古沼貞雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

古沼 貞雄(こぬま さだお、1939年4月25日 - )は、東京都出身のサッカー指導者。

人物[編集]

東京都立江戸川高等学校を経て、日本大学文理学部体育専修を卒業後、1964年に体育教諭として帝京高校に赴任。

1965年からサッカー部監督に就任し、高校選手権6回、高校総体3回の計9回の全国制覇に導いた。

帝京では木梨憲武ら、数々の部員を指導していた。

本人はサッカーの経験はなかった[1][2]

2003年限りで一線を退き、2004年はサッカー部部長、2005年からはJリーグ東京ヴェルディのアドバイザーに就任。育成・普及面でのサポートを行っている。 2007年流通経済大学付属柏高等学校2008年からは矢板中央高等学校でも指導する[3]。 高校サッカー界では浦和南松本暁司監督、国見小嶺忠敏監督と並び称され、一時代を築く。

指導経歴[編集]

  • 帝京高校:監督 1965-2003
  • 帝京高校:部長 2004
  • 東京ヴェルディ:アドバイザー 2005-
  • 流通経済大学柏高等学校:コーチ 2007
  • 矢板中央高等学校:アドバイザー 2008-

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]