小坂国継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小坂 国継(こさか くにつぐ、1943年(昭和18年)12月22日[1]‐ )は、日本の哲学研究者、日本大学名誉教授。日本宗教学会理事、比較思想学会理事。専攻は宗教哲学、現代日本思想、比較思想。もっぱら西田幾多郎を研究。

中国張家口生まれ。1966年早稲田大学文学部哲学科卒、71年同大学院文学研究科博士課程満期退学。97年「西田哲学の研究」で早大博士(文学)。1979年より日本大学国際関係学部専任講師、1981年より助教授。1983年に日本大学経済学部へ移籍、助教授、1986年より教授。1999年より日本大学大学院総合社会情報研究科教授。2014年より日本大学名誉教授。

著書[編集]

  • 『西田哲学の研究 場所の論理の生成と構造』 ミネルヴァ書房、1991
  • 『西田哲学と宗教』大東出版社、1994
  • 『西田幾多郎 その思想と現代』ミネルヴァ書房 Minerva21世紀ライブラリー、1995
  • 『西田幾多郎をめぐる哲学者群像 近代日本哲学と宗教』ミネルヴァ書房 Minerva21世紀ライブラリー、1997
  • 『善人がなぜ苦しむのか 倫理と宗教』勁草書房、1999
  • 『西田哲学と現代 歴史・宗教・自然を読み解く』ミネルヴァ書房 Minerva、21世紀ライブラリー、2001
  • 『西田幾多郎の思想』講談社学術文庫、2002
  • 『環境倫理学ノート 比較思想的考察』ミネルヴァ書房 Minerva21世紀ライブラリー、2003
  • 『西洋の哲学・東洋の思想』講談社、2008
  • 『東洋的な生きかた 無為自然の道』ミネルヴァ書房 Minerva 21世紀ライブラリー、2008
  • 『西田哲学を読む 1 (場所的論理と宗教的世界観)』大東出版社、2008
  • 『西田哲学を読む 2 (叡智的世界)』大東出版社、2009
  • 『西田哲学を読む 3 (絶対矛盾的自己同一)』大東出版社、2009
  • 『倫理と宗教の相剋 善人がなぜ苦しむのか』ミネルヴァ書房 Minerva21世紀ライブラリー、2009
  • 『西田哲学の基層 宗教的自覚の論理』岩波現代文庫、2011
  • 『明治哲学の研究 西周大西祝岩波書店、2013
  • 『近代日本哲学のなかの西田哲学 比較思想的考察』ミネルヴァ書房 Minerva21世紀ライブラリー 2016
  • 『鏡のなかのギリシア哲学』ミネルヴァ書房 Minerva21世紀ライブラリー 2017

共編著[編集]

  • 『哲学叙説』白石光男共著、北樹出版・現代思想選書、1980
  • 『倫理学概説』岡部英男共編著、ミネルヴァ書房、2005
  • 『概説 現代の哲学・思想』本郷均共編著、ミネルヴァ書房、2012
  • 『近代化と伝統の間 明治期の人間観と世界観』吉田公平,岩井昌悟共編 東洋大学国際哲学研究センター第一ユニット著 教育評論社 2016

注釈・解説

  • 田辺元『仏教と西欧哲学』〈こぶし文庫:戦後日本思想の原点〉こぶし書房、2003。編・解説
  • 西田幾多郎『善の研究』講談社学術文庫、2006。全注釈
  • 『大西祝選集』岩波文庫全3巻、2013-14。編・解説
    • 順に『哲学篇』、『評論篇』、『倫理学』

編集委員

  • 『西田幾多郎全集』全24巻、岩波書店、2009。竹田篤司、クラウス・リーゼンフーバー、藤田正勝共編
  • 『西田幾多郎研究資料集成』全9巻、クレス出版、2012

翻訳[編集]

参考[編集]

  • J-GLOBAL
  • 『概説現代の哲学・思想』著者紹介 

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』