2学期制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2学期制(にがっきせい)は、学校の1年間の課程を2つの学期に分けて行う制度である。2期制(にきせい)、前後期制(ぜんこうきせい)ともいう。

セメスター制(セメスターせい)ともいうが、セメスター制は厳密には2学期制と違う。しかし、現在の日本ではセメスター制の意義が曖昧になり、一般にはセメスター制と2学期制は同じように考えられている。日本で本格的なセメスター制を導入している学校は少ないが、厳密にはセメスター制ではない2学期制の学校も「セメスター制」を名乗っている。

概要[編集]

セメスター英語: semester)とは、大学において、1年間の教育課程を前期・後期、もしくは夏学期(4月 - 7月)・冬学期(9月 - 翌年3月)の2期、あるいは春学期(1月-4月)・秋学期(9月-12月)の2期に分ける場合のそれぞれの学期とそのカリキュラムの事を言う。アメリカでは秋学期(9月 - 翌年2月)・春学期(3月 - 6月)の区分けが一般的であり、また、7,8月の夏休み中も教養課程のクラスや補修クラスなどを開講している大学が多く、それらの「夏学期」も含める場合は実質的に3学期制となるが、多くの学生は長期休みを満喫する。ドイツ語では「ゼメスター」という発音になるので、その表記も使用される。

語源はラテン語のsemetrisで、意味はse+metrisが「6か」である。seがドイツ語のsechs、英語のsixに対応する。日本では年度の初めは4月であるが、欧米では9月である。

日本では後学期が始まる10月からの新入学を受け付ける大学は少ないが、ヨーロッパの大学では夏学期からでも冬学期からでも新規の学生登録ができる。

日本では大学短期大学高等専門学校などの高等教育ではほとんどの学校が2学期制であり、学期毎の学習成果を根拠にした単位認定をする学校が多い。これに対して中等教育以下では3学期制が多く、高等学校も1年間の学習成果を根拠とした単位認定がほとんどで、半年の学期毎で単位認定を実施する高校は稀である(例:静岡県立静岡中央高等学校)。

初等中等教育に関しては、2001年度に滋賀県栗東市小学校で2学期制を初導入し、翌2002年度からは宮城県仙台市の全市立小中学校で導入した。両校は先駆的な取り組みとして有名になり、これ以降2学期制を取り入れる学校が増えた。

ただ日本における特に小学校中学校高等学校の2学期制は、かつての3学期制に影響を受けていることが多く、欧米のセメスター制とは根本的に考えが違う(特にカリキュラム面など)学校が多い。日本には未だ3学期制の観念が根強く、そのような観念を払拭するまでは本格的なセメスター制を行うことは難しい。一方、日本は独特の文化風習があり年度の観念もあるため、欧米と同じセメスター制を行うことに疑問があり、日本独自の「2学期制」を行うことが理想とする考えもある。

なお2学期制は、2009年には公立の小学校で4668校 (21.8%)、中学校で2284校 (23%) と公立小中学校の5校に1校は2学期制を導入しており、2004年と比べると2倍以上の公立小中学校が導入しているが[1]、文部科学省の全国調査では、2009年度が2学期制を導入している公立小中学校のピークであり、減少傾向である[2]

岐阜県の多くの公立高等学校では、1965年9月19日開会~10月29日閉会)に岐阜国体が開催された際に、2期制ならば、その期間は、ちょうど前期と後期の間の期間となり、国体に注力できるという理由によって2期制(前期・後期制)となった。この結果、岐阜県の高校ではかなり早期に2学期制がスタートすることとなった。

当時、国体は高度経済成長の地域開発政策に編入され盛大になり、開催県は「勝つための国体選手強化策」を強力に展開し、開催県が天皇杯を獲得するパターンが出来上がった。また、県民総動員体制、生徒・学生・教員の大量動員による教育破壊など、ごく一部のスポーツ万能の選手には有益でも、勉強に集中したい多くの一般生徒には多大な弊害があったが、国体の翌年からは、そのような弊害もなくなり、多くの学校で現在も続いている。

実施の意図[編集]

初等教育や中等教育における2学期制の実施には、次のような意図があるといわれる。

  • 2002年度から段階的に実施された学習指導要領では、5、6時間授業が増えて、児童会生徒会活動や放課後活動にゆとりがなくなったが、各学期が100日程の長い授業日数となる2学期制によって、年間を通したゆとりを生み出すことができる。
  • 以前の学習指導要領及び学校6日制時代に実施していた学校行事が、ほぼ同様に計画・実施されていて窮屈なことから、その見直しや検討を図る。
  • 通知表の発行を2回にする事により、学習(評価)期間が100日程になって絶対評価の意義が活かされる。
  • 40日程に減った3学期では絶対評価の意義が薄い。教科によっては少ない授業時数であるにも拘らず無理に評価しなければならない弊害が生じている。
  • 1つの学期がなくなることで、始業式終業式が減ったり、当日の時数カットがなくなることや、評価週間が1回減ることで、年間の授業時数を増やすことができる。
  • 評価業務のなくなった7月12月がこれまで以上にゆったりでき、行事の時期や持ち方および内容を見直せる。また、夏季休業および冬季休業前に児童生徒への個別指導週間を設定して、学習や生活の在り方を振り返り、有意義な休みの過ごし方に向けた指導・支援ができる。
  • 夏季・冬季休業期間中に、4月7月10月12月の間に於ける学習結果について評価業務ができ、1学期末(9月)および2学期末(3月)の評価業務にゆとりをもたらすことができる。
  • 新しい総合的な学力(学ぶ意欲、思考力、判断力、表現力、知識・技能)の育成には、学習期間の長い2学期制が相応しい。

仕組み[編集]

北海道女満別町(現・大空町)立女満別小学校での2学期制

  • 2002年度(年間授業日数205日):土曜日が完全に休校になり授業日が約40日減った。

3学期制

1学期

(75日)

2学期

(86日)

3学期

(44日)

25日

25日

  • 2003年度 (年間授業日数208日):6日間の秋休みを設定した。10月8日は開校記念日、9・10日は夏休みから2日移行、11日は土曜日、12日は日曜日、13日の月曜日は体育の日
1学期
2学期

2学期制

4/7

(112日)

7/26

10/7


8/17

10/14

(96日)

12/27

3/24



1/20

23日

6日

25日

メリットとデメリット[編集]

学習者(児童・生徒)側と教員側にそれぞれ次の様な利点と欠点がある。

学習者側[編集]

メリット
  • 長期休業(夏休み冬休み)前に通知表をもらわないので、保護者から「成績が悪い」などと小言を言われないで休みに入ることができる。
  • 定期考査の回数が減る。
    • 3学期制の場合、1・2学期中間・期末、3学期末(学年末)と5回あるが、2学期制の場合は前期中間・期末、後期中間・期末(学年末)と4回になる(ただし、あまりに1回あたりの考査範囲が広くなるのを防ぐために一部学校では考査回数を増やすこともある。)。
    • ただし、3学期制において中間考査が無い学校の場合、逆にテストの回数が極端に減るのを防ぐために中間テストを設けるため、結果としてテスト回数が増えることになってしまう。
  • 学校によっては、秋休みがある。
デメリット
  • 1回の定期考査での試験範囲が広くなる。
  • 部活動の公式戦が試験前と重なって、生徒に不要な負担を与えることになる場合もある。
  • 夏休み明けからエンジンがかかって勉強が軌道にのってきた時期に休暇(秋休み)が入るため中だるみが生じて、勉強に集中しがたい。
  • 受験学年において、3学期制と比べ、受験に直接影響を及ぼす試験の回数が1回少なく、3学期制を敷く学校に通う生徒に比べ不利になる。

教員側[編集]

メリット
  • 各学期がそれぞれ100日程の長い授業日になることで、年間を見通した学校行事や児童・生徒会活動を計画することが可能になる。
  • 長期休業前の時期も落ち着いた学習活動に取り組ませることができる。
  • 長期休業に向けた児童・生徒への指導を通して、それまでの学習や生活のあり方を振り返らせ有意義な休みの過ごし方に向けた指導・支援体制をとることができる。
  • 学期の学習期間が100日程になり、絶対評価の意義が活かされる。
  • 始業式・終業式・評価業務が各1回ずつ減り、年間授業総時数が増え、従来より時数に余裕を生ませることができる。
  • 学校教育全体を見直すきっかけとなる。
デメリット
  • 2学期制を活かした新教育課程の趣旨を実現することに時間が掛かる。
  • 以前の学習指導要領および学校6日制時代から引き続き実施されている学校行事の見直しや検討をしなければならない。そこには発想の転換が必要であり、児童・生徒、保護者、地域、職員等からの理解を得るのが難しい。
  • 夏・冬休み前に学期の区切りを付けて通知表を発行するという従来からのリズムが変化することに対する保護者の不安が大きく、その解消を図るための方策に 時間と手間が掛かる。
  • 評価の機会が2回に減ってしまう。

課題[編集]

  • 2学期制を活かした新教育課程の趣旨を実現する教育活動を創造すること。
  • 以前の学習指導要領および学校6日制時代から続いて実施されている学校行事の見直しや検討をすること(発想の転換)。
  • 児童・生徒会活動の見直しや検討をすること。
  • 地域や保護者の2学期制に対する理解を深めること。
  • 夏・冬休み前に学期の区切りを付けて通知表を発行するという、従来のリズムが変化することに対する保護者の不安を解消すること。

参照[編集]

  1. ^ “増える「2学期制」…授業時間確保”. 読売新聞. (2010年4月14日). http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20100414-OYT8T00699.htm 2011年2月14日閲覧。 
  2. ^ 相次ぐ「3学期制」復活 読売新聞 2014年07月14日

参考文献[編集]

関連項目[編集]