秋川市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
秋川市
二宮神社 (あきる野市) 拝殿.JPG
Flag of Akigawa Tokyo.svg
秋川市旗
Akigawa Tokyo chapter.svg
秋川市章
 1992年平成4年)4月1日制定
廃止日 1995年9月1日
廃止理由 新設合併
秋川市五日市町あきる野市
現在の自治体 あきる野市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京都
団体コード 13226-8
面積 22.44km²
総人口 54,654
(1995年9月1日)
隣接自治体 八王子市青梅市福生市
羽村市五日市町日の出町
市の木 キク[1]
市の花 キンモクセイ[1]
秋川市役所
所在地 197-08
東京都秋川市二宮350
外部リンク 未開設
Akigawa Tokyo map.png
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

秋川市(あきがわし)は東京都の西部、多摩地域に位置していた

概要[編集]

秋川市中心部
1974年度撮影

東京都心から西側へ約45kmにある西多摩地域の秋川渓谷関東山地の東側と秋留台地に位置し、中心部には多摩川秋川、平井川が流れており、その流域には秋川流域の農業地帯として発展してきた[2]。しかし、第二次世界大戦後の高度経済成長期に当時の秋多町制時の1960年代頃から都心の過密化を緩和する為にベッドタウンとして発展し[3]1972年(昭和47年)5月5日には秋多市を即時改称して秋川市となり、単独市制を果たし、合併直前には人口が約5万5000人近くまで跳ね上がった[4][5][6][7]

1995年(平成7年)9月1日五日市町と合併して、あきる野市となっている。

地理[編集]

丘陵地帯の関東ローム層と断層歴層の地層地帯であり、最高地点は346.1mであり、最低地点は98.0mである。[4][8][9]

隣接していた自治体[編集]

人口[編集]

歴史[編集]

二宮神社から縄文土器が発見されたことから縄文時代から居住していたと考えられ、[10]弥生時代から農地が開発されて、現在のような田園地帯が形成された。[11]奈良時代から平安時代にかけては国分寺建立の為に瓦の製造地として利用され、鎌倉時代以降は再び農地として利用された。、[8]

年表[編集]

地域[編集]

大字[編集]

  • 秋川
  • 秋留
  • 油平
  • 雨間
  • 牛沼
  • 小川
  • 小川東
  • 代継
  • 切欠
  • 草花
  • 下代継
  • 菅生
  • 瀬戸岡
  • 二宮
  • 二宮東
  • 野辺
  • 原小宮
  • 原小宮
  • 引田
  • 平沢
  • 平沢西
  • 平沢東
  • 渕上

行政[編集]

施設[編集]

  • 秋川市役所

警察・消防[編集]

市内の警察署の管轄は福生警察署であったが、人口増加によって市内に警察署の設置が誘致されてきたが、実現しなかった。[12]消防署は秋川消防署がある。[13]

行政区域変遷[編集]

  • 変遷の年表
  • 変遷表

市章・市旗[編集]

初代[編集]

  • 秋多町制時の1964年11月23日に公募によって制定された。「ア」を中央に抽象的に置き、「川」は「市民・市長・議会」を三本の線で表し、それらを合わせて当市の融和と発展を表徴している、[1][4]市旗は制定されていないが、便宜的に地色は紺色であり、紋章は白色が指定されている[1]

2代[編集]

  • 単独市制20周年を記念して1992年4月1日に制定された。「ア」を図案化し、全体の特徴は曲線を描いている。色が指定されており、青色は秋川、平井川などの河川を表し、緑色は秋留台地の丘陵を筆頭とする自然を表している。[5]市旗は地色は白色であり、紋章は指定色である。しかし、使用されたのは僅か3年半であった。

教育[編集]

中学校は単独市制施行前までは1校・小学校は単独市制施行前までは4校あったのが、東京都心のニュータウンによって若年家族を含む居住人口が増加しかつその居住者の児童と生徒が増加したことによって中学校は4校、小学校は8校になった。その他には幼稚園が新設された。[16][17]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

観光地[編集]

出身著名人[編集]

参考文献[編集]

書籍[編集]

  • 中川幸也 『シリーズ人間とシンボル第2号「都市の旗と紋章」』 中川ケミカル、1987年10月11日

自治体冊子[編集]

  • 秋川市役所 『わが街 秋川 市制5周年記念秋川市勢要覧』 秋川市、1977年3月
  • 秋川市秘書広報課 『秋川市制20周年記念市勢要覧 1992』 秋川市、1992年3月

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e シリーズ人間とシンボル第2号「都市の旗と紋章」p28
  2. ^ わが街 秋川 市制5周年記念秋川市勢要覧 p36
  3. ^ わが街 秋川 市制5周年記念秋川市勢要覧 p12
  4. ^ a b c d e f g わが街 秋川 市制5周年記念秋川市勢要覧目次
  5. ^ a b c d 秋川市20周年記念市勢要覧 1992 p4
  6. ^ 秋川市20周年記念市勢要覧 1992 p5
  7. ^ a b 秋川市20周年記念市勢要覧 1992 p6
  8. ^ a b c d e わが街 秋川 市制5周年記念秋川市勢要覧 p5
  9. ^ 秋川市20周年記念市勢要覧 1992 p58
  10. ^ わが街 秋川 市制5周年記念秋川市勢要覧 p2
  11. ^ わが街 秋川 市制5周年記念秋川市勢要覧 p3
  12. ^ わが街 秋川 市制5周年記念秋川市勢要覧 p23
  13. ^ わが街 秋川 市制5周年記念秋川市勢要覧 p21
  14. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1978年、ISBN 4040011309より
  15. ^ 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、日本加除出版、2006年、ISBN 4817813180より
  16. ^ わが街 秋川 市制5周年記念秋川市勢要覧 p28
  17. ^ わが街 秋川 市制5周年記念秋川市勢要覧 p29

関連項目[編集]