ジョゼフ・ベングロシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョゼフ・ベングロシュ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Jozef Vengloš
基本情報
国籍 スロバキアの旗 スロバキア
生年月日 (1936-02-18) 1936年2月18日
出身地 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア ルジョムベロク
没年月日 (2021-01-26) 2021年1月26日(84歳没)
選手情報
ポジション MF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョゼフ・ベングロシュヨゼフ・ヴェングロシュJozef Vengloš, 1936年2月18日 - 2021年1月26日[1])はスロバキアルジョムベロク出身の元サッカー選手、サッカー監督。敬称はDr。

ヨーロッパサッカー界における重鎮の一人で、監督業の傍らFIFAUEFAのテクニカルスタッフを兼ねていた。監督業引退後はブラチスラヴァにサッカースクールを開いていた。

主な経歴[編集]

チェコスロバキア代表で、1978年から1982年にかけてと1987年から 1990年にかけての二度にわたってチェコスロバキア代表の監督を務めた。 第1次政権では、EURO '80で第3位に入り、1982 FIFAワールドカップに出場している。第2次政権では1990 FIFAワールドカップでベスト8へ進んだ。

ワールドカップ終了後の1990年にはイングランドへ渡り、アストン・ヴィラの監督を務め、イングランド国内リーグでははじめての外国人監督となった。

2002年、日本のジェフユナイテッド市原監督に就任。同時に2002 FIFAワールドカップでテクニカルスタディーズグループのチーフも務めた。

2003年以降は、地元スロバキアのサッカースクールでの育成に専念する傍ら、2006 FIFAワールドカップでもテクニカルスタディーグループのスタッフとして従事した。

その他にも多数のFIFAによる世界選抜チーム、UEFAによるヨーロッパ選抜チームの監督の経験がある。

2021年1月26日死去[2]。84歳没。

選手経歴[編集]

監督経歴[編集]

エピソード[編集]

  • ベングロシュはジェフユナイテッド市原の監督を務めながらFIFAUEFAの役職を兼任していた。当時、そのFIFAやUEFA向けにレターを出すときは「JEFUNITED」のロゴが入った封筒を使っていた。そのため真偽の程は別として、FIFAやUEFA内部で一番有名なJリーグクラブはジェフユナイテッドであるというジョークが生まれた。
  • ジェフを退団する際に次期監督として、イヴィツァ・オシムを推薦したのは彼だと言われている。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]