倫理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

倫理学(りんりがく、: Ηθική: Ethica: Ethics)あるいは道徳哲学(どうとくてつがく、: Moral philosophy)とは一般に行動の規範となる物事の道徳的な評価を理解しようとする哲学の研究領域の一つである。

法哲学政治哲学も規範や価値をその研究の対象として持つが、こちらは国家的な行為についての規範(正義)を論ずることとなる。ただしこれら二つの学問分野が全く違う分野として扱われるようになったのは比較的最近である。

概観[編集]

倫理学の研究対象とは道徳の概念によって見定めることができる。この道徳の定義の問題に対して異なる見解が示されているが、一般的に道徳とは社会において人々が依拠するべき規範を確認するものである。しかし、道徳とは理性によりもたらされるものであるのか、感情によってもたらされるものであるかについては議論が分かれている。デイヴィッド・ヒュームの見解によれば、事実についての「である」という言明から規範についての「であるべき」という言明を結論付けることは論理的にできない。これはヒュームの法則とも呼ばれる主張であり、したがって理性によって道徳的な判断を導くことは不可能であると考える。ヒュームは道徳的な判断が感情に起因するものであるという立場にあり、より厳密には自身の利益から道徳性が発生したとも論じている。一方でイマヌエル・カントは理性から道徳法則を導き出している。カントは道徳性を自由選択と関連づけて理解しており、人間は自分自身の理性に従う時にだけ自由になることができると考える。そして理性によって人格として行為するための道徳的な規範の実在が主張される。このような道徳性の根源についての研究はメタ倫理学(Meta-ethics)の研究として包括することができる。

また道徳性の具体的な内容については規範倫理学(Normative ethics)という研究領域で扱われている。この領域で古典的アプローチの一つに徳倫理学がある。プラトンアリストテレスの研究はその中でも最も古い研究であり、彼の分析は人間に固有の特徴に基づいた美徳を中心に展開している。例えば危機に際して蛮勇でも臆病でもなく、その中庸の勇敢さを発揮する人間の特性を指して美徳と呼ぶ。このような研究に対して義務論の学説は道徳規則に基づいている。カントは人間の道徳法則としてどのような場合においても無条件に行為を規定する定言命法という原理を提唱した。この立場において人間は実在する道徳規則に対して従う義務を負うことが主張される。また義務論と反対の立場に置くことができる立場として結果論の立場がある。この立場に立った功利主義の理論がジェレミー・ベンサムによって提示されている。ベンサムによれば、行為を正当化する時の判断の基準点とは行為によってもたらされる結果であり、具体的には効用によって計算される。ベンサムは行為がもたらす快楽の程度を最大化するように行為する最大多数の最大幸福の原理を提唱した。

分類[編集]

メタ倫理学[編集]

メタ倫理学は道徳判断に含まれる概念の分析や倫理的主張の理論的正当化を課題とする倫理学の一分野である。20世紀に言語哲学分析哲学の影響を受けて大いに流行した。代表的論者として、ジョージ・エドワード・ムーアなどがいる。

規範倫理学[編集]

規範倫理学は、広義の義務論、徳論、自由意志、広義の価値論について考察する倫理学の一分野である。どのような道徳や判断が善いのか(あるいは正しいのか)を探求する。快楽主義幸福主義、非快楽主義、利己主義利他主義功利主義などの代表的な規範倫理学の立場がある。

応用倫理学(applied ethics)[編集]

メタ倫理学や規範倫理学の成果を現代の実践的な問題に適用する倫理学の分野である。
その応用範囲に応じて、以下のような領域がある。

日本倫理思想[編集]

日本倫理思想は日本に古くからある倫理的な思想・哲学を研究する倫理学の分野である。考察の対象は仏教思想、儒教朱子学陽明学古学)思想、神道思想、国学から物語や民話にまで至る。日本倫理思想の源流は和辻哲郎による和辻倫理学である。新しい分野だけにこの学問のカバーする範囲はやたらに広い。

また、脳死問題など新しい倫理問題において日本人固有の倫理的判断や価値観が問題となる場面では応用倫理学とオーバーラップする部分もある。

参考文献[編集]

  • 岩崎武雄『倫理学』有斐閣、1971年、ISBN 9784641074088
  • 宇都宮芳明『倫理学入門』放送大学教育振興会、1997年、ISBN 9784595214271
  • 訓覇曄雄、有福孝岳 編『倫理学とはなにか : その歴史と可能性』新版、勁草書房、1989年、ISBN 9784326100507
  • 小坂国継、岡部英男 編著『倫理学概説』ミネルヴァ書房、2005年、ISBN 9784623041411
  • 和辻哲郎『倫理学』上下、岩波書店、1965年
  • Aristotle. Nicomachean Ethics.
    • アリストテレス著、高田三郎訳『ニコマコス倫理学』岩波書店、1971-1973年
  • Bentham, Jeremy. 1789. An Introduction to the Principles of Moral and Legislation. London: Printed for T. Payne.
  • Brandt, Richard B. 1979. A Theory of the Good and the Right. New York: Oxford Univ. Press.
  • Donagan, Alen. 1977. The Theory of Morality. Chicago: Univ. of Chicago.
  • Foot, Philippa. 1978. Virtues and Vices, and Other Essays in Moral Philosophy. Oxford, UK: Blackwell.
  • Fried, Charles. 1978. Right and Wrong. Cambridge, MA: Harvard Univ. Press.
  • Gauthier, David. 1986. Morals by Agreement. New York: Oxford Univ. Press.
    • ゴティエ著、小林公訳『合意による道徳』木鐸社、1999年
  • Gibbard, Allan. Wise Choices, Apt Feelings: A theory of Normative Judgement. Cambridge, MA: Harvard Univ. Press.
  • Hare, R. M. 1963. Freedom and Reason. Oxford, UK: Clarendon Press.
    • ヘア著、山内友三郎訳『自由と理性』理想社、1982年
  • Hare, R. M. 1981. Moral Thinking: Its Levels, Methods, and Point. New York: Oxford Univ. Press.
    • ヘア著、内井惣七、山内友三郎監訳『道徳的に考えること レベル・方法・要点』勁草書房、1994年
  • Harman, Gilbert. 1977. The Nature of Morality: An Introduction to Ethics. New York: Oxford Univ. Press.
    • ハーマン著、大庭健、宇佐美公生訳『哲学的倫理学叙説 道徳の本性の自然主義的解明』産業図書、1988年
  • Hobbes, Thomas. 1651. Leviathan. London: Printed for Andrew Ckooke.
    • ホッブズ著、永井道雄、上田邦義訳『リヴァイアサン 1-2』中央公論新社、2009年
  • Hume, David. 1751. An Enquiry concerning the Principles of Morals. London: Printed for A. Millar.
    • ヒューム著、斎藤繁雄、一ノ瀬正樹訳『人間知性研究』法政大学出版局、2004年
  • Hume, David. 1739. A Treatise of Human Nature.
    • ヒューム著、 土岐邦夫、小西嘉四郎訳『人性論』中央公論新社、2010年
  • Kegan, Shelly. 1989. The Limits of Morality. New York: Oxford Univ. Press.
  • Kegan, Shelly. 1998. Normative Ethics. Boulder, CO: Westview Press.
  • Kamm, Frances M. 1993-1996. Morality, Mortality. 2 vols. New York: Oxford Univ. Press.
  • Kant, Immanuel. 1788. Critique of Practical Reason.
    • カント著、波多野精一、宮本和吉訳、篠田英雄訳『実践理性批判』岩波書店、1979年
  • Kant, Immanuel. 1785. Groundwork of the Metaphysics of Morals.
    • カント著、篠田英雄訳『道徳形而上学原論』岩波書店、1976年
  • Korsgaard, Christine M. and G. A. Cohen. 1996. The Sources of Normativity, ed. Onora O'Neill. Cambridge, UK: Cambridge Univ. Press.
    • コースガード、コーエン著、オニール編『義務とアイデンティティの倫理学 規範性の源泉』岩波書店、2005年
  • Locke, John L. 1977. Second Treatise of Government.
    • ロック著、加藤節訳『統治二論』岩波書店、2007年
  • Mackie, John. L. 1977. Ethics: Inventing Right and Wrong. New York: Penguin.
    • マッキー著、加藤尚武監訳『倫理学 道徳を創造する』晢書房、1990年
  • Mill, John Stuart. 1863. Utilitarianism. London: Parker, Son, and Bourn.
  • Moore, George Edward. 1903. Principia Ethica. Cambridge, UK: Cambridge Univ. Press.
    • ムーア著、深谷昭三訳『倫理学原理』三和書房、1975年
  • Nagel, Thomas. 1970. The Possibility of Altruism. New York: Oxford Univ. Press.
  • Nagel, Thomas. 1986. The View from Nowhere. New York: Oxford Univ. Press.
  • Nietzsche, Fridrich. 1897. The Genealogy of Morals. New York: Macmillan.
    • ニーチェ著、木場深定訳『道徳の系譜』岩波書店、1964年
  • Nozick, Robert. 1974. Anarchy, State, and Utopia. New York: Basic Books.
    • ノージック著、嶋津格訳『アナーキー・国家・ユートピア 国家の正当性とその限界』木鐸社、1995年
  • Parfit, Derek. 1984. Reasons and Persons. Oxford, UK: Clarendon Press.
    • パーフィット著、森村進訳『理由と人格 非人格性の倫理へ』勁草書房、1998年
  • Plato. Gorgias.
    • プラトン著、加来彰俊訳『ゴルギアス』岩波書店、1967年
  • Quinn, Warren. 1993. Morality and Action. New York: Cambridge Univ. Press.
  • Railton, Peter. 2003. Facts, Values, and Norms: Essays toward a Morality of Consequence. New York: Cambridge Univ. Press.
  • Rawls, John. 1971. A Theory of Justice. Cambridge, MA: Belknap Press. of Harvard Univ. Press.
    • ロールズ著、矢島鈞次監訳『正義論』紀伊国屋書房、1979年
  • Ross, W. David. 1930. The Right and the Good. Oxford, UK: Clarendon Press.
  • Scanlon, T. M. 1998. What We Owe to Each Other. Cambridge, MA: Belnap Press of Harvard Univ. Press.
  • Scheffler, Samuel. 1992. Human Morality. New York: Oxford Univ. Press.
  • Scheffler, Samuel. 1982. The Rejection of Consequentialism. New York: Oxford Univ. Press.
  • Sidgwick, Henry. 1907. The Method of Ethics. 7th ed. London: Macmillan.
  • Singer, Peter. 1979. Practical Ethics. New York: Cambridge Univ. Press.
    • シンガー著、山内友三郎、塚崎智訳『実践の倫理』昭和堂、1999年
  • Smart, J. J. C., and Bernard Williams. 1973. Utilitarianism: For and Against. Cambridge Univ. Press.
  • Thomson, Judith Jarvis. 1990. The Realm of Rights. Cambridge, MA: Harvard Univ. Press.
  • Thomson, Judith Jarvis. 1986. Rights, Restitution, and Risk. ed. William Parent. Cambridge, MA: Harvard Univ. Press.
  • Williams, Bernard. 1985. Ethics and the Limits of Philosophy. Cambridge, MA: Harvard Univ. Press.
  • Williams, Bernard. 1981. Moral Luck: Philosophical Papers, 1973-1980. New York: Cambridge Univ. Press.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]