佐野理平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐野 理平 Football pictogram.svg
名前
カタカナ サノ リヘイ
ラテン文字 SANO Rihei
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1912年9月21日
出身地 静岡県
没年月日 (1992-03-26) 1992年3月26日(79歳没)
選手情報
ポジション GK
ユース
早稲田大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
早稲田大学WMW
代表歴
1936 日本の旗 日本 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

佐野 理平(さの りへい、1912年9月21日 - 1992年3月26日)は、静岡県出身のサッカー選手、サッカー指導者。ポジションはGK日本代表として、1936年ベルリンオリンピックに出場した。

経歴[編集]

ポジショニングの良さと、俊敏な動きが特徴のGKであったが、空中戦や接触プレーに難があった(当時の日本国内ではキーパーチャージを反則として取られなかった為、キーパーを故意に狙う事が常套手段であった)。その為、早稲田大学時代には身体能力に優れる不破整との併用、もしくは不破の方が出場機会を得ていた。

1936年のベルリンオリンピックの出場の為、欧州のクラブチームと練習試合を行った際に、本場欧州ではキーパーに対するファウルは厳しく取られ、審判から保護される事を知ると、本来の長所が発揮出来る様になった。

同年8月7日のベルリンオリンピック1回戦、スウェーデン代表戦では優勝候補相手に好セーブを連発、「ベルリンの奇跡」の立役者の一人となった。なお、日本代表では慶應義塾大学津田幸男らの台頭もあり出場は2試合に留まった。

1937年には早大ア式蹴球部の主将を務め、1938年に大学を卒業し[1]、三井鉱山(現:日本コークス工業)に入社した[2]。1939年11月に太平洋戦争のため召集された[2]

1956年5月にはメルボルン五輪のサッカー日本代表のコーチに就任した[3]。その後は三井三池製作所の常務などを務め、1992年3月26日に死去した[1]

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 0得点(1936)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1936 2 0 4 0 6 0
通算 2 0 4 0 6 0

出典[編集]

  1. ^ a b 「whoplus」(日外アソシエーツ) , 2014年9月18日閲覧
  2. ^ a b 「蹴球の佐野君應召」 読売新聞、1939年11月6日、2016年5月3日閲覧
  3. ^ 「日本代表候補決る」 読売新聞、1956年5月7日、2016年5月3日閲覧

参考文献[編集]

外部リンク[編集]