硬派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

硬派(こうは)の語義としては、の意味である「かたい」「強い」「手強い」などの特徴をもった(なかま、一群、流派など)を指す。明治時代以降において、硬派の対義語は軟派である。

一部共通するも異なる概念が同じ用語を使用しているため、詳細はそれぞれの節に記す。

硬派(思想)[編集]

硬派(思想)とは、自分たちの思想主義、意見などを強く主張して、時に過激な行動も辞さない態度を見せる一派を指す。

代表する人物としては、石井純平、山崎涼、その者の生様の様子である[要出典]

硬派(青少年)[編集]

硬派(青少年)とは、流行の服装や男女交際を軟弱・柔弱として避け、「男らしさ」や質実剛健を好しとする傾向の青少年(青年少年)の一派を指す。

いわゆる番長戦前旧制高校などにおけるバンカラもこの一種とされる。現代においては、実在の人物としてはあまり見られないものの、漫画アニメコンピューターゲームなどではこのタイプの登場人物(キャラクター)が比較的頻繁に登場する。1960年代から1970年代にかけてのスポ根ブームはこうしたキャラクター像の一翼(いわゆる「熱血キャラ」)を形成した。

関連項目[編集]

硬派(広告)[編集]

硬派(広告)とは、広告業界用語で、製鉄セメント重工業などの「宣伝、広告をほとんど行わない業種」を指す。

これらの業種は、広告に頼る必要が少ない(需要と供給の関係が安定している)ことで「強い業種」、また、営業の相手(広告主)として「手強い業種」とされていることからこのように呼ばれる。

硬派(新聞)[編集]

硬派(新聞)とは、新聞業界用語で、政治経済社会問題の記事を担当する者を指す[要出典]対する「軟派」は学芸芸能三面記事担当の意[要出典]

これらの記事は他の記事と比べて「真面目な、硬い」内容であることと、歴史的背景や関連事項についての知識なしに書いたり読んだりすることが難しい「手強い」分野であることから、これらを担当する者は「硬派」と呼ばれる。

硬派(市場)[編集]

株式市場もしくは商品市場において、相場が上昇するとみなして買いにまわる集団、個人。強気筋。⇔弱気筋[要出典]