永井良和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
永井 良和 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナガイ ヨシカズ
ラテン文字 NAGAI Yoshikazu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1952年4月16日(62歳)
出身地 埼玉県浦和市
(現:さいたま市浦和区
身長 169cm
体重 60kg
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1971-1988 古河電工 272 (63)
代表歴
1971-1980 日本の旗 日本 69 (9)
監督歴
1989-1991
1992-1993
1996
1998-2000
2001
2006-2007
日本ユース代表
ジェフユナイテッド市原
福島FC
アルビレックス新潟
横浜FC
浦和レッドダイヤモンズ・レディース
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

永井 良和(ながい よしかず、1952年4月16日 - )は、日本の元サッカー選手、サッカー指導者。埼玉県浦和市(現・さいたま市浦和区)出身。息子の永井俊太も元サッカー選手。

来歴[編集]

浦和南高校時代から快速フォワードとしてその名を知られ、当時の漫画・アニメーション『赤き血のイレブン』の主人公・玉井真吾のモデルとなった。

卒業後に日本サッカーリーグ古河電気工業サッカー部へ入部。選手として1977年度のJSL、天皇杯の二冠や、1985-86年度JSL優勝などに貢献した。また1976年に日本年間最優秀選手賞を受賞した。

1987-88シーズンを最後に現役を退いてから、古河サッカー部コーチと日本ユース(U-18)のコーチ、監督を併任。1992年プロ化されてから最初のジェフ市原監督として活動した後、1996年には福島FC、1998-2000年にはアルビレックス新潟、2001年には横浜FCの監督としても活動した。2006年からはなでしこリーグ浦和レッドダイヤモンズ・レディースの監督に就任した。彼にとって浦和は地元であり、Jリーグ始まって以来初めて地元での指導ということで、彼に期待する声は大きかった。成績も上位を維持しフロントからの続投要請もあったが、2007年のシーズンをもって監督を退任。

2008年4月1日よりフクダ電子スクエア内のサッカースクール《永井良和サッカースクール》のスクールマスターに就任(クラブ代表は木之本興三)。自身も指導に日々携っている。2009年4月より、アブレイズ千葉SCジュニアユースチームのクラブチーム登録に伴い、一期生となるU-13チームの監督も兼任し指揮を執る。2010年4月よりU-12,U-13,U-14のカテゴリーとなり、2010年度指導のU-14は一年目にして千葉県で強豪チームとなっている。2009年度千葉海浜リーグでは11勝2敗2分となっており5月に行われる千葉県U-13チャンピオンズリーグに出場も決め育成というところにおいても評価が高くなっている。なおチームスタイルは堅実ながら得点52点とリーグでもトップクラスの得点力をもつチームに仕上げていると共に、個人成績部門では得点王も出している。 2010年4月に行われた千葉県クラブユース選手権では、一学年上のU-15のチームを相手にブロック予選を勝ち抜き、決勝トーナメント進出するも敗北。選手全員が中学2年生というなか、予選より年上の中学3年生を相手に善戦した。 その後の千葉県ユース、高円宮杯ブロック予選でも中学3年生を相手に代表決定戦に進出するなど確実に力を付けつつある。 また、千葉海浜リーグでも上位を維持しておりチャンピオンズリーグ3大会連続出場をしている。また、個人成績部門で3年連続の得点王と2011年度はアシスト王も出している。2012年8月現在U-15は県リーグ2部1位を決め、県リーグ参入2年での1部昇格を決めた。

奥寺康彦(横浜FCゼネラルマネジャー)とは選手、指導者として相性も良い。2008年に行われた赤き血のイレブンカップ(フクダ電子スクエア開催)では旧日本代表チームの一員として永井、奥寺のツートップが観られた。

2012年8月、日本サッカー殿堂入り[1]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1971 古河 JSL 10 2 -
1972 JSL1部 10 0 -
1973 18 2
1974 18 5 -
1975 18 7 -
1976 18 5
1977 18 14
1978 18 1
1979 18 6
1980 17 3
1981 15 6
1982 10 1
1983 12 1
1984 14 5
1985 22 3
1986-87 14 0
1987-88 22 2
通算 日本 JSL1部 272 63
総通算 272 63

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 69試合 9得点(1971-1980)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1971 4 1 7 0 11 1
1972 0 0 2 0 2 0
1973 5 0 8 0 13 0
1974 4 1 19 0 23 1
1975 11 1 7 0 18 1
1976 17 2 7 1 24 3
1977 5 0 22 4 27 4
1978 12 1 12 3 24 4
1979 9 3 10 2 19 5
1980 2 0 2 0 4 0
通算 69 9 96 10 165 19

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1971年10月2日 大韓民国ソウル 韓国の旗 韓国 1-2 敗戦 ミュンヘン五輪予選
2 1974年7月23日 ルーマニアコンスタンツァ ルーマニアの旗 ルーマニア 1-4 敗戦 親善試合
3 1975年6月21日 香港 シンガポールの旗 シンガポール 2-1 勝利 アジアカップ予選
4 1976年8月8日 マレーシアクアラルンプール インドの旗 インド 5-1 勝利 ムルデカ大会
5 1976年12月4日 日本東京 韓国の旗 韓国 1-2 敗戦 日韓定期戦
6 1978年5月23日 日本、名古屋市 タイの旗 タイ 3-0 勝利 ジャパンカップ
7 1979年5月31日 日本、東京 インドネシアの旗 インドネシア 4-0 勝利 ジャパンカップ
8 1979年6月16日 大韓民国、ソウル 韓国の旗 韓国 1-4 敗戦 日韓定期戦
9 1979年7月13日 マレーシア、クアラルンプール シンガポールの旗 シンガポール 3-1 勝利 ムルデカ大会

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 カテゴリー クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 ナビスコ杯/なでしこ杯 天皇杯/皇后杯
1992 J 市原 - 6位 準々決勝
1993 8位 36 - 14 - 22 予選リーグ 準々決勝
1996 旧JFL 福島FC 14位 30 22 7 - 23 - 2回戦
1998 新潟 11位 30 34 12 - 18 - 3回戦
1999 J2 4位 36 58 20 2 14 1回戦 3回戦
2000 7位 40 46 15 5 20 1回戦 3回戦
2001 横浜FC - 31 11 1 19 2回戦 -
2006 なでしこ1部・上位 浦和レッズレディース 準優勝 17 38 12 2 3 - 準決勝
2007 なでしこ1部 3位 21 48 15 3 3 準優勝 準決勝
  • 2001年は途中退任。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]