高森泰男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高森 泰男 Football pictogram.svg
名前
カタカナ タカモリ ヤスオ[1]
ラテン文字 TAKAMORI Yasuo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1934-03-03) 1934年3月3日[1]
出身地 岡山県[2]
没年月日 2016年以前
身長 168cm[3]
体重 72kg[3]
選手情報
ポジション FB
ユース
1949-1951 関西高等学校
1952-1955 立教大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1956-1968 日本鋼管 28 (0)
代表歴
1955-1963 日本の旗 日本 30 (0)
監督歴
1962-1966 日本鋼管
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

高森 泰男(たかもり やすお、旧姓:景山1934年3月3日 - 2016年以前)は、岡山県出身のサッカー選手、サッカー指導者。ポジションはFB

経歴[編集]

関西高等学校時代の1951年に全国高等学校蹴球選手権大会(後の全国高等学校サッカー選手権大会)でベスト8進出。1952年に立教大学に入学。在学中の1953年には高林隆と共に日本学生選抜に選出され、第3回国際大学スポーツ週間英語版ユニバーシアードの前身)に出場した。

大学2年次の1955年に日本代表に選出され、1月2日のビルマ(保健大臣チーム)戦で初出場を果たした。大学4年次の1956年にメルボルンオリンピック予選の日本代表に選出・出場し、同年11月の本大会にも出場した[3]

1956年に大学を卒業して日本鋼管サッカー部に入部。闘志を前面に出した激しいディフェンスで中心選手として活躍、高森のプレースタイルは後の日本鋼管のチームカラーとなるなど、強い影響力を与えた。また1962年から1966年まで選手兼任監督を務めた。また、1958年アジア大会、1959年のローマオリンピック予選、1960年の1962 FIFAワールドカップ・予選に出場するなど、通算で国際Aマッチ30試合に出場した。

なお、詳細な没年は不明であるが、2016年7月時点で故人となっている[2]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 - 天皇杯 期間通算
1967 鋼管 JSL 14 0 -
1968 14 0 - - 14 0
通算 日本 JSL 28 0 -
総通算 28 0 -

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 30試合 0得点(1955-1963)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1955 5 0 2 0 7 0
1956 3 0 3 0 4 0
1957 0 0 7 0 7 0
1958 4 0 1 0 5 0
1959 10 0 7 0 17 0
1960 1 0 10 1 11 1
1961 2 0 4 0 6 0
1962 3 0 0 0 3 0
1963 2 0 4 0 6 0
通算 30 0 40 1 70 1

指導歴[編集]

監督成績[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 『日本代表公式記録集2008』 日本サッカー協会、2008年、563頁。
  2. ^ a b リオへ、ファジ矢島が五輪初出場 岡山勢男子は60年ぶり2人目”. 山陽新聞 (2016年7月1日). 2016年7月8日閲覧。
  3. ^ a b c メルボルンオリンピック”. 日本サッカー協会. 2016年7月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]