灘中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
灘中学校・高等学校
NADA Junior and Senior High School.jpg
灘中学校・高等学校正門
過去の名称 灘中学校(旧制
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人灘育英会
校訓 「精力善用」「自他共栄」
設立年月日 1927年
創立記念日 10月24日
創立者 嘉納治郎右衛門
嘉納治兵衛
山邑太左衛門
共学・別学 男子校
中高一貫教育 併設型(外部混合有)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 28503A
所在地 658-0082

北緯34度43分09.10秒 東経135度16分06.30秒 / 北緯34.7191944度 東経135.2684167度 / 34.7191944; 135.2684167座標: 北緯34度43分09.10秒 東経135度16分06.30秒 / 北緯34.7191944度 東経135.2684167度 / 34.7191944; 135.2684167
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

灘中学校・高等学校(なだちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、兵庫県神戸市東灘区に所在し[1]中高一貫教育を提供する私立男子中学校高等学校[2]

高等学校において、中学校から入学した内部進学の生徒と高等学校から入学した外部進学の生徒との間では、第1学年から混合してクラスを編成する併設混合型中高一貫校[3]

概要[編集]

1928年昭和3年)開校[3]。設置者は学校法人灘育英会[3]。校舎のうち、事務棟として現在も使用中の本館[4]は国の登録有形文化財に登録されている[5]

沿革[編集]

(沿革節の主要な出典は公式サイト[3]

灘地方で酒造業を営む、嘉納治郎右衛門(菊正宗)、嘉納治兵衛(白鶴)、山邑太左衛門(櫻正宗)によって設立された。同様に酒造業者が設立した学校として甲陽学院がある。

設立にあたっては白鶴嘉納家の縁戚で、講道館柔道の創始者であり、東京高等師範学校東京教育大学を経て現:筑波大学)やその附属校(現:筑波大附属中・高)などの学校長職を25年間ほど務めた嘉納治五郎が顧問として参画。治五郎が柔道の精神として唱えた「精力善用」「自他共栄」が校是となった(この嘉納治五郎の影響で柔道の時間が体育とは別に週1時間ある[6])。

初代校長は東京高等師範学校の数物化学科を卒業後各地で教職を歴任していた眞田範衞が治五郎からの要請で就任。眞田は灘校の「教育の方針」を定め、自ら校歌・生徒歌も作詞した。1927年昭和2年)10月24日に設置認可を受け、この日を創立記念日とする。その翌年に開校。

当時は神戸一中(現:神戸高校)や神戸二中(現:兵庫高校)、神戸三中(現:長田高校)等に入学できなかった者が入学してきたが、当初から官公立中学(現在の国公立高校)を抜かすことを考えていたようで、学力向上に力を入れ、学力別にA・B・C・Dに学級分けにした[要出典]

第二次世界大戦前は柔道部、それに好村三郎、松尾俊治ら東京六大学野球などに選手を送り込んでいた野球部などの活躍の方が有名であったが、戦後の学制改革を経てから進学実績が漸次上昇する。1960年代後半から70年代に至り、それまで東大合格者数でトップの座に君臨してきた都立日比谷高校を追い抜き、国立および私立校としては初めて単独での東大合格者数首位の座に立った。くしくも、同時期に都立高校学校群制度を制定・継続した小尾乕雄美濃部亮吉らが東京高等師範学校やその附属校出身者であったように、教育界における日教組から文部省など官界までに至る“高師閥”あるいは“教育大閥”の影響力の強さを見ることができる[7]

校風[編集]

制服の着用義務が無い他、校則は最小限に限り、風紀について大部分を生徒の良識に委ねるなど、自由な校風を特徴とする[3][2]。遠足など、校外行事においては現地集合、現地解散が慣習となっており[要出典]、このことからも校風の自由さを見いだせる。生徒をできるだけ紳士として扱おうとしており、サンダル、半ズボン、ランニングシャツなどによる登校は禁止されている[要出典]

また、設立の経緯から、現在でも中学校および、高校1年次では、柔道が全員必修になっている[6]

灘・甲南定期戦[編集]

毎年6月に甲南中学・高校と灘・甲南定期親善試合を催している。

甲南学園は戦前、主に帝国大学入学を志す生徒が集まる旧制高校であったが、学制改革により、新制の甲南大学と甲南中高に改組する。同じくして新制高校となった灘校から多数の生徒が甲南大に入学した。そのことが縁で甲南と灘校の間で交流戦が始まり、現在に至る。1年ごとに開催場所を交代(奇数年は甲南、偶数年は灘)している。(2012年度の灘・甲南定期戦は、灘校の校舎改築により、臨時で甲南で行われた。それに伴い、2013年度の灘・甲南定期戦は灘で行われた。また、甲南でも2014年度はグラウンドの下に体育館を造る工事があるため、灘で行われた。2015年度は甲南で行われ、以降、奇数年は甲南、偶数年は灘と思われる)

カリキュラム[編集]

灘校では、学年担任制が導入されており、同じ担任団が中高6年間を指導する[2]という、中高一貫教育ならではの教育方法が行われている。

大学進学実績[編集]

難関大学の医学部医学科に合格・進学する灘高生が多く、京都大学医学部医学科、大阪大学医学部医学科の合格者数は、灘高が例年首位を獲得している。また、東京大学理科三類も首位になる年が多い。

関西圏の進学校ではあるが、医学部以外の場合は首都圏の難関大学に合格・進学する学生が多く、灘高の学生の約半数は東大に合格・進学している。東大合格者数では開成高校を下回るが、率(学年の人数に対する合格者の割合)では上回り[8](学年の人数が、灘では約220名、開成では約400名と約2倍の開きがある)、首位になる年もある。

2020年の大学合格者数(浪人含む)は、東京大学(理Ⅲ 14名)、東京医科歯科大学(医学部 3名)、京都大学(医学部 24名)、大阪大学(医学部11名)、慶應義塾大学(医学部 24名)、である[9]

アクセス[編集]

学校関係者一覧[編集]

提携校[編集]

阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)[編集]

1995年平成7年)1月17日早朝に発生した、阪神・淡路大震災は灘中学・高校をも直撃した。学校の保健室が臨時の診療所として使用され、体育館は緊急の遺体安置所として使用された[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d アクセス”. 灘中学校・高等学校. 2020年2月3日閲覧。
  2. ^ a b c ご挨拶”. 灘中学校・高等学校. 2020年2月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e 沿革”. 灘中学校・高等学校. 2020年2月4日閲覧。
  4. ^ 灘中学校・高等学校施設一覧 (PDF)”. 灘中学校・高等学校. 2020年2月4日閲覧。
  5. ^ 灘中学校・高等学校本館”. 文化庁. 2020年2月3日閲覧。
  6. ^ a b “灘の畳が映す「柔道の父」の教え グローバル人材育む”. NIKKEI STYLE. https://style.nikkei.com/article/DGXMZO5346474017122019000000? 2020年2月3日閲覧。 
  7. ^ トーマス・ローレン『日本の高校--成功と代償』友田泰正訳、サイマル出版会(原著1988年3月)、28・61-62。ISBN 97843771077772008年10月20日閲覧。など
  8. ^ 島野清志 (2015年5月4日). “開成と灘を凌ぐ女子高があった!驚異の東大進学率、“本当の”進学校はこれだ!”. Business Journal. p. 2. 2019年6月16日閲覧。
  9. ^ 2020年 大学合格者数 (PDF)”. 灘中学校・高等学校. 2020年7月7日閲覧。
  10. ^ 藤井祐美子 (1995年7月). “阪神大震災被災地の医療支援活動に参加して”. 阪神・淡路大震災救援活動報告書. 神戸大学附属図書館. 2019年3月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]