東京都立江戸川高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京都立江戸川高等学校
過去の名称 東京府立第十六中學校
東京府立江戸川中學校
東京都立江戸川中學校
東京都立江戸川新制高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 東京都
設立年月日 1940年1月12日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 13120C
所在地 132-0031
東京都江戸川区松島2-38-1
北緯35度42分31.4秒東経139度51分56.2秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東京都立江戸川高等学校(とうきょうとりつ えどがわこうとうがっこう)は、東京都江戸川区松島に所在する都立高等学校江戸高の通称で親しまれる。

概要[編集]

1940年東京府立第十六中学校として開校。

制服はなく標準服であるため、私服登校も可能である。

かつては1学年9クラスあったが、7クラスまで減学級。2012年度は8学級となっている。

元プロ野球選手伊達昌司[1]が東京都教員採用試験に合格し、江戸川高校に赴任した。

2012年度(平成24年度)より隔週土曜授業が開始される。

沿革[編集]

部活動[編集]

硬式野球部が毎年都大会で活躍し(2001年度選手権東東京大会ベスト4、2008年度同大会ベスト16、2013年度同大会ベスト8進出)、過去には早実高も破った戦績を持つ。陸上部、弓道部、ハンドボール部はインターハイ、関東大会出場者を出すなど、下町に位置する環境からか各部とも熱心である。吹奏楽部は、毎年8月にタワーホール船堀で「定期演奏会」が行われており、学校関係者だけでなく、多くの地元の人々が鑑賞している。

推薦(一般・スポーツ特別)も行われるようになり入学定員枠は募集人員の25%にあたる。スポーツ特別推薦では、調査書と面接及び実技試験を実施している。2011年度は、硬式野球(男子3名)、ソフトボール(女子2名)、バスケットボール(女子2名)、バレーボール(女子2名)、ハンドボール(男子2名)である。

第3回 全国高等学校クイズ選手権優勝校である(一時、優勝メンバーを中心にクイズ同好会が存在した)。


運動部[編集]


文化部[編集]

生徒会[編集]

半年ごと(3月、9月)に改選。

  • 生徒会執行部(会長1名、副会長1名(後期は2名)、会計1名、書記1名、後は各実行委員長4名 計8名)
  • HR(ホームルーム)委員会
  • 体育祭実行委員会
  • 文化祭実行委員会
  • 合唱祭実行委員会
  • クラブ運営委員会
  • 保健委員会
  • 美化委員会
  • 図書委員会

学校行事[編集]

体育祭(6月)、江戸高祭(9月)、合唱祭(2月)、マラソン大会(1月)、球技大会(年2回)等が行われている。学校行事は生徒の自主性の伝統から生徒会や実行委員会の生徒を中心に運営している。体育祭は、各色別(赤・青・白)に応援団があり、毎年行われる応援合戦が有名である。

文化祭(江戸高祭)は、1年生は演劇、2年生は企画(展示)、3年生は模擬店(主に食品)をやることになっている。 毎年、中庭ライブもあるため多くの地域住民が来場している。

合唱祭は、毎年2月に江戸川区総合文化センター大ホールで行われる。生徒の保護者以外には非公開。

1年生は1学期終了後、2クラスずつで4期にわたり各2泊3日でHR(ホームルーム)合宿を実施する。場所は、長野県小諸市にある本校の施設「菱野山荘」(ひしのさんそう)で、キャンプファイヤやバーベキュー、ハイキングを行って生徒の交流を深めている。

交通[編集]

主な出身者[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ ベースボールマガジン社発行、週刊ベースボール2010年3月29日号隔週連載コーナー『野球は幸せか!』P96-97より、著者・清武英利

外部リンク[編集]