バンカラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
紅陵大学(現・拓殖大学)のバンカラ学生(1949年)
マントを羽織った学生(大正時代)

バンカラ蛮殻蛮カラ)とは、ハイカラ(西洋風の身なりや生活様式)をもじった語である。明治期に、粗野や野蛮をハイカラに対するアンチテーゼとして創出されたもの。一般的には言動などが荒々しいさま、またあえてそのように振る舞う人をいう。夏目漱石の小説『彼岸過迄』(1912年発表)の一節にも登場する語である[1]

概要[編集]

典型的な様式としては弊衣破帽がある。これは、着古し擦り切れた学生服(=弊衣)・マント学帽(=破帽)・高下駄、腰に提げた手拭い長髪(=散切り頭に対するアンチテーゼ)などを特徴とするスタイルで、第一高等学校を中心とした旧制高等学校の生徒が流行の発端である。粗末な衣装によって「表面の姿形に惑わされず真理を追究」という姿勢を表現したものとされている。また、ハイカラのアンチテーゼとしてのバンカラは武士道にも通じ、「単に外見の容姿のみに留まらず、同時に内面の精神的なものも含めた行動様式全般」とも理解されていた。つまり外見に無頓着な体裁とそれを正当化するための動機が複合した文化であると言え、単に粗末・粗野なだけの恰好をバンカラと呼ぶわけではない。ハイカラ大学(慶応義塾大学上智大学立教大学青山学院大学)とは対照的とされる。

変遷[編集]

その一方で、単に粗にして野(非紳士的)な上、卑であるに過ぎないといった「バンカラの形骸化」は早くから指摘されており、幾度となく弊衣破帽を排する教育方針をとる学校が現れた。戦後、衣料品の質が向上するにおよび、最早自然形成された弊衣破帽は望むべくもなく、着古しにより自然に弊衣破帽が生成されるのを待たず人為的に衣服を傷めて着用する者や、古着を求める者が横行し、単なる服飾流行となった。近年は「カラ」の誤記も散見されるように、少年漫画における不良少年、特に番長の記号(弊衣破帽は喧嘩に明け暮れる結果と誤解)に変質し、また西日本・東日本地区の一部の高校・大学の応援団の「伝統」にその名残を残すのみである。なお代わって勃興した非行少年・少女を中心とした変形学生服の文化は、むしろ学校の校則(服装規定)への反抗を記号化したもの(=服装の乱れ)であり、バンカラの後継文化と看做すことは困難である。

蛮カラな校風で知られる学校[編集]

など。

題材としている作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 夏目漱石『彼岸過迄』(1912年)より
    (二十一)「暑くったって脱ぐ訳に行かないのよ。上はハイカラでも下は蛮殻(ばんから)なんだから」と千代子が笑った。 
    (二十二) 彼女は改めてまた彼の半袖姿を見て笑いながら、「とうとう蛮殻(ばんから)になったのね」と評した。

関連項目[編集]