グループ合同選抜制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グループ合同選抜制度とは、1982年から1993年まで東京都立高校全日制普通科(諸島部を除く)を対象に行われた入試制度である。

概要[編集]

  • 1982年学校群制度が廃止され、グループ選抜が採用される。同時に受験科目数が3教科から5教科に変更された。
    • 同制度の実施に伴い、学区の改編が行われた。すなわち、従来多摩地区(第七・八・九学区)は実質的に一つの学区として扱われていたが、以降は第七~十の4つの学区に分割された。
    • 学区内の高校を2つのグループに分け、調査書と学力検査でグループ合格者を決定。第一志望が不合格であっても、グループ内で定員に達していない高校を順位をつけて三校まで第二志望とすることができた。それでも定員に満たない学校は、その学校を第一志望としていた者を、成績順に「繰り上げ合格者」とした。
    • 上記の通り、同制度は都立高校全盛時代の学区合同選抜制度に準じたものであった。グループに分けたのは特定校への受験集中を緩和する意図があったためである。
    • この制度の最大の利点は、グループ内では合格者(繰り上げ合格を除く)より成績の良い不合格者が出ない、ということにあった。
    • また学校群制度では学校群に合格しながら希望する学校に進学できないという問題が生じたが、グループ制では、グループ内のある学校を第一希望として受検し、合格すればその希望校に入学でき第一希望に不合格でも一定の成績(グループ基準点)を満たせばグループ内のどこかの学校に入学できる可能性が極めて高く、中学浪人というリスクが少ないという利点もあった。

グループ[編集]

1982年の制度発足当時[編集]

1983年入試以降の新設校[編集]

移転[編集]

  • 紅葉川(51グループ→62グループ)

備考[編集]

  • 1989年に赤城台、1991年に赤坂(普通科)が募集停止。
  • 羽田・田柄(1990年)、九段・白鴎・五日市(1992年)、大泉学園(1993年)はコース制移行とともに全都学区に変更の上、単独選抜校となった。
  • 羽村町は1991年に市制施行により羽村市に昇格

廃止[編集]

この制度は、「黄金時代」とも呼ばれた学区合同選抜制度時代の都立高校の高い水準を目指したものだった。しかし、学区合同選抜制度の時代がベビーブームを中心とする受験人口過多期であったのに対し、1980年代にはすでに受験人口は漸減傾向にあり、制度導入のメリットはあまりなかった。むしろデメリットばかりが目立ち、多くの現役受験者は私立志向となり相対的に都立高校の水準は低下してしまった。

バブル経済崩壊前後の1990年代前半には都立高校の水準(偏差値・現役大学合格率)は、戦後学校教育法施行後最悪というレベルにまで落ち込んでいた。

ただしバブル経済崩壊以後における不況下においては、学力の高い学校に挑戦しながら、滑り止めが確保されているグループ合同選抜のメリットを評価する意見があり、中堅・下位高を中心にむしろ入試倍率自体は上昇し都立回帰等と受験誌に書かれたこともあった。

1994年、グループ選抜は廃止され、単独選抜制度に移行。学区外受験が認められるようになった。

関連項目[編集]