李国秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
李 國秀 Football pictogram.svg
名前
カタカナ リ クニヒデ
ラテン文字 LEE kook-Soo
ハングル 이국수
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
生年月日 (1957-04-25) 1957年4月25日(59歳)
出身地 神奈川県横浜市
身長 173cm
体重 68kg
選手情報
ポジション MF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

李 國秀(り くにひで、이국수、イ・グッス1957年4月25日 - )は、神奈川県横浜市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。在日韓国人二世

来歴[編集]

現役時代は攻撃的MFとして読売クラブなどで活躍。在日韓国人だが「韓国のプレースタイルは自分に合わない、だから香港でプレーした」と語るように、指導者としてもショートパスを中心とした技術重視のサッカーを志向する。

横浜トライスター桐蔭学園高校サッカー部での指導を経て1999年からはヴェルディ川崎の「総監督」に就く。V川崎では監督を松永英機張外龍が務めたが、実質的な指揮は李が執っていた。これは李が日本サッカー協会のS級ライセンスを持っていないための措置だった。

V川崎では林健太郎米山篤志山田卓也小林慶行など桐蔭時代の教え子らを中心としてチームを組み立て、1999年1部1stステージには2位に入った。その年に行われた第79回天皇杯全日本サッカー選手権大会ではベスト4に進んだが、準決勝のサンフレッチェ広島戦で敗れた後で主審を中傷する発言をしたとして、2000年J1の最初の数試合ベンチ入り禁止の処分を受けた。李は2000年シーズン終了と共にV川崎を退団した。

その後は読売新聞を中心にサッカーに関する評論活動をしながら、2003年神奈川県厚木市に開場したフットサル場「エルジェイ・サッカーパーク」の経営、及び同施設での指導を行っている。2005年にはB級ライセンスを取得したが、Jリーグでの指導より少年選手・指導者の育成を重視している。

マネジメントは猪野仁志(元グルノーブル・フット38GM)が行っている。

選手歴[編集]

個人成績[編集]

日本国内成績

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1973 読売 JSL2部 -
1974 -
1975 17 13 1 -
1976
1981 横浜
トライスター
神奈川県1部 -
1982 関東 -
1983 関東 -
1984 全日空
横浜
JSL2部
1985 JSL1部 19 0
1986 JSL2部
1987 JSL2部
通算 日本 JSL1部 19 0
日本 JSL2部
総通算

指導歴[編集]

参考文献[編集]

著書[編集]

外部リンク[編集]