高橋豊二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高橋豊二 Football pictogram.svg
名前
カタカナ タカハシ トヨジ
ラテン文字 TAKAHASHI Toyoji
基本情報
生年月日 1915年9月
大日本帝国の旗 大日本帝国東京府
没年月日 1940年3月5日(満24歳没)
大日本帝国の旗 大日本帝国, 千葉県館山市
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
東京帝国大学
代表歴
1936 日本の旗 日本 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

高橋 豊二(たかはし とよじ、1915年9月[1] - 1940年3月5日)は、東京府出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。貴族院子爵議員を務めた高橋是賢の次男で[1]、第20代内閣総理大臣高橋是清は祖父に当たる。

略歴[編集]

成城中学時代よりサッカーを始め、東京帝国大学(現;東京大学)農学部に入学後もア式蹴球部に所属した[2]。在学中の1936年に開催されたベルリンオリンピックサッカー日本代表に選出され、オリンピック本選(1回戦のスウェーデン代表戦(ベルリンの奇跡)、2回戦のイタリア代表戦)での出場機会は無かったが、ヴァッカー英語版 戦など親善試合3試合に出場した[3]

是清が祖父であったため、当時のチームメイトからは「マゴ」と呼ばれていたという。なお、豊二がベルリン五輪代表に選出される直前の1936年2月26日、是清は二・二六事件によって暗殺されている。

大学卒業後、海軍に入隊し航空予備学生となったが、1940年3月に館山海軍航空隊で訓練中の事故により殉職した。享年26(数え年)。ベルリンオリンピック日本代表では最初の物故者であった。

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

1936年:親善試合

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ: 0試合 0得点 (1936年)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1936 0 0 3 0 3 0
通算 0 0 3 0 3 0

脚注[編集]

  1. ^ a b 『平成新修旧華族家系大成』下巻(霞会館、1996年)、25頁。
  2. ^ 朝日新聞』 (1936年4月24日)、2014年9月27日閲覧
  3. ^ 国際親善試合 (1936.07.14) ベルリン”. 日本サッカー協会. 2014年9月6日閲覧。

外部リンク[編集]