今西和男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
今西 和男 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イマニシ カズオ
ラテン文字 IMANISHI Kazuo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1941-01-12) 1941年1月12日(76歳)
出身地 広島市中区平塚
身長 174cm[1]
体重 72kg[1]
選手情報
ポジション DF
ユース
日本の旗広島市立舟入高校
1959-1963 日本の旗東京教育大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1963-1969 日本の旗 東洋工業 42 (0)
代表歴2
1966-1967[2] 日本の旗 日本 3 (0)
監督歴
1970-1971 日本の旗 東洋工業 (Assistant)
1984-1992 日本の旗 マツダ
1. 国内リーグ戦に限る。2007年10月15日現在。
2. 2007年10月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

今西 和男(いまにし かずお、1941年1月12日 - )は、広島県広島市中区東平塚出身の教育者、元サッカー選手、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)。現役時代のポジションはDF

吉備国際大学教授

人物[編集]

一流のサッカー選手である前に、一流の社会人であれ

—今西和男[3]

サッカーだけの人間にはなるな

—今西和男[3]

日本におけるゼネラルマネージャーの地位を確立させた人物。サッカー界では日本の元祖ゼネラルマネージャーとも称される[4]

マツダ/サンフレッチェ広島F.Cでのチーム作りに辣腕を振り、大分トリニータ愛媛FCFC岐阜がJリーグ入りを目指していたころにアドバイザーとして参加もしている[5][6]

育成に実績があり、森保一久保竜彦らの無名選手を発掘し、小林伸二松田浩らの指導者を育成した[7][8] [5]。今西が整備したサンフレッチェ広島アカデミー[3] は、2012年現在日本有数の育成組織の評価を受けている。若手選手に対して一人前の社会人であることを厳しく求め[9]、その厳しく育てられた広島の選手や指導者はのちにJリーグの各クラブで指導者として活躍している[10]

選手としてだけでなく、総監督やGM、日本サッカー協会の幹部として、日本サッカーの発展に多大な貢献をした人物である[1]

大甥、今西の姉の孫が為末大[11]

来歴[編集]

米軍による1945年作成地図。右から2つ目の大きな川が京橋川で大きくカーブする付近が平塚(HIRATSUKACHŌ表記)、そこから上側の京橋川と猿猴川の分岐点の上側が二葉の里(FUTABANOSATO表記)。赤斜線が示す通り2箇所とも建物全壊地区。

被爆[編集]

広島市中心部の遊廓近く、東平塚の生まれ育ち[12]。兄と2人の姉がいる[11]太平洋戦争末期である1945年4月には二葉の里(現東区)に疎開[注 1]していた[12]。父親は大日本帝国海軍に召集されて八幡(現北九州市)にいた[11]

1945年8月6日午前8時15分、今西が4歳の時に広島市への原子爆弾投下により被爆[12]。ちょうどその時、爆心地から約2kmに位置した疎開先である二葉の里の貸家の2階にいて、全身の左半分に閃光が襲った[12][13][14]。自宅は倒壊するも奇跡的に助かり、母親とともに近くの山(双葉山)の防空壕に逃げ込んだ[15]。翌日、矢賀(現東区)の親類の家へ疎開した[15][12]

なお、左手足に今もケロイドが残る[13][14]

学生時代[編集]

幼いころから足が早く、進学した国泰寺中学校でも運動部に入ろうと思っていた[12]。同校サッカー部には1年先輩に野村六彦、同級生に宮本輝紀がいたが、当時サッカー部の人数が多くて今西は入部できなかったことに加え、ツベルクリン反応で陽性が出てしまったため激しい運動をすることが出来なかった[13][14][12]

舟入高等学校へ入学すると柔道部へ入部するも、1958年高校2年生の時に野村六彦に誘われサッカー部へ入部する[13][14][12]。右足を強化するため、藁を巻いたゴールポストを蹴っていた[13][12]。デビュー戦となった広大付属戦では左フルバック(ディフェンダー)で出場、鬼武健二をマークして勝利を収めた[13][16]。同年、高校選手権に出場することができた[13]

その後、舟入高校の臨時コーチをつとめた東洋工業(現マツダ)の日本代表DFである小沢通宏との出会いから東京教育大学(現筑波大学)体育学部へ進学、蹴球部に入部すると1年生からレギュラーとして活躍した[13][16][17]。同期に坂田信久、3学年上に上田亮三郎、1学年上に勝澤要、1学年下に松本光弘がいる。当時は広島サッカーの黄金時代で、前述の選手ら数多くの広島出身者が関東の大学に進学。東教大蹴球部も広島出身者が多数を占め「広島出身でなければサッカーマンに非ず」的ムードさえあり、部員の会話は広島弁になるほどだった[18]。たまたま東教大に来ていたデットマール・クラマーからも指導を受けている[11]

東洋工業/マツダ時代[編集]

1963年、東洋工業へ入社、東洋工業蹴球部(のちのマツダSC、現サンフレッチェ広島)入り。下村幸男監督のもとで小沢・丹羽洋介桑原弘之らと強靭なフルバックとして活躍、小城得達桑原楽之桑田隆幸松本育夫石井義信船本幸路らとともに1965年から創設された日本サッカーリーグ(JSL)の初年度から1968年までの不滅の四連覇に大きく貢献した[19]。1966年には日本代表(当時の名称は全日本)に選出されアジア競技大会(バンコク)出場[2]。1967年、膝の靭帯を痛めたが当時のスポーツ医学では分からず、分かったのは1969年の引退後だった。1969年、腰の怪我により引退した[16]。その後は1971年までDF専門のコーチをしていた。

その後、一切サッカーから離れマツダでの社業に専念、広島マツダで車の販売業務や本社総務で福利厚生や社員独身寮の管理を行なっており、社業でも優秀な成績を収め同期の中でも早い出世街道を歩いていた[7][16]

1982年、当時総務部部長だった小沢やサッカー部部長だった芳野統男に要請され再びサッカー部に携わり、副部長・総監督に就任する[20][7][21]。低迷が続くチームの浮上策として改革を行った[21]。1984年、マツダSC監督につきハンス・オフトをコーチに招聘[1][21]、現場はオフトが指揮し今西はゼネラルマネージャー(GM)業務を行う分業制でチーム運営することになった[7]。選手育成に長けていたオランダのフェイエノールトアヤックス・アムステルダムをオフトのコネで見学し、GM業務の参考にした[7]。1986年から日本リーグ1部にチームを復帰させるが、1988年再び2部に転落。1991年1部復帰の成果を得る。

後にオフトは日本代表監督となるが、その招集には今西も関わっており、またオフトからオファーを受けるに当たり相談を受けている[22]

Jリーグ初期[編集]

1986年、プロ化に向けた話が始まり準備を進める中、親会社であるマツダが業務不振からJリーグ参入に消極的な姿勢を取っていた[21][23]。そこでチーム名に企業名が入らないことを逆手に取り、広島県内の企業にチームへ出資して貰うために走り回った。1992年Jリーグ創設でサンフレッチェ広島が発足すると取締役強化部長兼・総監督に就任。

この間、後に日本代表となる森保一ら若手の育成、ドイツ・ブンデスリーガでプレーしていた風間八宏をチームリーダーとして熱心に口説き入団させ、盧廷潤イワン・ハシェックらの外国人選手やスチュワート・バクスター監督らの招聘、フジタ工業(現・湘南ベルマーレ)にいた高木琢也の獲得などで、Jリーグ創設2年目のファーストステージを制覇した。「サンフレッチェ一家のおおらかな親分」のような存在で、大きなガタイはいかにもエネルギッシュ、また面倒見のよさでまわりや選手達にも信頼された。

ノーマークの西端のチームの優勝は、驚きを持って迎えられ、当時はまだ爆発的サッカー人気が持続していたため、総監督として長年チーム作りに尽力した今西が「ゼネラルマネージャー」と称されTV雑誌に大いに取り上げられた。サンフレッチェ優勝を伝えた1994年の写真週刊誌FLASH』6月28日号9頁に、今西を「ゼネラルマネージャー」と紹介した記述が見られる。日本で「ゼネラルマネージャー」という言葉が定着したのはこの時からとされ、近年サッカー専門誌も今西を「日本におけるゼネラルマネージャーの元祖のような存在」「日本の元祖ゼネラルマネージャー」と評している[4]

日本サッカー協会[編集]

1994年、新設された強化委員会の副委員長に就任[24] して陣頭指揮にあたり、ユース年代の強化育成、指導者養成システムの拡充、五輪チーム、A代表のサポートなどに腕を振るった。

1996年、日本代表監督更新の時期において、加藤久強化委員長以下強化委員会は、当時日本代表監督であった加茂周を諦めネルシーニョを新監督にするようサッカー協会幹部に推薦した。しかし長沼健会長以下協会幹部は加茂の続投を決定した。ネルシーニョには次期監督として契約の話を進めていたところへ協会幹部の急な変更となったことから、ネルシーニョは協会幹部を「腐ったみかん」と批判した。このゴタゴタの影響から加藤以下強化委員は辞職し、今西のみが強化委員として残ることになった[24][25]

1997年、フランスW杯アジア地区最終予選において、日本代表は途中から低調となった。そこで今西は加茂更迭および岡田武史ヘッドコーチの昇格を強硬に進言した[26]。長沼も劇的な変化が必要だと理解し加茂更迭および岡田就任を了承した。岡田監督の下、日本は初のワールドカップ本大会出場を決めた(ジョホールバルの歓喜参照)。このため今西は日本のワールドカップ初出場の最大の功労者、と評価されることもある。

その後強化委員会は改変し権限を縮小され技術委員会と名を改め[25]、今西は副委員長を務め、2002 FIFAワールドカップ開催終了を機に技術委員を退任[27] した。

広島総監督/顧問時代[編集]

一方広島では、1996年ごろからJリーグバブルがはじけ、チームは経営不振となった。チーム存続のため、主力の減俸や高木琢也や森保一などの主力放出を断行し、他チームの戦力外選手を安く雇うなどをしながらも、若手を育て経営安定に努めた。また監督は選手育成型の外国人監督を必ず選び、次に繋げるため日本人コーチを加える編成を作ることをモットーとした[28]

また、Jリーグ新規参入クラブとして活動しだした、大分トリニータ愛媛FCの創設にアドバイザーとして参加し、自身の持つノウハウを伝授した[6]

2002年に監督・外国人選手・主力の怪我人を埋める補強がすべてうまくいかずチームはJ2降格、シーズン後に責任を取るかたちで総監督を辞任した[28]。翌2003年から広島顧問(ゼネラルアドバイザー)に就任。同時期に広島都市圏でのサッカー専用スタジアム建設を目指す「スタジアム推進プロジェクト」の事務局長し、広島市民球場跡地など候補を絞りプロジェクトを進めていたが、結果として結びつかなかった[29]。2007年1月31日をもって広島顧問を退任[30]

FC岐阜[編集]

2005年、当時東海2部にいたFC岐阜の顧問に就任[注 2]し、アドバイザーとして翌年東海1部・翌々年JFL昇格を影から支えた。2007年2月1日からはFC岐阜のゼネラルマネージャーに就任、経営の改善努力などが実り、同年J2参入にこぎつけた。昇格後は岐阜社長も兼務、Jリーグ昇格前の負債を解消するため奔走した。2010年、服部順一にGM職を受け渡し、社業に専念することになった[31]

今西がアドバイザーとしてFC岐阜に参加した時、すでに経営はまともに運営されておらず、今西は経営安定化に尽力した[5]。しかし好転せず、Jリーグクラブライセンス制度導入を前に資金不足に陥る可能性が高くなったことから、2012年JリーグからFC岐阜は「予算管理団体」に指定される。これに対し、岐阜の筆頭株主である岐阜県古田肇知事[32] や岐阜市の細江茂光市長[33] から今西の経営責任を問われる状況にまで発展した。同年8月末、資金不足解消のめどがたち次年度もクラブ存続が可能となったこともあり、服部GMとともに経営責任を取る形で辞任した[34][35]。その後、顧問として席を置いている[36]

現在[編集]

2005年から吉備国際大学スポーツ社会学科教授、サッカー部総監督に就任し、現在も在籍している。

略歴[編集]

  • 広島市立国泰寺中学校
  • 広島市立舟入高等学校
  • 東京教育大学
  • 1963年 - 1994年 : 東洋工業/マツダ
    • 1963年 - 1970年 : 東洋工業蹴球部選手
    • 1970年 - 1971年 : 東洋工業蹴球部コーチ
    • 1982年 - 1992年 : マツダSC副部長・総監督
      • 1984年 - 1987年 : マツダスポーツクラブ監督
      • 1988年 - 1992年 : マツダサッカー部監督
  • 1992年 - 2002年 : サンフレッチェ広島総監督
    • 1994年 : サンフレッチェ広島強化部長
    • 1995年 - 1999年 : サンフレッチェ広島取締役強化部長
    • 2000年 - 2002年 : サンフレッチェ広島取締役専務
  • 1994年 - 1997年 : 日本サッカー協会強化委員
  • 1997年 - 1999年 : 日本サッカー協会強化副委員長
  • 1999年 - 2002年9月 : 日本サッカー協会技術副委員長/強化本部委員
  • 2003年 - 2007年1月 : サンフレッチェ広島顧問
    • 2005年 : Jリーグマッチコミッショナー
    • 2003年 - 2007年1月 スタジアム推進プロジェクト事務局長
  • 2005年 - 2007年1月 : FC岐阜顧問
  • 2007年2月 - 2009年 : FC岐阜ゼネラルマネージャー
  • 2008年 - 2012年8月 : FC岐阜社長
  • 2005年 - 現在 : 吉備国際大学教授
    • 2005年 - 現在 : 吉備国際大学サッカー部総監督

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 - 天皇杯 期間通算
1965 東洋 JSL 9 0 -
1966 14 0 -
1967 14 0 -
1968 5 0 -
1969 0 0 -
1970 0 0 -
通算 日本 JSL 42 0 -
総通算 42 0 -

タイトル[編集]

  • 年間優秀11人賞(ベスト11) : 1966年

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 3試合 0得点(1966)[2]


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1966 3 0 7 0 10 0
1967 0 0 1 0 1 0
通算 3 0 8 0 11 0

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 JSL杯 天皇杯
1984 JSL2部 マツダ 6位 18 18 7 4 7 ベスト8 2回戦
1985 JSL2部・西 準優勝 10 12 5 2 3 1回戦 ベスト4
JSL2部・上位 10 11 3 5 2
1986-87 JSL1部 7位 22 23 6 11 5 1回戦 2回戦
1988-89 JSL2部・西 5位 14 22 9 4 1 ベスト8 1回戦
JSL2部・上位 14 14 5 4 5
1989-90 JSL2部 3位 30 67 20 7 3 2回戦 ベスト8
1990-91 JSL2部 準優勝 30 74 24 2 4 ベスト8 2回戦
1991-92 JSL1部 6位 22 27 7 6 9 ベスト4 ベスト8

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 東平塚からの疎開そして実家ごと疎開であることから、防火帯(現在の平和大通り)整備のための建物疎開であった可能性がある。
  2. ^ きっかけは1999年に広島に一時在籍していた森山泰行から「将来は地元に帰って小さなクラブを作り、大きく育てたい」というビジョンを聞かされたこと。その後森山はFC岐阜加入し、その直後に今西に顧問就任を要請、今西はこれを快諾した。
出典
  1. ^ a b c d 東京スポーツ』2008年2月6日 <日本代表を作った男たち>
  2. ^ a b c “今西 和男”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_a/kazuo_imanishi.html 
  3. ^ a b c Jリーグニュース vol.12 (PDF)”. Jリーグ (2010年3月31日). 2012年6月23日閲覧。
  4. ^ a b サッカー批評』44、2009年9月10日発行、双葉社、70頁。
  5. ^ a b c 【FC岐阜】今西和男が広島でやり残したこと”. Sportiva. 2012年6月23日閲覧。
  6. ^ a b #GM論
  7. ^ a b c d e #今西インタビュー、#4
  8. ^ 記者コラム「見た 聞いた 思った」、優れた指導者の条件”. ニッカンスポーツ (2005年5月29日). 2012年6月23日閲覧。
  9. ^ 恩師・今西和男さん”. サムライ吉田安孝がサンフレッチェ広島を斬る (2007年1月23日). 2012年6月23日閲覧。
  10. ^ Jリーグ20年、熊本の場合”. J's GOAL (2012年5月17日). 2012年6月23日閲覧。
  11. ^ a b c d 次代へのバトン:戦後70年を語る/1 広島市出身の被爆者でJ1広島・元総監督、今西和男さん(74)/上”. 毎日新聞 (2015年8月11日). 2015年9月20日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i 【育将・今西和男】 被爆の後遺症を乗り越えて、日本代表選手に”. スポルティーバ (2015年8月6日). 2015年8月7日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h #今西インタビュー、#1
  14. ^ a b c d 被爆の後遺症に負けず”. 朝日新聞 (2012年6月5日). 2012年6月23日閲覧。
  15. ^ a b FC岐阜ゼネラルマネジャー・今西和男さん、自分の体験語る決意”. 毎日新聞 (2009年8月5日). 2012年6月30日閲覧。
  16. ^ a b c d DFで活躍 けがで引退”. 朝日新聞 (2012年6月6日). 2012年6月23日閲覧。
  17. ^ #今西インタビュー、#2
  18. ^ 勝沢要『イレブンよ 熱き大地を駆けろ』、テレハウス、1986年1月、102頁
  19. ^ #今西インタビュー、#3
  20. ^ 【育将・今西和男】のちの日本代表監督ハンス・オフトを招聘した男”. スポルティーバ (2015年10月10日). 2015年10月11日閲覧。
  21. ^ a b c d 地元支援 プロ化かなう”. 朝日新聞 (2012年6月7日). 2012年6月23日閲覧。
  22. ^ 【育将】オフトが振り返る。「あの試合、イマニシがいてくれたら」”. スポルティーバ (2015年10月18日). 2015年10月19日閲覧。
  23. ^ #今西インタビュー、#5
  24. ^ a b 監督問題でゴタゴタ”. 朝日新聞 (2012年6月12日). 2012年6月23日閲覧。
  25. ^ a b 協会の体質改善なくして、代表強化なし”. 二宮清純スポーツコミュニケーションズ (2010年9月19日). 2012年6月23日閲覧。
  26. ^ 岡田監督でW杯出場”. 朝日新聞 (2012年6月13日). 2012年6月23日閲覧。
  27. ^ 肌で感じた国際舞台”. 朝日新聞 (2012年6月15日). 2012年6月23日閲覧。
  28. ^ a b #今西インタビュー、#6
  29. ^ #今西インタビュー、#8
  30. ^ #今西インタビュー
  31. ^ J2岐阜悲願の「1」へ 倉田監督「昇格争いだ」 2010年1月20日付けスポーツニッポン
  32. ^ FC岐阜「社長に経営責任」 予算管理団体で知事言及”. 岐阜新聞 (2012年6月13日). 2012年6月23日閲覧。
  33. ^ 「FC岐阜、社長交代を」細江市長、経営責任に言及”. 岐阜新聞 (2012年7月25日). 2012年8月16日閲覧。
  34. ^ 今西和男代表取締役社長、服部順一取締役、辞任のお知らせ”. FC岐阜 (2012年8月24日). 2012年8月24日閲覧。
  35. ^ FC岐阜、来季存続へ 今西社長辞意、薫田氏で後任調整”. 岐阜新聞 (2012年8月25日). 2012年8月25日閲覧。
  36. ^ FC岐阜新社長に県OB”. 朝日新聞 (2012年9月2日). 2012年9月8日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
松原郁夫
FC岐阜代表取締役社長
2008-2012
次代:
薫田大二郎