大会 厚生省
1940年(昭和15年) 第11回 明治神宮国民体育大会 厚生省
1941年(昭和16年) 第12回 明治神宮国民体育大会 厚生省
1942年(昭和17年) 第13回 明治神宮国民練成大会 厚生省
1943年(昭和18年) 第14回 明治神宮国民練成大会 (厚生省)

以後は国民体育大会を参照

競技種目・演目[編集]

種目 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回 12回 13回 14回
マスゲーム(集団体操) ×
トラック・フヰールド(陸上競技)
水泳(水上競技)
飛び込み(水上競技) ×
水球(水上競技) × ×
ベースボール(野球)
硬式テニス(庭球)
軟式テニス(庭球) × ×
サッカー(ア式蹴球)
ラグビー(ラ式蹴球)
ホッケー × ×
バスケットボール(籠球)
バレーボール(排球)
ボートレース(漕艇)
相撲
柔道
剣道
銃剣道 × × × × × × × × ×
弓道
乗馬(馬術・騎道)
国防競技 × × × × × × × × × ×
戦場運動 × × × × × × × × × × × ×
射撃 ×
卓球 × × × ×
体操競技 × × × ×
自転車 × × × × × × × × ×
ハンドボール(送球) × × × × × × × × × × × ×
重量挙 × × × × × × × × × × × ×
ヨット(海洋競技) × × × × × ×
拳闘 × × × × × ×
飛行機 × × × × × × × × × × × ×
グライダー × × × × × × × × × × × ×
スキー × × ×
スケート × × × × × ×
行軍訓練 × × × × × × × × × × ×
滑空訓練 × × × × × × × × × × ×
  • 報告書において、サッカーは「フットボール(アソシエーション)」、ラグビーは「フットボール(ラグビー)」、バレーボールは「ヴァレーボール」と表記される個所もある。
  • 相撲は素人のみ参加できる。

参考書籍[編集]

  • 入江克巳 『昭和スポーツ史論 -明治神宮競技大会と国民精神総動員運動-』 不昧堂出版、1991年。
  • 吉見俊哉他 『運動会と日本近代 -青弓社ライブラリー 6-』 青弓社、1999年。

関連項目[編集]