イワン・ハシェック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イワン・ハシェック Football pictogram.svg
IvanHasek.jpg
サンテティエンヌ監督時代(2006年)
名前
ラテン文字 Ivan Hašek
基本情報
国籍  チェコ
生年月日 (1963-09-06) 1963年9月6日(57歳)
出身地 ミェステツ・クラーロヴェー英語版
身長 176cm
選手情報
ポジション DF / MF / FW
利き足 右足
ユース
1970-1977 チェコスロバキアの旗 ニンブルク
1977-1981 チェコスロバキアの旗 スパルタ・プラハ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1981-1990 チェコスロバキアの旗 スパルタ・プラハ 221 (58)
1990-1994 フランスの旗 ストラスブール 74 (27)
1994-1995 日本の旗 サンフレッチェ広島 55 (30)
1996 日本の旗 ジェフユナイテッド市原 28 (12)
1996-1998 チェコスロバキアの旗 スパルタ・プラハ 18 (5)
1981-1998 通算 396 (132)
代表歴2
1984-1993 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア 54 (5)
1994 チェコの旗 チェコ 1 (0)
監督歴
1998-1999 チェコの旗 チェコ(アシスタント)
1999-2001 チェコの旗 スパルタ・プラハ
2001-2003 フランスの旗 ストラスブール
2004 日本の旗 ヴィッセル神戸
2005 アラブ首長国連邦の旗 アル・ワスル
2006-2007 フランスの旗 サンテティエンヌ
2007-2009 アラブ首長国連邦の旗 アル・アハリ
2009 チェコの旗 チェコ
2011 アラブ首長国連邦の旗 アル・アハリ
2012 サウジアラビアの旗 アル・ヒラル
2014 カタールの旗 カタールSC
2014-2016 アラブ首長国連邦の旗 フジャイラー英語版
2016-2017 アラブ首長国連邦の旗 エミレーツ・クラブ
2018-2019 アラブ首長国連邦の旗 フジャイラー
1. 国内リーグ戦に限る。2020年6月22日現在。
2. 2006年11月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

イワン・ハシェックIvan Hašek, 1963年9月6日 - )は、チェコスロバキア(現チェコ)・中央ボヘミア州ミェステツ・クラーロヴェー出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。元チェコスロバキア代表及びチェコ代表。現役時代のポジションは主にMF(セントラルミッドフィールダー)。

チェコ語により近い表記はイヴァン・ハシェクチェコ語発音: [ˈɪvan ˈhaʃɛk])。チェコやフランスでの現役時代は主にセントラルミッドフィールダーとしてプレーした。一方代表ではリベロからFWまでGK以外ならどこでもこなせるユーティリティープレイヤーとして起用され、イタリアW杯では攻撃的な右サイドバックとして起用された。一方、Jリーグでは小柄ながらポストプレーがうまく空中戦にも長け、高い得点能力を持つフォワードとして知られている[1]。2009年から2年間、チェコサッカー協会会長を務めた[2]

クラブ歴[編集]

1970年から地元のクラブチームであるZOMニンブルクでユース年代を過ごし、1977年にACスパルタ・プラハへ移籍[3]。1981-82シーズンにリーグ戦デビューし長く主力として活躍、1987年から2年連続でチェコスロバキア年間最優秀選手に輝く。

1990年、フランス・リーグ・ドゥRCストラスブールへ移籍し主力として活躍[3]、クラブのリーグ・アン昇格に貢献し英雄として称えられた。ストラスブール退団後も地元では暫く「ハシェックのチームであるストラスブール」と呼ばれていたほどである。

1994年、Jリーグサンフレッチェ広島へ入団[3]高木琢也と2トップを組みパベル・チェルニー盧廷潤ら攻撃陣と活躍し、1994年5月18日サントリーステージ17節・ヴェルディ川崎戦でチーム初のハットトリックを決めるなど[4]、同年のファーストステージ制覇に大きく貢献した。この年に挙げたシーズン19得点は、2012年に佐藤寿人が更新するまでクラブのJ1シーズン最多得点記録であった。1995年4月12日の第8節・名古屋グランパス戦でもハットトリックを達成した[4]

1996年からはジェフユナイテッド市原に移籍し[3]、シーズン途中までの在籍ながら12得点を記録。その後は古巣のスパルタ・プラハへ戻り、1997年に現役を引退した。現役時代のキャリアにおいて、スパルタでは7度の優勝に貢献した。

代表歴[編集]

1983年にU-20チェコスロバキア代表としてワールドユース・メキシコ大会に出場、1984年にはA代表に初招集。1990年、イタリアW杯では主将を務め5試合1得点、W杯ベスト8に貢献した。ビロード離婚後の1994年にはチェコ代表としても招集されている。

現役引退後[編集]

引退翌年の1998年にスパルタでスポーツディレクターを務めると、ヨゼフ・ホヴァネツ英語版監督の下でチェコ代表のアシスタントコーチに就任。その後はいずれも選手時代に在籍したスパルタやストラスブールで監督を歴任した[3]

2004年、三木谷浩史をオーナーに迎えたヴィッセル神戸の監督に就任するものの[3]、成績不振により1シーズン持たずして解任される[5]

2005年にはチェコサッカー協会会長に立候補するものの敗れている。同年から1シーズンのみUAEリーグアル・ワスルFCで監督を務めた[3]

2006年4月末、古巣である広島からオファーが届き本人も承諾する意向であった。しかし再び離れて暮らすことに家族が反対し、監督就任とはならなかった[6]

2006-07シーズンは、リーグアン・ASサンテティエンヌで監督を務める[3]。2007年12月からUAEリーグのアル・アハリに招聘され再びUAEで指揮を執る[3]。2008-09シーズンにリーグ優勝を達成するが退任することを表明した。

2009年6月、再びチェコサッカー協会会長に立候補すると会長に選出された。翌月からは暫定で監督を務めていたフランティシェック・ストラカの後を受け、チェコ代表の監督も兼任した。カレル・ブリュックナーがアドバイザーを務め、2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選の残り3試合を指揮するも[7]、本大会出場には届かなかった。この期間、会長としては協会の財政改善に貢献する[3]。2011年の年次総会で代表監督に専念するため辞任することを表明した[3]

2011年6月からアル・アハリ監督に復帰した[3]。翌2011-12シーズン、リーグ開始から3試合で1勝2敗と出遅れたことに加え、同年11月3日に行われたガルフ・クラブ・チャンピオンズカップ決勝第2戦で敗戦し準優勝に終わった責任を問われ解任された[8][9]

2012年1月、サウジ・プロフェッショナルリーグアル・ヒラル監督に就任した[10]

2014年7月、カタールSCの監督に就任することが発表された[11]

2016年12月29日、エミレーツ・クラブとシーズンいっぱいまでの契約を締結した[12]。2018年6月20日、フジャイラーSCの指揮官に再任される。ディエゴ・マラドーナの後任として1年契約を締結した[13]

人物[編集]

非常に勉強熱心な人物としても知られている。プラハ・カレル大学法学部卒業、弁護士の資格を取得している[3]。また数ヶ国に亘る言語を操ることが出来る。

息子であるパヴェル英語版イワン英語版もサッカー選手。元アイスホッケー選手のドミニクと元サッカー選手のマルティン・ハシェック英語版兄弟は従兄弟にあたる。

母国では日本食レストランを経営している[1]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
チェコスロバキア リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
1981-82 スパルタ・プラハ 1部 14 1
1982-83 24 3
1983-84 28 3
1984-85 20 3
1985-86 22 6
1986-87 30 10
1987-88 30 4
1988-89 26 13
1989-90 27 15
フランス リーグ戦 F・リーグ杯フランス杯 期間通算
1990-91 ストラスブール 2部 29 10
1991-92 28 10
1992-93 1部 12 3
1993-94 15 4
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1994 広島 - J 32 19 1 0 3 1 36 20
1995 - 23 11 - 0 0 23 11
1996 市原 - 28 12 14 6 1 0 43 18
チェコ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
1996-97 スパルタ・プラハ 1部 14 3
1997-98 4 2
通算 チェコスロバキア 1部 225 58
フランス リーグ・アン 27 7
フランス リーグ・ドゥ 47 20
日本 J 83 42 15 6 4 1 102 49
チェコ 1部 18 5
総通算 400 132

その他の公式戦

タイトル[編集]

現役時代[編集]

スパルタ・プラハ

指導者時代[編集]

スパルタ・プラハ
アル・アハリ
アル・ヒラル

個人[編集]

  • チェコスロバキア年間最優秀選手 : 1987, 1988[14]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b サンフレッチェ広島、歴代最強外国籍選手5人。ハシェック、ストヤノフ、ミキッチ…親日家たちと歩んできた歴史” (2020年4月30日). 2020年6月23日閲覧。
  2. ^ Premature resignation of Czech Football Association chairman met with disappointment and disbelief”. Czech Radio (2011年6月27日). 2020年6月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m Hasek confirms Al Ahli re-allegiance”. gulfnews.com (2011年6月27日). 2011年6月27日閲覧。
  4. ^ a b ハットトリック一覧-Jleague Data site 2018年2月10日
  5. ^ チームに介入する三木谷に対して不満があった、とも伝えられる。
  6. ^ サンフレッチェ広島アシストマガジン「assist」2006年夏号より
  7. ^ uefa.com(2009-7-8)ハシェック会長がチェコ代表の監督を兼任(2009-7-26閲覧)
  8. ^ Quique Sanchez Flores takes over as Al Ahli boss after Ivan Hasek dismissal”. goal.com (2011年11月8日). 2011年11月9日閲覧。
  9. ^ Former Atletico coach Flores to replace Hasek”. soccer-facebook.com (2011年11月8日). 2011年11月9日閲覧。
  10. ^ Doll out, Hasek in at Al Hilal”. soccerway.com (2012年1月22日). 2012年1月22日閲覧。
  11. ^ “QSL clubs spring into action early”. Gulf Times. (2014年7月6日). http://www.gulf-times.com/sport/192/details/399363/qsl-clubs-spring-into-action-early 2014年7月9日閲覧。 
  12. ^ Ivan Hašek bude opět trénovat ve Spojených arabských emirátech”. iDNES.cz (2016年12月29日). 2020年6月23日閲覧。
  13. ^ Czech Ivan Hasek set to replace Maradona at UAE's Al Fujairah”. Arabian Business (2018年6月20日). 2020年6月23日閲覧。
  14. ^ Czechoslovakia - Player of the Year”. RSSSF. 2020年6月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
フランティシェック・ストラカ
チェコ代表監督
2009
次代:
ミヒャエル・ビーレク