薫田大二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

薫田 大二郎(くんだ だいじろう、1945年4月26日 - )は、岐阜県出身の実業家JリーグFC岐阜前代表取締役社長で現在は会長。

来歴[編集]

1970年岐阜県庁に入庁。県理事や岐阜市助役などを歴任した。2000年頃には、岐阜駅前の商業施設「アクティブG」や淡水魚の水族館「アクア・トトぎふ」の立ち上げに尽力した[1]。県庁退職後は県土地開発公社などで理事長を務めた[2]

2012年県知事古田肇からJリーグFC岐阜の社長就任の要請を受け、経営悪化の責任を取り辞任した今西和男の後任として9月1日付で代表取締役社長に就任[3]

2014年4月に恩田聖敬に代わる形で社長を退任し、代表権のない会長となる。

脚注[編集]

  1. ^ 行政経験糧に組織整備朝日新聞デジタル、2012年9月29日
  2. ^ 「現場を最大限支える」 FC岐阜・薫田新社長が意気込み岐阜新聞Web、2012年9月4日
  3. ^ 薫田大二郎氏、代表取締役社長へ就任のお知らせFC岐阜オフィシャルサイト、2012年9月1日

関連項目[編集]