川勝良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川勝 良一 Football pictogram.svg
名前
カタカナ カワカツ リョウイチ
ラテン文字 KAWAKATSU Ryoichi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1958-04-05) 1958年4月5日(61歳)
出身地 京都府京都市北区[1]
身長 179cm[2]
体重 73kg[2]
選手情報
ポジション MF
ユース
1977-1980 法政大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1981-1982 東芝 35 (4)
1983-1988 読売クラブ 61 (3)
1989-1990 京都紫光クラブ 22 (0)
1990-1992 東京ガス
代表歴
1980-1982[3] 日本の旗 日本 13 (0)
監督歴
1997・1998 ヴェルディ川崎
1999-2002 ヴィッセル神戸
2006 アビスパ福岡
2010-2012 東京ヴェルディ
2014 京都サンガF.C.
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

川勝 良一(かわかつ りょういち、1958年4月5日 - )は、京都府京都市北区出身の元サッカー選手、サッカー指導者、サッカー解説者である。ニックネームは「ケツ」。エーピーエンタテインメント所属。

来歴[編集]

京都市立加茂川中学校、比叡少年蹴球団卒団、京都商業高校 (現:京都学園高校)を経て、法政大学に入学。大学時代はサッカー部に在籍し、在学中より日本代表に選出され、1980年1月のウイペシュティ・ドージャ戦で初出場した[4]

卒業後の1981年に東芝(現 コンサドーレ札幌)に入部。石崎信弘は1年先輩。抜群のテクニックを誇り木村和司と並ぶとまで言われたゲームメーカーであった。1982年にはJSL2部で年間9アシストを記録しアシスト王に輝く。その後、1983年に読売クラブ(現 東京ヴェルディ)へ、1990年に東京ガス(現 FC東京)へ移籍し、1991年のシーズン途中で現役を引退して、コーチに就任。

現役引退後は東京ガスやヴェルディ川崎で主に下部組織の指導に務め、1995年にS級ライセンスを所得。1997年にはV川崎で天皇杯のみだが初めてトップチームの監督を務めた。翌1998年にもV川崎でシーズン途中から終了まで監督を務めた後、1999年にヴィッセル神戸の監督に就任した。1999年2ndステージと2000年1stステージで7位に進出するなどの実績を残したが、2002年のシーズン途中で成績不振を理由に解任された。

2003年からは母校の法政大学でコーチを務めていたが、2006年6月3日よりアビスパ福岡監督に就任した。だが、チームは低迷し16位でシーズンを終了。J1・J2入れ替え戦ではくしくも2002年の神戸解任時の後任監督であり、前任の福岡監督である松田浩が監督を務める神戸と対戦し、アウェーゴールの差で敗れJ2降格が決定。勝ち残っている天皇杯を待たずに辞任する事が決まった。

2007年より法政大学のコーチを務め、2009年10月から東京Vの強化アドバイザーに就任。2010年からは東京Vの監督に就任した。当初は強化部長も兼任すると発表されていたが、2010年1月18日に昼田宗昭が強化部長に就任すると発表されたため、監督業に専念することになった。2012年で3年目に入ったが、同じ監督が2年以上続けて東京Vの指揮を執るのは川崎時代も含めて初めて[5]。2012年9月、辞任が発表された[6]

2014年6月29日、京都サンガF.C.の監督に就任[7]。昇格は果たせず、シーズン終了後に辞任した。

エピソード[編集]

  • V川崎時代から熱血漢として有名で、神戸時代の2000年には試合途中に選手の頭を平手で叩いたことが物議をかもした。ただ、川勝が福岡監督に就任する際、福岡所属で神戸でも川勝と一緒だった薮田光教は「熱くなってやったのだろうが、普段はそんなことをする人ではない」と川勝を擁護する発言をしている。
  • 趣味はイラストを描くこと[1] で、現役時代にも練習後にイラストレーターのアシスタントをしていた。サッカー研究のため度々イタリアへ渡っているが、現地では同時に美術館などを訪れる。また、東京Vの40年誌の表紙やFC東京のエンブレムなどをデザインしたという[1]
  • 現役引退後は、指導者としてライバルだった木村和司を行く先々で臨時コーチに招き、フリーキックの極意を伝授させた。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1981 東芝 21 JSL2部 17 1 4 1 - 21 2
1982 10 18 3 2 0
1983 読売 JSL1部 12 1 2 0 3 0 17 1
1984 14 2 2 0 5 1 21 3
1985 16 0 3 0 0 0 19 0
1986-87 12 4 0 0 0 0 0 4 0
1987-88 15 0 1 0 2 0 18 0
1989-90 京都紫光 18 JSL2部 22 0 0 0
1990 東京ガス 関東 - -
1991-92 13 JSL2部 15 0 1 0 - 16 0
通算 日本 JSL1部 61 3 8 0 10 1 79 4
日本 JSL2部 72 4 7 1
日本 関東 - 0 0
総通算 15 1
その他の公式戦
出場歴
  • JSL(1部)初出場:1983年

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 13試合 0得点 (1980-1982)[3]


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1980 0 0 2 0 2 0
1981 10 0 13 0 23 0
1982 3 0 5 0 8 0
通算 13 0 20 0 33 0

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 ナビスコ杯 天皇杯
1997 V川崎 J - - - - - - - 3回戦
1998 - 14 9 3 - 11 - ベスト8
1999 神戸 J1 10位 30 37 12 4 14 1回戦 3回戦
2000 13位 30 33 11 1 18 2回戦 ベスト4
2001 12位 30 33 9 7 14 2回戦 4回戦
2002 - 10 2 1 7 予選リーグ -
2006 福岡 - 22 19 4 7 11 - -
2010 東京V J2 5位 36 58 17 7 12 - 2回戦
2011 5位 38 59 16 11 11 - 3回戦
2012 7位 32 53 17 2 13 - -
2014 京都 - 3回戦

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “挽回へ、サンガ再始動 新監督、川勝良一氏に聞く”. 京都新聞. (2014年7月25日). http://www.kyoto-np.co.jp/info/sports/sanga/20140725_11.html 2014年9月12日閲覧。 
  2. ^ a b 『1991-1992JSLイヤーブック』p84
  3. ^ a b c “川勝 良一”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db.com/players_ka/ryoichi_kawakatsu.html 
  4. ^ 国際親善試合 (1980.01.30) 大宮・大宮サッカー場”. 日本サッカー協会. 2014年9月12日閲覧。
  5. ^ 猛き風にのせて=シリーズ東京ヴェルディ(1)(1/2)J2開幕、松本山雅FCを2発一蹴 スポーツナビ 2013年12月20日閲覧
  6. ^ 川勝良一監督 辞任のお知らせ 東京ヴェルディ公式サイト 2012年9月6日
  7. ^ “川勝良一氏 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2014年6月29日), http://www.sanga-fc.jp/news/detail/25894/ 2014年6月29日閲覧。 
  8. ^ 『Jリーグオフィシャルガイド1997』p72
  9. ^ 『Jリーグオフィシャルガイド1998』p50

関連項目[編集]

外部リンク[編集]