八重樫茂生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
八重樫 茂生 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヤエガシ シゲオ
ラテン文字 YAEGASHI Shigeo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1933年3月24日
大日本帝国の旗 朝鮮大田
没年月日 2011年5月2日(満78歳没)
日本の旗 日本東京都
身長 174cm
体重 69kg
選手情報
ポジション FW/MF
ユース
1954-1957 日本の旗 早稲田大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
0000-1969 日本の旗 古河電工 51 (14)
代表歴2
1956-1968 日本の旗 日本 44 (11[1])
監督歴
1967-69
1971-??
1977-78
1985-88
古河電工
日本ユース代表
富士通
富士通
1. 国内リーグ戦に限る。2009年9月21日現在。
2. 2009年9月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

八重樫 茂生(やえがし しげお、旧名:茂夫1933年3月24日 - 2011年5月2日[2])は日本サッカー選手、サッカー指導者。

人物[編集]

1968年メキシコシティオリンピックにおいて、サッカー日本代表のキャプテンとして銅メダル獲得に貢献した「伝説のキャプテン[2]。ポジションは当初フォワードだったが、途中からミッドフィルダーとしてゲームメイク役を担った[3][4]

古河電気工業サッカー部では、1963年に最優秀選手に選ばれるなど活躍した後、1967年には選手兼任監督となり、Jリーグ開幕後はジェフ市原(現・ジェフユナイテッド市原・千葉)でスーパーバイザーを務めた。

2011年5月2日、脳梗塞のため東京都多摩市日本医科大学多摩永山病院で死去[5]。78歳没[2]

来歴[編集]

1933年、当時日本統治時代の朝鮮大田で生まれ、岩手県和賀郡東和町[6](現花巻市)で幼少期を送る。岩手県立盛岡第一高等学校から中央大学に進学し、中央大学サッカー部で新人王を獲得。その後、早稲田大学第二商学部に編入[1][3]早稲田大学ア式蹴球部に所属し、在学中に日本代表に選出された。

1956年メルボルンオリンピックに出場した後、1960年に来日したデットマール・クラマーの指導を受け、1964年東京オリンピック1968年のメキシコシティオリンピックと都合3度のオリンピックに出場した[1]1960年ローマオリンピックは怪我のため出場できず、日本代表も本大会出場は出来なかった)。特に、キャプテンを務めた東京オリンピックとメキシコシティオリンピックでは釜本邦茂らをまとめ上げ、それぞれベスト8、銅メダル獲得という快挙を成し遂げた[3]。1963年には第3回日本年間最優秀選手賞(フットボーラー・オブ・ザ・イヤー)を受賞している[1]

1968年のメキシコシティオリンピックでは初戦のナイジェリア戦でラフプレーを受けて[7]靱帯断裂の怪我を負い残り試合出場は不可能となり、その後は松葉杖をつきながら全18人のユニフォームを1人で洗うなどサポートに回った[4][3][8]

2005年、第1回日本サッカー殿堂入り[1]2006年からグルージャ盛岡のスーパーアドバイザーを務めていた[3]

八重樫の死の翌日、ジェフユナイテッド市原・千葉は喪章をつけて試合に臨んだ[9]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 - 天皇杯 期間通算
1965 古河 JSL 5 -
1966 5 -
1967 2 -
1968 2 -
1969 0 -
通算 日本 JSL 51 14 -
総通算 51 14 -

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 JSL杯 天皇杯
1967 JSL 古河 準優勝 14 20 8 4 2 - 辞退
1977 JSL1部 富士通 9位 18 20 3 2PK勝 4PK敗 9 予選敗退 2回戦
1978 JSL1部 9位 18 17 3 1PK勝 3PK敗 11 予選敗退 準々決勝
1985 JSL2部・東 8位 10 10 4 2 4 2回戦 予選敗退
JSL2部・下位 4 8 4 0 0
1986 JSL2部・下位/東 10位 20 24 11 2 7 2回戦 予選敗退
1987 JSL2部・下位/東 10位 20 22 9 4 7 2回戦 1回戦
1988-89 JSL2部・東 4位 14 20 8 4 2 1回戦 1回戦
JSL2部・上位 14 16 6 4 4

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 44試合 11得点(1956-1968)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1956 3 0 3 1 6 1
1957 0 0 7 2 7 2
1958 2 0 0 0 2 0
1959 4 0 1 0 5 0
1960 1 0 12 4 13 4
1961 7 2 4 1 11 3
1962 7 3 5 0 12 3
1963 5 4 10 8 15 12
1964 2 2 19 3 21 5
1965 4 0 9 2 13 2
1966 2 0 8 0 10 0
1967 3 0 11 0 14 0
1968 4 0 12 0 16 0
通算 44 11 101 22 145 33

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1961年8月2日 マレーシアクアラルンプール マレーシアの旗 マラヤ連邦 2-3 敗戦 ムルデカ大会
2 1961年8月10日 ベトナムの旗 南ベトナム 2-3 敗戦
3 1962年8月25日 インドネシアジャカルタ インドの旗 インド 3-1 勝利 1962年アジア競技大会
4 1962年9月8日 マレーシア、クアラルンプール マレーシアの旗 マラヤ連邦 2-2 引分 ムルデカ大会
5 1962年9月12日 パキスタンの旗 パキスタン 1-1 引分
6 1963年8月8日 ベトナムの旗 南ベトナム 4-3 勝利
7 1963年8月12日 5-1 勝利
8
9
10 1964年3月3日 シンガポール シンガポールの旗 シンガポール 2-1 勝利 親善試合
11 1964年10月16日 日本東京 ガーナの旗 ガーナ 2-3 敗戦 東京五輪

著書[編集]

  • 『サッカー改訂新版 少年チームから一流選手まで』(1975年、講談社)ISBN 4061414038

関連書籍[編集]

  • 『サッカーと対峙した男 八重樫茂生』(1998年、加藤栄二著、三一書房)ISBN 4380982556

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 元日本代表主将の八重樫茂生氏が死去”. デイリースポーツ (2011年5月3日). 2011年5月4日閲覧。
  2. ^ a b c 〈評伝〉伝説の主将 不滅の銅 八重樫茂生さん 1/2”. 朝日新聞 (2011年5月4日). 2011年5月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e 銅のメキシコ五輪で主将…八重樫茂生さん死去”. スポーツニッポン (2011年5月4日). 2011年5月4日閲覧。
  4. ^ a b c d e 八重樫茂生さん死去:日本サッカー界の一時代築いた功労者”. 毎日新聞 (2011年5月3日). 2011年5月4日閲覧。
  5. ^ 訃報連絡”. 日本サッカー協会 (2011年5月3日). 2011年5月4日閲覧。
  6. ^ メキシコ五輪サッカー銅メダル 八重樫茂生さん死去”. IBC岩手放送 (2011年5月4日). 2011年5月4日閲覧。
  7. ^ 〈評伝〉伝説の主将 不滅の銅 八重樫茂生さん 2/2”. 2011年5月4日閲覧。
  8. ^ メキシコ銅伝説の主将八重樫茂生氏死去”. 日刊スポーツ (2011年5月4日). 2011年5月4日閲覧。
  9. ^ 【J2:第10節 千葉 vs 愛媛】ドワイト監督(千葉)記者会見コメント(11.05.04)”. J's GOAL (2011年5月4日). 2011年5月4日閲覧。
  10. ^ メキシコ五輪サッカー銅の八重樫茂生氏が死去”. 報知新聞 (2011年5月4日). 2011年5月4日閲覧。

外部リンク[編集]