ナンパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナンパとは、面識ない者に対して、公共の場[1]トーク出会いデートキスセックス、連絡先交換に誘う行為。その行為を行う者を軟派(なんは)と呼ばれる。英語圏では、「(異性を)拾う行為」という意味から、「pick up」と呼ぶ。日本語圏以外で「nanpa」で通じる国もある。

概要[編集]

軽薄な印象があるため忌避されることもあるが、「ナンパ行為」は出会いの一つの方法として古くから用いられている。一般には繁華街の路上ディスコクラブゲームセンターなどで行われることが多く、1980年代後半からバブル景気の頃には、ディスコがその実践の場として首都圏に住む若者の一部に流行し、マハラジャやKING&QUEENなどに出現する、都内の大学生を中心とするナンパ学生集団ゲッターズが一部で有名になった。

ナンパをする人間の集まる場所として有名な場所は大都市圏で集中して溜まり場と化す。

昔から盛んで有名な場所は渋谷新宿池袋で西日本になると道頓堀心斎橋をつなぐ「ひっかけ橋」が有名。

『日本国語大辞典』によると軟派は明治時代の新語であって、当初は政治用語で「意見や主張が軟弱な党派」「強硬な意見を主張することのできない者」の意味(用例初出1892年)であったが、これを応用して「新聞・雑誌で、社会面や文芸、またはつや物などの記事を担当する部門やその記者」(初出1901年)、「異性との交遊や、華美な服装を好んでする青少年の一派」(同1909年)の用法が生じたという[2]

最近では、「恋愛関係・異性間交友(男女関係)を避ける態度」は「硬派」、その逆の「恋愛にうつつを抜かし、異性を追いかける態度」は「軟派」と呼ばれるが、そこから転じて、「異性に声をかける行為」を指してカタカナ言葉の「ナンパ」と呼ばれるようになった。また、ナンパをしそうな軽薄な人物を指して「ナンパ野郎」と呼ぶ場合もある。かつては「ガールハント」とも言われた。「ひっかける」という言い方もある。出会いの無い者が行う場合もあり、「軟派」とは一概には言えない。

間違ったナンパとして未成年者をナンパし児童淫行に及んだり、痴漢強姦や最悪のケースとして殺人事件にまで至る事例もあり、犯罪や悪質なキャッチなどの影響で最近ではいたるところに防犯カメラ設置や迷惑防止条例などの条例を定めて路上でのナンパ行為に対して規制をしている都道府県もある。

都道府県条例がなくても傍若無人で悪質な場合は無条件で逮捕されることもある。

アダルトビデオにおいては、多くの人間と性行為等をした女性やカメラの前で何度か裸を晒しているAV女優の性行為を嫌うユーザーのニーズに答えるために、AVメーカーが女性をナンパしたすぐ後で性行為をする過程を撮影することで、カメラの前で裸を晒していない素人女性の性行為であることを売りにする企画がある。 だが、実際には過去に出演経験があるAV女優がナンパされた女性という設定にするヤラセのケースがほとんどである。 アダルト業界ではあたかも本当にゲットしたかのように見せる仕込みは当たり前のことである。

ナンパは男性が女性を誘うことを意味する場合が多いが、女性から男性を誘う逆ナンパ略して逆ナンと呼ばれる。近年都会では珍しい現象ではないが、ボッタクリの店に連れて行かれたり、美人局だったりすることもある。

インターネットが普及してからは、従来の路上で行うストリートナンパ(ストナン)やクラブで行うクラブナンパ[要出典]だけでなく、出会い系サイトなどのネットサービスを利用したネットナンパ(ネトナン)という形も誕生した[3]。またストナンについても、ナンパ師の一部にはそのノウハウや自身の達成などをブログ上で発表したり、別のナンパ師とネット上で交流したり、電子掲示板でコンビナンパの相方を探したりすることがある[4]。 交流により個人情報が漏れる可能性もある。

怪しい謳い文句のナンパ情報商材情報メールというのが出回っており、悪質で問題になっている。 セミナーやナンパ塾といったものも存在している。 ナンパを行っていない者が上級者を装ってブログやツイッターをしていたり、情報商材を販売するケースもある。

ゲーム[編集]

いわゆるギャルゲーの類型の一つに、あちこちうろついて、出会った女の子と仲良くなる(深い仲になったらゴール)というパターンがあり、これを「ナンパ系」と呼ぶ場合がある[5]。代表的なのは「TOKYOナンパストリート」「同級生シリーズ」など。ちなみに「同級生」(PC98版)の場合、インストールするとハードディスク内に「NANPA」というディレクトリを作成してここに収まり、その中のNANPA.batを実行することでゲームを起動することになっていた。 高身長のイケメンが手軽な出会いに飽き、ゲーム感覚でナンパを実行する現象もある。[6] また、友人とどちらが成功するかという数を競うゲームを行う者達が存在し、しだいに感情が失われる者が現れている。[7]

偏見[編集]

ステレオタイプが存在している。

  • 漫画やドラマなどで主人公とヒロインがデート中などのシーンにおいてDQN数人が、「ヘイ、彼女お茶しな~い?」などと絡んでくるシーンが比較的有名である。その後、主人公が殴られ、ヒロインが誘拐されるなどの危機に陥ることもある。

参考[編集]

  • 1994年

ナンパをしたことのある男子のうちセックスまで到達する男子の比率は30.8%であった。ナンパした際、相手女性の無反応率0%の者が18.8%存在していた。その一方で無反応率75%以上の者が、41.6%存在していた(無反応率66%以上だと60.4%存在)。ナンパされたことのある女子のうち、お茶などについていく比率は7.8%、セックスをする比率は2.8%であった。ナンパされるかもしれないと思ってにぎやかな場所に出かけることが1,2回ある女子が15.6%、何回もある女子が5.2%、いつもそう の女子が0.5%存在していた。[8]

  • 2004年

ナンパをしたことのある男子のうちセックスまで到達する男子の比率は9.1%である。ナンパされたことのある女子のうち、お茶などについていく比率は2.8%、セックスをする比率は0.7%である。また、ナンパされ、その場だけでなく何カ月も付き合ったことがある女子は3.6%である。[9]

性犯罪との関連性[編集]

女性の意思ではなく、腕を掴むなど強引だったり、脅しに近いようなかたちで納得させて強姦や強姦未遂で逮捕された事例がある。 昔と比べ防犯カメラが低コストで導入できる影響でパーキング、コンビニエンスストア、ガソリンスタンド、タクシー、高速道路、公園、民家、ホテル街など街のいたるとこにカメラ設置がされていることで検挙率は上がっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 繁華街の路上、海、ディスコクラブゲームセンターなど。
  2. ^ 『日本国語大辞典 第二版』10巻、小学館、2001年。
  3. ^ 荻上チキ『セックスメディア30年史欲望の革命児たち』筑摩書房、2011年、72頁。ISBN 978-4480066060
  4. ^ 『セックスメディア30年史欲望の革命児たち』72-74頁。
  5. ^ 本田透 『脳内恋愛のすすめ』 角川学芸出版、2007年、194-195頁。ISBN 978-4046211521
  6. ^ 最低最悪!イケメン高収入の“ナンパ師”に気をつけろ
  7. ^ 27歳高学歴で“良い会社”勤務男 ナンパのし過ぎで無気力に
  8. ^ 高校生の性とデート 調査時期1994年5月~7月 東京・埼玉の公立高校15校の2・3年生2,012名(男子925名、女子1,087名)
  9. ^ 高校生の「つきあい」事情-大学生に対する振り返り調査から-後半20-21頁 調査時期2004年4月~5月 東京、神奈川、千葉、岐阜の私立大学1年生561名(男子207名、女子296名、不明58名)

関連項目[編集]