東京都立立川高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京都立立川高等学校
Tokyo Metropolitan Tachikawa High School.jpg
過去の名称 東京府第二中學校
東京府立第二中學校
東京都立第二中學校
東京都立第二新制高等学校
国公私立の別 公立学校(都立)
設置者 東京都の旗 東京都
設立年月日 1901年明治34年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 13197A
所在地 190-0022
東京都立川市錦町二丁目13番5号

北緯35度41分32.086秒 東経139度24分45.155秒 / 北緯35.69224611度 東経139.41254306度 / 35.69224611; 139.41254306座標: 北緯35度41分32.086秒 東経139度24分45.155秒 / 北緯35.69224611度 東経139.41254306度 / 35.69224611; 139.41254306
外部リンク 東京都立立川高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東京都立立川高等学校(とうきょうとりつたちかわこうとうがっこう、英語: Tokyo Metropolitan Tachikawa High School[1])は、東京都立川市錦町二丁目にある都立高等学校。通称「立高(たちこう)」。

概観[編集]

1901年(明治34年)府立二中として創立。中等教育を受けたいという声が多摩地域から上がり設立された[2]。開校当初から“質実剛健”、“自主自律”という校風を守り継いでいる。戦前から戦後にかけて多摩地域に都立・私立学校が設立されるまでは「多摩に府立二中(立高)あり」といわれ[3][4]、「市町村長養成学校」といわれる[5][6]ほど多摩地区の村長を輩出した。戦後男女共学となるもかつては女子が全体の三分の一程度しかいなかったため、男子クラスが各学年に数クラス設けられていたこともあった(1985年度入学生から廃止)。そのためかつてはバンカラと評されることが多い。

1960年代には大学や社会人を中心とした学生運動が高校まで影響を及ぼすようになった。立川高校でも討論集会などが開かれるようになり、1969年10月22日には2年生の一部が教室を占拠、封鎖する出来事も起きた[7]

1970年1月25日、講堂で火災が発生して全焼。同年2月2日、付近に住む中学生が放火と窃盗の疑いで逮捕された[8]

1960年代には東大に20~30人程度の合格者を出していた[9]。その後、学校群制度国立(くにたち)高校と組み(これにより国立高校は進学実績が上昇した)、ともに20~30人程度の東大合格者を輩出。1982年グループ合同選抜制度により多摩地区の学区が細分化した。

2003年に学区撤廃と同時に進学指導重点校に指定され、独自入試や特別選考(筆記試験上位1割を調査書に関係なく合格させる制度、2017年に廃止)を実施、進学校としての特色を打ち出している。

伝統ある学校であることを生かし、2015年度に「立高時代塾」を開講した。同窓会「紫芳会」の協力により、OB・OGを講師として招き、講演を拝聴した上で、グループに分かれて演習、発表、討論を行い、思考力、判断力、表現力を養成するというものである。これにより、目の前の大学受験だけを考えるのではなく「次代を担う志」を持つことを促し、真のエリートを育成することが目標としている。

2018年度から5年間の予定で、スーパーサイエンスハイスクール (SSH) に指定された(多摩地区の普通科高校としては初である)。

教育課程[編集]

2003年進学指導重点校に指定されてから「立高アドバンス計画」と称した改革を行い、都立高で初めての65分授業の導入や、自校作成問題の実施など進学指導体制を刷新した。ただし、2012年度より新課程に対応するため、授業は50分、毎週ではないが土曜授業を実施、2学期制から3学期制に変更され、週35時間の授業時間となった。1・2年生は全員共通履修で、理科は物理化学生物地学の4分野を、地歴・公民も世界史日本史地理倫理政経の5科目を全員学習できるようになっており、文系選択でも数学を3年間切れ目なく履修する、難関国立大学入試に対応した体制になっている。

また、高大連携により東京工業大学東京農工大学東京学芸大学中央大学東京経済大学の授業を受けることができる。

2021年7月に、2022年4月から立川高校に「創造理数科」を設置することが発表された。これにより普通科創造理数科の2つの学科を併置する学校となる[10]

施設[編集]

トレーニングマシンが設置された体育館、テニスコート(5面)、多目的コート(2面)、グラウンド(サッカー1面(野球1面と共用)、ハンドボール1面)、トレーニングルーム(卓球、ダンス)、柔道場と剣道場が揃った格技棟(屋上にプール)がある。特別教室は、コンピュータ室、視聴覚室(+プラネタリウム)、天体観測室及び天文台(大型望遠鏡完備)、音楽室、美術室、工芸室、被服実習室、調理実習室、講義室(階段教室)、生物、化学、物理、地学の各実験室、社会科室がある。また自習室、カウンセリングルーム(週に一日専門カウンセラーが来校)がある。 また、気象観測設備(雨量、風向、風速、湿度)が屋上に設置されている。一足制を導入しており、上履き不要。制服、指定の体操服などはない。

天文台の設備…口径152mm、焦点距離1200mmのタカハシ FS-152(E-ZEUS自動追尾装置設置済)

環境[編集]

現在では住宅地であるが、1938年(昭和13年)頃の府立二中の周りの様子が三浦朱門の『武蔵野ものがたり』(集英社新書)に描かれている[5]。それによると、

  • 東側の南武線(当時は私鉄)の東は雑木林
  • 国立と立川の間、今のJRの電車は若葉の季節には緑のトンネルを走る

JR立川駅周辺は近年の再開発、商業施設(IKEA、ららぽーと立川立飛等)の出現により賑わいが増しているが、学校周辺は比較的閑静である。

校風[編集]

質実剛健・自主自律を校風として掲げている。校則はほぼなく、あるのは「下駄を履いてきてはいけない」の1つのみである(諸説あり)。従って、私服登校が基本であり、染髪・メイク・アクセサリーなども制限がない。ちなみに、指定の体育着もないため、各々自前のスポーツウェアで体育の授業を受ける。その自由さから、「都立高校界のアメリカ」と言われることもある。

また、上履きがなく土足で校舎内を歩くため、体育の後などは砂だらけになることもしばしばである。

学校行事[編集]

4月:始業式/入学式/生徒総会/新入生歓迎会

5月:体育祭

6月:開校記念日/合唱祭

7月:終業式/臨海教室

8月:部活動合宿

9月:演劇コンクール/文化祭

10月:特になし

11月:修学旅行/生徒会選挙

12月:終業式

1月:始業式/入学者選抜(推薦)

2月:入学者選抜(学力)

3月:卒業式/クラスマッチ/探究課題発表/修了式

その他:開校から10年ごとに記念式典が催行される。

定期考査

5月下旬:1学期中間考査(3年生のみ)

7月上旬:1学期期末考査

10月中旬:2学期中間考査

12月上旬:2学期期末考査

3月上旬:学年末考査

部活動[編集]

現在36の部活動があり、部活動加入率は98%を超え、文化系、運動系を問わず活発に活動している。また数学研究同好会や、歴史研究同好会など様々な同好会もある。

兼部が可能である。定時制がある関係で、17時以降の校内での活動はできないが、朝の時間や昼休みなどを有効に使い工夫して活動している。

過去には演劇部が東京都高校演劇研究会長賞・落合矯一賞・中央委員会賞を受賞した。また、クイズ研究部が存在し、都立高校では上位の実績を誇っている。2017年では陸上競技部と文芸部が関東大会出場を果たした。またMusicCreateClubが都大会決勝進出した。

科学系部活も盛んで、現在は物理(同好会)、化学、生物、地学(天文気象部)の四分野が揃っている。天文気象部では1946年頃から太陽観測や気象観測が続けられており、そのデータを用いて研究発表を行っているほか、化学部、生物部でも研究発表を行っている。[1]

部活動、同好会一覧

沿革[編集]

(沿革節の主要な出典は公式サイト[11][12]

交通[編集]

関連施設[編集]

  • 清明寮 - 紫芳会(同窓会)の所有。千葉県館山市見物字竜ヶ崎774番、776番2、780番
  • 神城山荘 - かつて紫芳会が所有。現在はNPO法人謝恩の礎が運営。長野県北安曇郡白馬村神城778-1

関連団体[編集]

  • 紫芳会 - 同窓会(全日制課程)
  • 芙蓉会 - 同窓会(定時制課程)

著名な出身者[編集]

政治[編集]

行政[編集]

経済[編集]

学術・文化[編集]

芸能・マスコミ[編集]

スポーツ[編集]

参考・関連書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]